酔った勢いでオヤジにスカートの中を見せつけた【エッチ体験談】

30代半ばのOLです。

某大教育学部卒の教師なりそこねでそのまま生活のため、意に反し企業に就職、ずるずると流され今に至ります。

退屈な仕事内容で、パソコンにデータの入力をする事と、書類の作成、保管、電話応対、郵便物のセクション分けと郵便局へのお使いで毎日が終わる日々。

真面目そうな風貌からなかなか社内の男性から声をかけられる事もなく、合コンに出ても最初のうちは話しかけてくる男性陣も、数時間後には近くから遠ざかってしまって居た堪れなくなり「退席」という展開が数回。

これが災いしてか、最近では合コンにも声をかけらず、社内でも「筆頭お局様候補」の陰口すら囁かれる始末。

連休中も家から出る事なく、本を読んだり、音楽を聴いたりして過ごしているような寂しい日々です。

好きな男性もいるのですが、妻子持ち。

輸送部のSさんを思うとHな気分になり、1人妄想しては興奮するような腐女子です。

そんな大学時代からの数少ない腐女子友達たち数人と飲んだ帰りの終電車内での事。

乗り込んだ車両には私とほろ酔いしているような50歳代のオヤジ1人の2人だけの貸切状態。

全然好みでもないので、離れた席に腰かけると私は飲みなれない酒のせいか、グルグルと目も回りだし、深い穴に落ちるような不快な感覚に苛まれました。

最初はスカートのすそなども乱れぬよう身を正していたのでしたが、いつしか熟睡してしまったようでした。

軽い電車の振動に目が覚め、うっすらと目を開くと目の前のシートには、離れて座っていたはずのほろ酔い50オヤジが、私を凝視するようにこちらを見ていました。

酔いのため状況が理解出来なかったのですが、どうやら私の脚部を見ているような感じです。

薄目のまま、オヤジの視線の先を追いました。

「!!!!!」

なんとはしたなくも、熟睡中に私は大股を広げていたのでした。

しかしイタズラ心も芽生え、

「このまま気づかぬふりをしたらどうなるのかなぁ」

と、普段なら決して考えないような思いに駆られ、私はこのまま寝たふりを演じました。

次の停車駅まで、おおよそ15分から20分。

薄目の私はオヤジを観察しました。

オヤジの視線の行き先は間違いなく私の脚部。

膝丈スカートに黒いタイツの私の脚部。

別に太腿が露わになっているのでもなく、少し身を屈めるとスカート内部が見えるかもというくらいの露出。

しかも黒いタイツにガードされているから、下着も見えるかどうか微妙。

それでもオヤジは真剣に私を凝視してくれています。

「私は酔っぱらっているから」という、自分自身への言い訳があるため、大胆になりました。

脚が痒くなった風を装い、脚を掻きながらスカートを少し上に上げてもみました。

その瞬間のオヤジの顔!!

今でも忘れらず、思い出しては身体が熱くなります。

思い切り目を見開き、凝視する目は血走っており、男性から見られる事もない私の性欲に火が付いた感じでした。

脚を無意識に閉じたり、開いたりするとオヤジは右手を自分のズボンのポケットの中に滑り込ませ、こにょこにょと下腹部をまさぐっていました。

「これが男性のオナニー!!」

初めて見ましたが、とても衝撃的でした。

こんな私で自分のアレを・・・。

処女を大学時代の恩師の教授に捧げて以来の疑似男性経験です。

この機会を逃したら後はいつ体験出来るかという思いが大胆にさせました。

右脚を下に落とし込むようにすると太腿が露わになりだし、オヤジの「こにょこにょ」の速度も上がりだします。

オヤジの荒い息遣いも聞こえ、私も興奮してきました。

下着も濡れてくるのが分かり、私は久々の「女」を感じました。

オヤジももう、身を乗り出して私の露わになった脚を凝視しています。

「ああ、セックスしたい!」

私はいけない願望に駆られてきました。

好きな輸送部のSさんに操を捧げられる事もなく、周りの男性からも

「真面目な女はちょっと・・・」

と敬遠されているくらいなら、このままこのオヤジに犯されてもと・・・。

でも、非情にも電車は停車駅に滑り込む気配を見せ、私の痴態劇場は終わりを告げます。

ドアが開くと騒がしい学生風の男の子が数人なだれ込み、バカ騒ぎしています。

社内に充満していた淫靡な空気は一瞬で消え失せ、私もオヤジも取り繕うように冷静になりました。

ただ一瞬、オヤジが男の子たちに殺意にも似た視線を向け、舌打ちしたのが印象的でした。

私も何食わぬ顔で目的駅で降りましたが、家に帰り下着を見るとかなり濡れており、タイツまで染み渡るほどでした。

その夜は、私も久々の自慰をしてしまいました


PAGE TOP