家族ぐるみで付き合うご近所さんの女の子のオナニー癖が凄いwww【エロ体験】

今からかれこれ18年も前のことです

現在居住してる一戸建て借家を借りて20年経った

自分達が住み初めて空き家だった所に新婚さんが入居して来て

其の年の暮れに女児が生まれた。

若い新婚さんは何かと自分の妻に生活面や育児の相談に来る様になり

家族付き合いが始まった

そして8年が経過した頃のある日の事です

何時もの様に隣の奥さんが妻に耳打ちしながら相談をしてる様子だ、

奥さんが帰った後に妻に

「先っきのヒソヒソ話は 俺の悪口か?」

と聞くと妻が隣の奥さんから

8才になる夕菜ちゃんのオナニー癖を止めさせる相談だった、

妻は「夕菜ちゃんが自分で恥かしいと知れば止めるんじゃないの?」

そんな話を聞いて数日後の日曜日に

夕菜ちゃんがゲームをやりに我が家にパソコンゲームなので

椅子に自分が座り夕菜ちゃんを腿の上に乗せてスタート

暫くすると夕菜ちゃんのお尻がグリグリと前後左右に動き

可愛いアソコの膨らみが腿に押し付けられるのが解った。

以前からそんな前兆はあったが母親の相談を耳にして

なるほどと思い

夕菜ちゃんの様子を見てると

次第に強く腿にパンツ越しとは言え

強く押し付けられると

元々少女や女児が趣味の自分なので

当たり前に強く勃起してしまった。

普段、隣の庭先で遊ぶ夕菜ちゃんのパンツや

庭の隅でのオシッ〇姿の可愛い割れ目を見て

射精のオカズにしてたのですから

チャンスが来たのです

夕菜ちゃんの下半身は自分の腿の上で次第に強くなると、

パソコンゲームはゲームオーバーそれと同時に

「ウッはぁーん」

聞き取れないほどの声がして

耳たぶを赤くした夕菜ちゃんが

「おじさん今のことお父さんとお母さんに言わないで」

夕菜ちゃんに話を聞くと

小2の頃から鉄棒が切っ掛けでオナニーを始めたと話してくれた

自分に取っては好都合の、棚から牡丹餅・鴨がネギを背負って状態

自分には初物の夕菜ちゃんに言葉巧みに色々と話をしながら

「夕菜ちゃん気持ちの良い所おじさんに教えてお母さんに言わないから」

夕菜ちゃんは右手でスカートの上から指差した

「夕菜ちゃん解らないよ良くおじさんに教えて」

今度はスカートを捲くりパンツの上から

クリトリスと思う部分に指を置いて示した。

「夕菜ちゃんパンツが邪魔しておじさんには何処だか解らないよ」

夕菜ちゃんはパンツのクロッチの部分を横にずらして

「ここだよ見て」

小さな割れ目が開いてクリトリスの包皮が顔を覗かせて

何とも刺激の強い女児の性器を見ることに成功した。

次に思う事は可愛い割れ目を触り刺激して舐めて射精にと思いを高めた。

「夕菜ちゃん自分でするより誰かに触られると沢山気持ちが良くなるんだおじさんで良かったらしてあげるけど良いカイ」

夕菜ちゃんは小さく頷くと自分の胸に背中を預け

両手をだらりと下げて気持ち両足を開いた感じになったので

スカートの上から柔らかな下半身の膨らみを触り

スカートを捲くりパンツ越しに

割れ目全体を手のひらで包み刺激する感じで触ると、

小さな声で「お父さんとお母さんには言わないでね」

「誰にも言わないょこの事は夕菜ちゃんとおじさんの秘密だからネ」

夕菜ちゃんは自分の言葉に安心したのか

マグロ状態で自分の手の動きを下半身で追いかける仕種をし始めた。

頃合を見てパンツの中に手を入れると

程よく湿って幼い膣口には微妙ながら

幼い体液を感じたので其の体液を中指に着けて

クリトリスの包皮を剥き刺激すると

夕菜ちゃんの下半身が刺激に反応して動きはじめた

幼い体液も沢山出てパンツが濡れそうなので

「夕菜ちゃんパンツ汚すとお母さんに叱られるから脱ごうね」

頬をホンノリ赤くした夕菜ちゃんは

「ウン」と言って頷いた。

「夕菜ちゃんもっと夕菜ちゃんにおじさんが良い事してあげるネ」

一旦パンツの中から手を抜き腿から夕菜ちゃんを降ろし

カーペットに立たせた状態でスカートを捲くらせ

白いパンツを膝まで下げると

性器の当たる部分は〇しっこの染みで

薄茶色に汚れ先ほどの夕菜ちゃん自身で出た体液が見えた。

肘掛の付いた椅子に夕菜ちゃんを座らせて

肘掛に両足を置くと幼い性器は閉じる事無く全開状態で

小さな膣口はそれなりに開口して、

小陰唇は未だ未発達でクリトリスは細いストロー状で

それなりに伸び8才女児の性器が見えた

全開の幼い大陰唇を手のひらで少し刺激して

中指でクリトリスを刺激すると小さな肛門がヒクヒクと収縮を繰り返し

体液もソコソコ出たので小指に体液を絡ませ

小さな膣に入れると

「おじさん少し痛いょー」

夕菜ちゃんの声を無視して小指を何度も出し入れしてると

小指も第二間接まですんなり入り

痛がる様子も無く夕菜ちゃんは

その行為を除き込む様に見ていた

「夕菜ちゃん気持ち良いかい」

「おじさんさいしょのところがいいの」

「夕菜ちゃん今度はもっと気持ちが良くなるよ」

夕菜ちゃんの全開の股に顔を埋めて

幼い大陰唇全体を唇と口で包み舌先を肛門から

膣・クリトリスへと何度も刺激を繰り返し、

時折舌先を細く丸めて幼い膣内に出し入れと

クリトリスの刺激を繰り返すと、

夕菜ちゃんの両手が頭を掴むと

夕菜ちゃん自身に引き寄せる仕種をした時に

「おじさん駄目駄目お〇っこ出ちゃう」

夕菜ちゃんの口から

「ウッウッウー」

夕菜ちゃんの両足が肘掛から落ちると

夕菜ちゃんはオシ〇コしはじめ

暖かいお〇っこを全部飲み込み終わり

夕菜ちゃんを見ると椅子の背もたれに頭を後ろにだらりとして

エクスタシーを満喫したかんじでした。

「夕菜ちゃん自分でするより気持ちが良かったでしょ一人でする時は夜お布団の中とかトイレとか恥かしいことだから自分で触る時は手を綺麗に洗ってから触るんだよ大切な所だからネ」

夕菜ちゃんは少し恥かしそうに

「ウンわかった」

自分としては夕菜ちゃんに押し付けて射精したいのを我慢して

夕菜ちゃんの顔面に付いた臭いで何度も自謝して快楽を得ました。

その後も夕菜ちゃんは気持ち良くなりたくなると

「おじさんパソコンゲームして遊ぼうよ」

妻の居ない時間を見計らって来る様になったのです。

数日後、夕菜ちゃんの母親が来て妻に小声で

「夕菜の変な癖が治ったの」

妻は訳も解らず

「良かったですね次第に大人になれば・・ネ」

妻は其の晩に夫婦生活の中で

「夕菜ちゃんのオナニー貴方が治したんでしょお隣さんに知られない様に程々にね」

日曜日の買い物は隣の奥さんに声をかけて

旦那さんの車で出かけるのが夕菜ちゃんが我が家に来て楽しむ時間になったのです

夕菜ちゃんにも初潮が訪れると

夕菜ちゃんの我が家にくる足も遠のき

今は素敵な女〇校生、時折顔を挨拶しなから

ハニカンダ感じでウインクして行きます、

いまだにオナニーはしてると思い夕菜ちゃんの当時を思い出しては

自分で射精にふける毎日です。

何故に夕菜ちゃんに自分のペニスを見せないかと言うと、

もしか悪戯に夕菜ちゃんが手扱きなど父親にしたらと思い我慢したのです





PAGE TOP