年上ナースに入院中、手コキフェラで口内射精のHな病院生活【エロ体験】

学生時代、持病の喘息の病状を調べるため

検査をすることになり
入院することに

この病院には俺が「ミキ姉さん」と呼んでいる
おさななじみの看護婦がいた。
ミキ姉さんは俺より10歳年上で、俺が保育園に通っている時からの知り合いで家も隣同
士だったので俺はよく一緒に遊んだりした。
ミキ姉さんが看護学校に行って会えない時期があったが、卒業後に俺が通う病院に勤務す
るようになったのだ。
入院中は「喘息の発作が起こると他の入院患者に迷惑がかかる」ということで個室に入り、
ミキ姉さんが担当になってくれた。
入院して最初のうちは検査ばかりだったが、入院して初めての土曜日の午前中にミキ姉
さんが部屋に来て「カズ君(俺)、恥ずかしいと思うけど正直に言ってね」と言った。
俺は「どうしたの?」と聞くと小さい声で「オナニーをしたことある?」と聞いてきた。

俺は最初、意味か分からず言葉に困ったが正直に「したことある」と答えた。
するとミキ姉さんは「看護学生の清美さんは知っているよね。清美さんの看護実習の練習台になってほしいの」と言われた。

意味が分からずよく話を聞くと動けない入院患者の身体を拭いていてチンチンが勃起
した時に看護婦がチンチンを手コキして精子を出すので、その練習がしたいとのことだった。

清美さんは確か俺より5歳年上で、病院内で会ったことがあり「清美さんならしてもらって
もいい」と思って「ミキ姉さんが一緒にいてくれたらいい」と承諾してその日の午後にす
ることになった。

午後1時半ごろ、タオルを数枚持った清美さんとミキ姉さんが来た。
清美さんが「カズ君、今日はよろしくね」と言ってパジャマとトランクスを脱がせてくれた。
俺と清美さんは少し緊張していたが、ミキ姉さんが清美さんに「ゆっくり触ってみて」とか
「大きくなったらこういうふうに触って」と説明しているうちに俺のチンチンが完全に
勃起した。

勃起すると清美さんが手コキをしはじめた。少しするといきそうになり俺が「ア…アノ…」
と言った後、我慢できずに精子を出してしまった。
清美さんはビックリしたが、ミキ姉さんが「拭いてあげないと」と言って精子を拭き取ってくれた。

清美さんがチンチンの先についている精子を拭き取るために持っているとそれが刺激に
なり、またチンチンが大きくなった。

清美さんが「ア…大きくなった」と言うとミキ姉さんが「カズ君、すごい元気ね。清美さん、今度は1人でしてみて。見ててあげるから」と言ってミキ姉さんの説明なしで手コキをしてくれた。

2回目は1回目よりも多少時間がかかったように思うが、2回目は俺が「いきそう」と
言って清美さんがタオルで精子を受け止めた。
俺がトランクスとパジャマを着てからミキ姉さんが俺と清美さんに感想を聞いてきて、俺
は「恥ずかしかったけど、気持ちよかった」と言い、清美さんは「今日は2回もできると
は思わなかったけど、経験できてよかった」と言った。

その後、ミキ姉さんが「あとでまた来るね」と言って清美さんと部屋を出た。
それから数時間後、夕食を食べ終わった後にミキ姉さんが私服のカズシャツにミニスカー
ト姿で来て「カズ君、今日はありがとう。なにかしてもらいたい事はない?」と聞いた。

俺はすぐに思い付かずに「してもらいたい事と言われてもすぐには思い付かない」と
言うとミキ姉さんは「だったら少しお話しよう」と言って話をすることになった。

少しすると俺の小さい頃の話になり、「カズ君は私とお風呂に入ったこと覚えてるの?」
と聞いてきた。
俺は「覚えてる。ミキ姉さんのオッパイを見るのが楽しみだった」と言うと「甘えるふ
りをして触ったりしたじゃない」と言われた。

俺は「5歳ぐらいの時のことだから許して」と言いながら、「ミキ姉さんのオッパイを久
しぶりに触りたい」と思い「ミキ姉さん、オッパイ触っていい?」と聞いた。
ミキ姉さんは「オッパイを触りたいの?」と聞いてきて「オッパイの話をしたら触りたく
なった」と答えるとミキ姉さんは少し考えて「ミキ君だったら触ってもいいよ」と触らせ
てくれた。

オッパイを触っているとブラの肩ひものところにあるプラスチックが当たり気になり
始め、ミキ姉さんが「ちょっと待って」と言ってカズシャツを着たままブラを外してカズシャツの上から触らせてくれた。

俺が「オッパイ…大きくて柔らかい…」と言うと「88のDカップ」とサイズを教えて
くれた。
触っている途中、ミキ姉さんが「カズ君…元気だったね」とチンチンをつつき始め、俺が
「触るとまた大きくなるかも」と言うとミキ姉さんが触り始め、チンチンが大きくなった。

「本当に大きくなった。今度は私がしてあげるね」
と言ってティッシュを何枚か取ってベッドの上に置きパジャマのズボンとトランクスを
脱がしてくれて手コキをしてくれた。
少しするといきそうになり「いきそう」と言うと準備していたティッシュで受け止め
てくれた。

その後、「私でよかったらまたしてあげるからね」と言って帰った。
それから数日間後の夕方、ミキ姉さんが仕事が終わって着替えて来たらしく、カズシャツにミニスカートで俺のところに来て「カズ君、してあげようか」と聞いてきたので「ウン」
と答えた。

パジャマのズボンとトランクスを脱いでミキ姉さんはまたカズシャツをチンチンを触り始
める時、「オッパイ触っていいよ」と言われ、カズシャツの上から触り始めると感触でノ
ーブラと分かった。
少しして「オッパイを直接触りたい」と言うと「いいわよ」と答えてカズシャツをたく
し上げて直接触れるようにしてくれ、ミキ姉さんが手コキをしてくれてチンチンが勃起した。

しかし、少しすると清美さんがタオルを持ってミキ姉さんを探しに俺の部屋に来て俺とミキ姉さんの状況を見てビックリしていた。
するとミキ姉さんがカズシャツをすぐに下ろして清美さんに詳細を説明した。
説明をすると清美さんは分かってくれ、ミキ姉さんに「実は…」となにか話をした。

するとミキ姉さんが俺に「カズ君、清美さんがまた練習をしたいんだって。続きは清美さんにしてもらおうか」と言い、俺は「ウン」と言って清美さんが手コキを始めた。
俺はオッパイを触りたくてミキ姉さんに小さい声で「オッパイ触りたい」と言うとミキ姉
さんは清美さんに「カズ君が…いい?」と言ってオッパイを手で押さえると清美さんは「ハイ」と言いミキ姉さんがカズシャツをたくし上げて直接触らせてくれた。

少ししていきそうになり「いきそう」と言うと清美さんがタオルで受け止めた。
その後、ミキ姉さんが清美さんに「特別な事を教えてあげる」と言って手コキを始めた。
チンチンが勃起すると「今からが特別なこと」と言って顔をチンチンに近づけ、少し舐
めたあと、フェラを始めた。。

俺は気持ちよくて身動きできず「ア…ン…」と声を漏らし、いく直前に「いきそう」
と言うのがやっとだった。
俺が「いきそう」と言ってもミキ姉さんはフェラを続けたのでミキ姉さんに口内射精

ミキ姉さんは口の中の精子をタオルに出し、俺に「このことは誰にも秘密ね」と言い、清美さんに「また今度教えてあげる」と言った。
その数日後の夜、ミキ姉さんと清美さんが来てミキ姉さんが「また練習させてあげてね」と言い、パジャマのズボンとトランクスを脱いで清美さんがチンチンを触り始め、勃起す
るとフェラをゆっくりとし始めた。

清美さんがチンチンを触っている間、ミキ姉さんはオッパイを触らせてくれた。清美さんがフェラを始めるとミキ姉さんが小さい声で「乳首を舐めてみる?」と聞いてきたので「ウン」と言って乳首を舐めさせてもらった。

少ししていきそうになりミキ姉さんの乳首を舐めるのをやめて「いきそう」と言って清美
さんの口の中に精子を出した。

その次の日、予定より早く最後の検査が終わって退院が決まった。
俺が退院した後、高校を卒業した後に大学に進学するために他県に引っ越して病院も
替えてしまった。

大学を今年卒業したが、ミキ姉さんと清美さんはその病院を辞めてほかの病院で働いてい
ると聞いた。


PAGE TOP