ヌードモデルのバイトでまさか・・【エロ体験談】

ヌードモデルって仕事ありますよね。
あれって、決まったプロのモデルがいるんじゃなくて、殆どが素人さんで
美大生の紹介だったり、ヌードモデルやったことがある人の紹介だったりするんです。

んで、友達にヌードモデルのバイトやってるコがいて、そのコに
「今回だけだからお願い」って何度も頼み込まれて一回だけやったことがありました。

バスタオル使うし、胸しか出さないからって言われてたのに、全然話が違くて
実際は何も身につけずに美大生たちの前に出ることになりました。
ポーズはただの直立だったんですけど、実は私のアソコは前から見てもクリが
はっきり見えてしまって、ものすごく恥ずかしいんです。ヘアも薄いし。
後ろ向きのポーズとかだったらガマン出来たんですけど、
「まっすぐ立って正面向いて」って言われて、
ダメとは言えずに一番恥ずかしいところを大勢に見せてしまいました。

みんなの目線は、どー見ても私のアソコばっかりに集中してて、
私も顔が真っ赤に熱くなってるのがわかりました。
みんなヌードのデッサンは慣れてるから気にしてないんだろうなって
自分に言い聞かせてじっとガマンしてました。

でも、その間は「濡れちゃったらどうしよう」とか
「クリおっきくなっちゃったらどうしよう」とか、そんな事ばっかり考えてしまって、
ずっともじもじしてました。

モデルは、ポーズのリクエストにも答えなくてはなりません。
恥ずかしさで顔も真っ赤になっているのに
「椅子に座って、片足だけ椅子に乗せて、膝を抱えてください」
というリクエストが来てしまいました。

その時もう私のアソコは少し濡れていました。
クリも充血してるのが分かりました。
部屋の肌寒さもあって、乳首も立っていました。

そんな状態のアソコを見られてしまうと思うと、恥ずかしくて泣きそうでした。
でもいつの間にか椅子が用意されていて、仕方なく座りました。
顔をうつむいたまま、左の膝を曲げて椅子に乗せました。
右側にいる人からは、私のアソコが丸見えです・・・。

でも、その格好のまま我慢しました。
恥ずかしいと思えば思うほど濡れてきてしまうから、何も考えない事にしました。
しばらくすると、「右足と左足を逆にしてください」というリクエストが来ました。
「左側の人にも見られちゃう」と思いながら、
恥ずかしがっているのが表情に出ないように、ゆっくり足を入れ替えようとしました。

その時「ちゅくっ」と、音が出てしまいました。私のアソコから・・・。
お尻に何か冷たい感触がしました。
見ると、私のアソコはもうびしょびしょで、
アソコが当ってた部分は水浸しになっていました。
みんなは気付かないふりをしてくれているのか、
何も言わずに黙々と描き続けています。
私の左側に座っていた男の子だけが、
私と目が合うたびにニヤッと意地悪そうな表情をします。
「ああっ・・・絶対気付かれてる・・・私のアソコみんなに見られて濡れてる・・・」

目をそらし、顔をうつむくしかありませんでした。
部屋はとても静かで、鉛筆が走る音と私の
「はぁ・・・はぁ・・・」という少し荒い息遣いだけが響いていました。
その男の子が突然手を上げて言いました。
「ちょっと影になってしまっているので、
左足をもう少し開いてもらっていいですか?」

私の心臓が「ドクン」と鳴りました。
静かな部屋に響くくらい大きな音がした気がしました。
「何が影になってるの?何でこれ以上恥ずかしい格好させるの?」
私は頭がパニックになってしまい、何も言う事ができませんでした。

男の子は、やっぱり意地悪そうな表情でニヤニヤとこっちを見ています。
私はもう何も考える事ができず、気がつくと少しづつ足を開いていました・・・。
「見られちゃう・・・見られちゃう・・・ああ・・・」
恥ずかしくて死にそうなのに、足が勝手に開いてしまいます。
そのまま最後まで左足を開いてしまいました。
ビラビラの所もぱっくり開いていたと思います・・・。
正面から見ると奥の恥ずかしい穴まで見えてしまっています・・・。

もう、みんなの顔は真面目にデッサンしている時のものとは違っていました。
みんなの見世物を見るような目つきに、私はだんだん頭がボーっとしてきて、
自分が今なにをやっているのかわからなくなってきていました。
大勢の前で乳首を立てて、濡れたアソコを開いて見せて・・・。
男の子が言いました。
「向こうの人に見えないと思います。両足椅子に乗せましょう。」

私はもう恥ずかしさも通り越して、言われるがままでした。
椅子に座ったまま両足のかかとをお尻にくっつける形で座りなおしました。
「両手で太ももを広げて。もっと膝を開いてください。」
ゆっくりと、両足を開いていきました・・・。「M」の字になるまで・・・。
正面からは、お尻の穴まで見えてしまっています。
クリが充血して大きくなり、お尻に力を入れるとひくひく動くのがわかりました。
アソコは触ってもいないのにびしょびしょに濡れて、
お尻の穴までつたって来ていました。
「今・・・クリ触ったら・・・イッちゃう・・・」
そんな事を考えていました。みんなに恥ずかしい部分を見られながら。
「なんか、お尻の穴がピクピクしてますよ。」
誰かが言いました。他のみんなはクスクス笑っていました。
私はなぜか動く事ができませんでした。
恥ずかしくて続けられないなら、タオルで体を隠して帰ってしまえば良かったのに。
恥ずかしさを通り越して、頭がおかしくなっていたのかもしれません。
みんなの前で恥ずかしい部分を晒しながら、私はじっとしていました。
お尻に力を入れるだけで軽くイッちゃう感じの、
不思議な快感がずっと続いていました。
「触りたい・・・指で触りたい・・・」
だんだん自分が壊れていくのを感じました・・・。
私は目を閉じて、恥ずかしい快感の連続に身を寄せていました。
「ひょっとして感じてるんですか?」
さっきの男の子が言いました。
何も答えることができませんでした・・・。
「どこが気持ち良くなっちゃったんですか?教えてください。」
男の子が一人、こっちに向かって来ました。
「え・・・」
私はなぜか全く声が出ません。目も開けられません。
恥ずかしい格好をしたまま金しばりみたいに体が動かないのに、
アソコばかり敏感になっていました。
「ここですか? ここですか?」
男の子は、鉛筆の後ろの丸い部分で私のつま先、太もも、おへそ・・・。
色んな所を軽く突っつきながら言いました。
体のどこを触られても「あっ・・・あっ・・・」と、小さい声が出てしまいます。
全身が快感で痺れて、自分の体じゃないみたいでした。
「もしかしてここですか?」
ゆっくり目を開けると、男の子は鉛筆を私のアソコに向けていました・・・。
鉛筆の後ろを、大きくなったクリのすぐ近く・・・1cmくらいまで・・・
ゆっくり近づけてきました。
「あ・・・少しでも触られてたら・・・もう・・・」
私はまた、目を閉じました。
「あっ!! そこ・・・は・・・」

次の瞬間、思わず声が出てしまいました。
男の子が鉛筆で触った場所は・・・私のお尻の穴でした。
触られる度たびにお尻にきゅって力が入ります。
それを楽しむように男の子は鉛筆の後ろでお尻の穴を触ります。
目を開けると、他のみんなは近くで囲いを作るように私の周りに集まって・・・
私の反応を見ていました・・・。
私のお尻の穴をいじっている鉛筆の動きが止まりました。
ゆっくり・・・ほんの少しだけ・・・鉛筆がお尻の穴に入ってきました・・・。
「だめ・・・です・・・」
体が言うことを聞かず、抵抗したくても弱い言葉しか出てきませんでした。
鉛筆は、私のお尻の穴に1cmくらい入った所で止まりました。
そのままの状態でしばらくした後、いきなり鉛筆が動き出しました。
「あああっ!!」
体に電流が流れるような快感が走り、私は声を出しました。
男の子は鉛筆を、私のお尻に少し入れたまま上下左右に激しく動かしました。
「だめ!だめっ!ああっ!」
お尻に入れられた鉛筆の動きがますます激しくなってきました。
「そこだめっ!ああっ!!そんなに動かしちゃ・・・ああぁ・・・」
気持ちよすぎて声を抑える事も出来ませんでした・・・。
私は今までお尻を刺激するHとか経験ないのに、
その時は意識がなくなるくらい感じていました。
「みんなが見ている前でアソコとお尻の穴を自分で拡げて・・・いじられてる・・・」
今思うと、考えられないくらい恥ずかしい状況が
逆に私を興奮させていたのかもしれません。

気がつくと私は、椅子に浅く座ったまま首だけを背もたれに乗せた状態で両足開いて、
膝の後ろを空中で抱えていました。
まるで自分からお尻を突き出しているみたいでした・・・。
「いやらしい格好ですね。もっと気持ちいい事して欲しいんですか?」
男の子が意地悪そうに言いました。
男の子が私のお尻から鉛筆をゆっくり抜きました。
私はその隙に椅子から立ち上がろうとしましたが、
膝に力が入らずにそのまま床に座り込んでしまいました。
「横になっていいですよ。」
男の子はそう言って、何かを取りに行った様子でした。
私は、なぜか言われるままに床に寝転がりました・・・。
男の子が戻ってきた時、その手に持っていたのは・・・「筆」でした。
絵画用の物らしく、太いのと細いのを両手に一本づつ持っていました。
「ああ・・・まだ終わらない・・・恥ずかしくてHな事される・・・」
私はボーっとした頭でそんな事を考えていました。
「仰向けになってください。」
言われるまま、私は仰向けで「気をつけ」の格好をしました。
アソコが濡れていて内腿のあたりが冷たく感じました。
「それじゃ見えないでしょ?」
男の子は言いました。
私はその言葉を聞いてすぐに、
みんなの方を向いている両足を開いてMの字にしました・・・。
他のみんなは、私を見下すような目で周りを取り囲んでいました。
その時急に、私は今自分がしている事を強く意識しました。
大勢の前で、自分で足を開いて恥ずかしい部分を拡げている私・・・。
クリも充血して大きくなり、アソコは濡れてお尻の穴までびしょびしょ・・・。
知らない男の子にHないたずらをされて、抵抗もしないで感じている私・・・。
次の瞬間、急に息苦しくなり呼吸が荒くなりました。
心臓の鼓動が早くなって、体全体が脈打つ感覚がありました。
そして目の前が真っ白になり、視界がぼやけてきました。
目を閉じながら考えました。ゆっくり呼吸を落ち着けながら。
「私は何をしているんだろう・・・服を着て帰ろう・・・今日の事は忘れよう・・・」
やっと気持ちが落ち着き、私は目を開け、だらしなく開いていた両足を閉じました・・・。
「何してるんですか!!?」
突然大きな声が響きました。
半身を起こして立ち上がろうとした私の目の前に、
あの男の子が怖い顔をして立っていました・・・。
「あっ・・・あ・・・え・・・」
私は体を半分起こしたまま固まり、声にならない声を出していました。
今までは感じていなかった恐怖を感じていました。
「押さえつけちゃえ」
男の子がいたずらっぽく言いました。
すぐに両側から手が伸びてきて、私の両肩を床に押さえつけました。
足をバタつかせるよりも早く、両膝も床に押さえつけられてしまいました。
かろうじて足は閉じたままでしたが、私は直立の姿勢で身動きが取れなくなりました。
「離して・・・」
私の言葉は誰の耳にも入っていないようでした・・・。
男の子が細いほうの筆を手にし、私の胸をじっと見ていました。
筆の先が、ゆっくり私の胸に近づいてくるのが見えました。
思わず目を閉じると、脇腹から胸のふくらみのあたりを撫でるように筆が走りました。
体がびくっと跳ね上がるような感じがしました。
その後も、筆は私の胸の上で、乳首に触るか触らないかの位置を撫で続けました。
今まで経験したことの無いような快感が私を襲っていました・・・。
「乳首が立ってますよ。まだ触ってないのに。」
男の子が言いました。
ああ・・・恥ずかしい・・・でも・・・そう・・・早く触って欲しい・・・乳首触って欲しい・・・
男の子の方を薄目を開けて見ました。
目が合うと、男の子はニヤッと笑って言いました。
「どうしたんですか?乳首気持ちよくして欲しい?」
私は恥ずかしくなって、首を横に振りました。
その間も筆の先が、さわさわと私の胸の上で動き続けています。
「はぁ・・・はぁ・・・だめ・・・」
その部屋は、私の荒い息遣いと小さな声だけが響いていました。
筆の動きが止まりました。
その後すぐに、筆は・・・敏感になった私の胸の中心・・・
乳首の上をなぞる様に動き始めました。
「きゃああぁっ!!あああっ!!」
私は突然の快感に、思わず大きなあえぎ声をあげてしまいました。
体は何度ものけぞり、その度に両肩と両足を強く押さえつけられました。
「だめっ!だめっ!!あぁ!あ・・・」
筆は、私の敏感な乳首の上を動き続けました・・・。
筆は、私の乳首の上を踊り続け・・・その後だんだん下に下がってきました。
体に触れるか触れないかの微妙なタッチのまま・・・。
そのまま、アソコの周りをじらすように触り続けました。
太もも、下腹部、ヘア、。筆が動くたびに、
「あっ・・・あっ・・・あっ・・・」と小さい声が出てしまいました。
アソコを・・・触って欲しかったのかもしれません・・・。
それを見透かしたように、男の子は私のアソコの近くを攻め続けました。
一番感じる所・・・クリ・・・には決して触れないように・・・。

もう恥ずかし過ぎて辛いので、このくらいまでしか書けません。
ごめんなさい・・・


PAGE TOP