後輩の元カノを寝取って中出しSEX体験談【エッチ体験談】

就職で上京して2年目の春、
SNSに登録はしてるものの卒業以来ほとんど絡みのない、
中学時代の部活の2つ下の後輩から連絡があった。

なんでも原宿でで買い物がしたいらしく、
宿代を浮かしたいから1泊させて欲しいとのこと。
ちなみに後輩は親しかった友人の元カノでもある。

後輩は綺麗な顔立ちでではあるが背は低く、おっぱいはそこそこ。
連絡が来て快諾した時点で下心はほとんどなかった。

後輩は高校の時から節約家というかケチだったので、
丁度うまい具合に俺を使うことを思いついただけだと思うし、
今でもそうだったと思う。

当日、後輩とは原宿で待ち合わせをして買い物。
外で軽く食事を済ませ、家でささやかに乾杯。
後輩は歩きつかれて眠くなったようで、あっさり眠りについた。

部屋にはシングルのベッドが一つだったので、
ベッドは後輩に譲り俺はソファーで寝た。

後輩が熟睡中、彼女もおらず風俗も行ったことがなかった俺は
男の性として変な気が起きてきたので、
自分を律する意味もこめてこっそり1発抜いた。

朝、起きても後輩はまだ寝ている。
買い物の続きがしたいと言っていたので起こすが、機嫌が悪く起きない。
仕方がないので俺もダラダラすることに。

その後気だるさがまじったまま2人で適当に朝ごはんを済ませる。

「買い物に行かないのか」と聞くと
「めんどくさい、眠い」といってベッドでごろごろしはじめたので、
仕方なく家でうだうだ。

すると後輩が、
ベッドを占領するのは申し訳ないのでソファーと交替すると申し出る。
俺は遠慮なく変わってもらう。

冗談まじりに、
ソファーは寝にくく夜あまり寝れなかったと(半ば正直に)話すと、
後輩は確かにこれは寝れないねと言い放ちベットに転がりこんできた。

この時初めて女の子を家に連れ込んでいることを意識した。
この漫画でしか見たことのないシチュエーションに理性を奪われた。
一発抜いたのはなんの意味もなかった。

どんな会話をしていたかはもう覚えていない。
とりあえず探りを入れつつ少しずつ距離を縮める。
逃げない。
さらに寄る。
逃げない。

思い切って腕を回したらお互い黙ったまま目が合った。
こんな感じで行きずりのエッチが始まった。

正直始まってしまうとあまり興奮できなかった。
ただ後輩の「先輩、先輩」の喘ぎ声を聞いた時は部活やってて良かったと思った。

いざ挿入となりゴムをつけたが、勃たずに入れることができなかった。
インポインポと馬鹿にされた。

学生時代に生でやりまくったのと
オナニーのし過ぎなのも手伝い、少し前からインポだった。
その後気まずい空気が流れることはなく、お互いの経験話になった。

後輩は現在好きな人がいるが、
いわゆる都合の良い女をしてしまっているらしかった。
しばらくすると後輩がエッチがしたいとせがんできた。

相変わらず元気の無い息子を見た後輩はゴムを外してフェラを始めた。
後輩は現在の俺の中でも歴代1位のテクニック披露した。

俺は変な声を出しつつ仰向けになった腰を浮かせ、一気に息子は元気になった。
そこへ後輩は生のまま騎乗位で挿入を初めた。
しかしなかなか入らない。

今度は息子の不能が原因ではなく、明らかに入り口が狭い。
そうこうしているうち、後輩が一気に腰を落とすともに
漫画のようにズリュッ!と効果音が付きそうな勢いで後輩と合体した。

後輩はこれまた現在の俺の中でも歴代1位の名器の持ち主で、
気が狂ったように腰を振った。
後輩は騎乗位慣れしてるらしく、
正常位との交互で主導を交代しつつ交わりあった。

その後限界が近づいてきた。
生でしてしまっているので流石にまずいと後輩にその旨を告げると
「中で出してっ!」とこれまた漫画かAVでしか知らなかった返事が返ってきた。

俺の理性はこの時点で飛んだ。

中に出す気満々で大丈夫なのかと問うと、ピルを飲んでいるとのこと。
そういえば何かしら薬を飲んでいたのを夜と朝に見ていた。

俺は騎乗位のまま後輩の中で果てた。
中学の時の後輩。
その親友元カノ。
NTR属性のある俺は元カノとはいえ妙な背徳感を感じた。
めちゃくちゃ気持ちよかった。

書くの疲れてきたのであとは流すとその後も後輩とダラダラ家で過ごした。

本当はその日帰るつもりだったらしいが、予定を変更しもう1泊。
2日間で3回の中出しを味わった。

その後何事もなかったかのように過ごし、
半年後また後輩が来て同じく中出しさせて貰った。
それ以来特に連絡は取っていないがSNSの登録はまだ残っていて、
今は2児の母している。

今でもこの日のことを思い出してオナニーするとすぐいける。


PAGE TOP