抱きしめながら精射感を感じながら出す【エロ体験告白】

独身で一人暮らしのサラリーマンです。
仕事柄帰宅が夜遅いことが多く、駅から降りて24時間営業しているスーパーに買い物をして帰るのが毎日。
金曜日の11時頃連休なので少しおおめの買い物をして袋に詰めていると、ペットボトルが倒れてしまい、隣で袋に詰めていた商品に当たってしまった。
慌てて見て見ると、卵が3個割れてしまい
「すいません」
と謝ると
「いいですよ」
とアッサリ、見た感じ30代位のOLの感じ。
俺はすぐに店員さんに
「卵売り場どこですか?」
と聞き会に行こうとすると新しいのと交換してくれた。
すぐにもう一度謝ってOLさんに卵を渡すと、逆に
「すいません」
と言い出し、すると彼女の方から
「食事まだですか?」
と言い出した。
「はい、帰って食べますが」
と言うと、いきなり、
「良かったらご飯でもどうですか?」
と聞き返してきた。
俺は「え~」て思ったけど
「良かったら行きましょうか」
と答えへ、行く事になった。
スーパーの袋を持って近くのファミレスに向かうと、彼女が
「良かったら家に来ませんか?」
と言い出した。
「今からお邪魔していいんですか?時間も遅いし」
と聞くと
週末休みだし、俺の買い物内容を見てカップ麺 とかインスタント物が多いようだし、優しそうだし、、、私料理得意だしと話し出した。
聞くと彼女も1人暮らしで俺と同じような感じで、俺をスーパーでよく見かけていたらしい。

歩いて7~8分位で彼女のマンションに到着。
彼女(舞子)は早速
「料理をするからテレビでも見てくつろいで」
と言い、テレビを見ていると数分後、
「良かったらお風呂どうぞ」
と言い出した。
さすがに
「ご飯食べたら帰ります」
と言うと、
「もう少し時間かかるし、どうぞ入って」
と進められ、入る事にした。
入って少したってから、いきなり、舞子が
「私も入っていい?」
と入ってきた。
俺はその時まで全然下心無く、同じよにがんばっているんだと思っていたが舞子の裸を見、おぱいが大きく見ているうちに、息子が起き出すし痛いぐらいであった。
ここ数年女を抱いた事も無かったのでうれしやらはずかしいやら。
舞子が
「狭くてごめんね」
といいながら背中から洗って最後にはおちんちんを丁寧に手で洗ってくれた。
そして最後はお口で吸い出され、気が付くと行ってしまった。

風呂場を出て体を拭き、そのままベットになだれ込む。
そのまま、股を大きく開かせおちんちんを舞子のおまんのにねじ込んだ。
30代の女は少しぽっちゃりだが抱き心地いい、ピストン運動をすると声がエロい。
俺も
「どこが気持ちいい?」
とかエロトーク発しながら上下ピストンしているうちに出そうになったので、勢いで、
「出すぞ!」
と言いながら返事を待つ。
「どこに出してほしいの~?」
と何度か聞くと
「舞子の中」
と言い出した。
さらに
「舞子のどこに出すの?」
と言うと
「中で」
としか言わないので、
「舞子のおまんこの中に出してと言わないとダメやで」
と言うと、最後には
「舞子のおまんこの中に出して」
と言い出した。
そしてハメる事40分、ついに舞子のおまんこの奥に発射!!
舞子を抱きしめながら精射感を感じながら出す。
あまりにも気持ち良かったので10分ほど抜かずに寝てしまった。

もう息子は半分の状態であるが、おちんちんとおまんこの間から白い精子が流れ出ていた。
そんな状態を見ているうちに息子が大きくなり、そのままピストン運動開始。
舞子は半分寝ていたが、再びいい声を出しだし、朝まで5回戦を繰り広げた。

その日を境に舞子の部屋に入り浸りの毎日です。
今度は野外に挑戦しょうと思います。


ゼヒゼヒぽちっと一票お願い致しますm(--)m

PAGE TOP