中出しを懇願するスケベで貧乳な年上人妻とのエロ体験www【エッチ体験談告白】

俺24歳

フツメン

しいて言えば鼻が高いぐらい

会社員

人妻

28歳

2人の子持ち

小柄

Bカップ

三船美佳似

出会い系で知り合った28歳の人妻(三船)と仲良くなり会うことになった

出会い系で会うなんて基本は下心いっぱいなわけだが

会って自分の部屋(一人暮らし)に一緒に行って

部屋に入った瞬間からギュッって抱きしめたら

「早い②w」と軽くあしらわれた

焦ってはいかぬとりあえず座ってしばらく普通に話を

だいぶ打ち解けてきてそろ②いいかな?とおっぱいを軽くツン②してみると

「おっぱい気になるの?w」

「うん…」

「小さいから恥ずかしい~」

「そんなの全然気にしないって」

「本当に~?」

といいつつずっとおっぱいをツン②

「じゃあ一人じゃ恥ずかしいから○○君も脱ぐなら脱いであげる♪」

というものだから速攻で上を脱いで二人で上半身裸の状態に

もうそしたらツン②ではなくモミ②と遠慮なく

そして我慢できなくなってむしゃぶり付くと

「ん…そんなんされたら感じちゃうじゃん…」

とちょっと切なそうな声を

「旦那さんにはしてもらえないの?」

「もう2年はしてないかな…」

「じゃあココも寂しがってるんじゃないw」

とズボンの上からマンコの上ら辺をナデ②

「そうだよ~☆もうちょっと濡れちゃってるしw」

「じゃあパンツ濡れて大変だ!!ヌギ②しないとw」

と半ば強引に下半身も脱がせて少しの時間観察

「本当に濡れてる~2年使われてないマンコだw」

「恥ずかしい!!○○君も脱いで~」

と二人で裸の状態に

「○○君だってもうこんな固くなってるしw舐めていいかな?」

という頃にはもう口に含んでいた

しばらく69状態でお互いの性器を気が済むまでイジくりまくり

しばらくすると彼女が

「入れたくなっちゃった…入れてもいいかな?」

「旦那さん以外の入れちゃってもいいの?w」

「言わないのwもう我慢できないんだもん~」

とカバンからゴムを出して装着してから上に乗ってきた

「ぁん…久しぶりに大きいの入ってきた☆」

それから彼女が俺の上で腰を振りまくり

しばらくしてなかった為たまっていた俺は

「やばい!!出そう!!」

という声も彼女には届かず

一心不乱に腰を動かしてた

「出る!!」

と彼女を抱きしめて思い切りゴムの中に出すと彼女はやっと止まってくれ

「久しぶりですごく気持ちよかった♪出たの全然気が付かなかったw」

「俺だけゴメン…」

「全然いいんだよ♪」

そして彼女はゴムを取ってくれて69の状態でお掃除フェラ

俺の目の前には彼女のマンコがぱっかり口をあけてゆら②ゆれていて

満足させれなかった代わりにむしゃぶりつきました

すると彼女が

「汗かいたね~一緒にお風呂入ろうか♪」

裸のまま二人でお風呂に移動して

一緒に湯船に使ったり洗いっこしたり

しばらくすると俺の棒も回復してビン②状態に

「あっ○○君の元気になったwさすがに若いね~w」

彼女はフェラが好きなのかまたお口でし始めた

徐々に目がトロンとしてきたかと思うと

「○○君お願い…ここで入れて…」

と切なそうにオネダリ

「えっでもゴムないよ?」

「いいから…入れて」

と壁に手をついてお尻をこちらに向けてフリ②

それならばと生で人妻にバックから挿入

「ぁん奥まできてる激しくして…」

一回出してることもあり余裕のある俺は彼女の腰を持ちながら入れたり出したり

お風呂の中には打ち付ける音と彼女の喘ぎ声が

2回目とはいえさすがに限界が近づき、彼女に伝えると

「ぁぁん~いいよ♪好きなところに出して♪」

好きなところと聞き、このまま中に出したい衝動にかられたが

さすがにそれはマズイと理性が働き

寸前のところで抜き彼女をこちらに向け最後は口に

彼女は精液を全部飲み干してくれたあとに

「気持ちよかった♪中に出してくれてもよかったのにw」

「いや~さすがにそれはマズイでしょ」

「もしデキても○○君の子だったら産みたかったな~♪」

と本気なのか冗談なのか。

そのあとベッドでもう一回してからその日は別れた

それから月1は会ってエッチするような関係が続いたが

仕事の都合で俺が転勤となった為に連絡を取るのを止めました。





PAGE TOP