彼女が嫌がるほど、私は興奮しました【エロ体験告白】

私は、蕎麦屋を営んでいる42歳です。
今までは、妻と二人で営業していましたが、
うれしいことに最近、ランチタイムの客足が伸び、
二人では回らなくなりました。

そこで、ランチタイムにパートさんを雇うことにしました。
二人雇ったパートさんの、うち一人がキレイめ、
おっぱい大きめの人妻さんでした。
私はその美人人妻を採用しました。

彼女は働き者で、採用に間違いはありませんでした。
もちろん、選んだ理由は、その美しさなんですけどね。
見ているだけでムラムラしてしまいます。
しかし、妻が傍にいるので、下手なことはできません。

ある日、妻が実家の方に用事で帰ることになりました。
私と、そのパートさんと二人きりで営業しました。
忙しいランチタイムが終わり、彼女と休憩していました。
くつろぐ彼女の、スカートからのぞく白い足。
胸元の大きな膨らみ。
濡れたような唇。
でれもかぶりつきたくなるような肉体です。

私は思わず彼女に抱きついていました。
うしろからがばっと抱きつきました。
両手でその豊満な胸を揉みました。
貧乳な妻とは比べるべくもないほどの弾力です。

「止めてください」

と彼女は私を振りほどきます。
しかし一度、火の点いてしまった欲望は押させられません。
私は、再び彼女に抱きつき押し倒していきました。

彼女の割烹着の上から、彼女の胸を揉みしだいていきます。
そして彼女の、パンツを下ろすと、
もうギンギンになっているチンコを突っ込みました。

腰を動かし続けてると、始めは濡れてなかった彼女のおまんこが、
ドンドン濡れてくるのがわかります。

「奥さんも、感じてるでしょ。声出してもいいんだよ」
「そんな、感じてなんかないです」
「じゃあ、何でこんなにおマンコが濡れてくるんだ」
「イヤ! そんなこと言わないで!」

彼女が嫌がるほど、私は興奮しました。
彼女は辛そうな表情をしています。
でもおまんこは、キュンと締まり、かついっぱい濡れているのです。
間違いなく感じているのです。

私は遠慮なく突きまくりました。
彼女も動いを会わせて腰を振ってきました。
そして、とうとう私はザーメンをたっぷり放出したのです。

彼女が、その日でパートを辞めてしまったのが、とても残念です。


PAGE TOP