職場のお局さまがド淫乱のド痴女でキンタマ枯れるまで搾り取られた話【エッチ体験談告白】

新卒で会社に入ったばかりのころ、

課に30直前のお局さまがいた。

顔は中の下くらいだが、

カラダはむっちりしてて、かなりエロかった。

ある週末に飲み会があり、俺はお局さまを狙っていたが、

先輩達に阻まれ、失敗。

[adrotate group=”1″]

結局、飲み会が終わるまで一言も話せず、

店を出たところで、奇跡が起こった。

帰る方向がお局さまと一緒だったのだ。

先輩たちをおしのけ、強引にお局さまと同じタクシーに乗り込んだ。

タクシーの中で、いろいろ話をしているうちに、

俺のアパート前に着いた。

「ダルいので、ちょっと休んでから帰る」

とお局が言い出した。

俺は心の中で歓喜した。
部屋に入るとすぐ、

お局さまが胸を押し付けて抱きついてきた。

「ちょっと、マズイですよ」

と言ってはみたが、股間は完全にガチガチにな

っていた。俺は我慢できずお局さまを床に寝転した。

ブラウスのボタンをはずし、

ブラジャーのカップを下げて乳房をだし、舐めてた。

俺はズボンとパンツを脱ぎ、

正上位になりお局さまのスカートをまくり、

ペニスをパンストのセンターシームにそって、亀頭を擦り付けた。

お局さまも感じてきたらしく、パンストと下着を脱いだ。

そこには膨らんだ大陰唇と、

ぱっくり割れたスジから小陰唇が少し出ている女性器があった。

実は俺、この年になるまで精通していなかった。

何度か、オナニーのまねごとやAVを見ても、射精できなかった。

ただ、ネットで無修正エロ動画をみていたので、

知識だけは、玄人なみだった。

俺は、お局さまのM字開脚の中に身体をしずめ、

勃起したペニスを割れ目にそって、

我慢汁を塗りたくった。

そして亀頭を膣口にあて、押し込んだ。

乳房を揉みながら乳首を母乳が出るかと思うくらい吸った。

お局さまの膣壁に亀頭のエラの後ろの部分が擦れ、

今まで感じたことの無い快感が襲った。

お局さまも感じてきたらしく、声を出し始めてきた。

その声を聞くと俺は無性にお局さまを俺のものにしたくなり、

そのためには、孕ますしかないと思い、中に出すことにした。

射精したことの無い俺が、初めての射精!それも膣内に。

本能におもむくままに、腰を振っていると、

お局さまの膣がペニス全体を締め付けに来て、

射精をうながした。

脳天に電気が走り、チンコから塊のようなオシッ○のような、とにかく放出した。

膣奥へ膣奥へと、放出した。

お局さまの中にありったけ放出してしまった。俺がイったのに気づくと、

お局さまは精子を搾り出すようにぎゅーっと膣を締め付けてきた。

あまりの気持ちよさで、俺は気を失ったみたいに眠ってしまった。

どのくらいたったのか、気がつくとお局にキスされていた。俺が目を覚まし

たのに気づくと、舌を入れてきた。頭がぼーっとしていて、もはや俺はされ

るがままになっていた。

「あ。固くなってきたね」と言われてみると、たしかに、お局さまの中に入りっ

ぱなしになっているペニスが元気を取り戻している。しかも、自分でも

はっきり感じるほどビンビンになっていた。

「舐めて」と、いつのまに脱いだのか、お局は上も裸になっており、むっち

むちした胸を俺の顔に押し付けてきた。胸の大きさと弾力に興奮して、俺は

その胸にむしゃぶりついてしまった。

「あっ。あっ」と、吸い付くたびにエロい声を出され、興奮が最高潮に達し

てしまった俺は、体を起こして体勢を入れ替え、対面座位でがんがん突きまく

った。

結局、金曜の夜から土曜の夕方まで、何度も何度もお局さまの中に精子をだし、

お局さまの膣で尿道に残った精子一匹残らず搾り取られてしまった。

それ以来、お局さまは俺の部屋に来ては俺の子種をありったけ搾り取

って行くようになった。

会社でお局を見るだけでもムスコは反応してしまうようになり、

ついに受精着床し、子供ができて、結婚しました。

あれから子供4人さずかり、嫁は5人目を作る気もまんまんで、

毎週末はぐったりするまで搾り取られます。

おかげで俺は今でも、膣内でしか射精したことがなく、

自分のペニスから直に精子を出したて見たことが無い。

いつも嫁の愛液交じりの精子が、

膣口から垂れ流れてくるのしか見たこと無い。



PAGE TOP