職場の仲のいい先輩との体験談【エロ体験告白】

いつも通りの居酒屋へ行って、お酒、凄く飲みました。
職場の、仲のいい先輩です。

性別は男性です。
面倒見のいい人(おそらく性格的に)なので、
今日も快く付き合ってくれました。

方向が一緒のため、帰りが遅くなりすぎた日は、
タクシーで一緒に帰ります。
先輩のアパートが私より近いので、
先輩がいつも先に降りるんです。
 
 
今日も遅くなりすぎて、タクシーで帰ることになりました。
ただ、今日は、タクシーに乗り込んで早々、
先輩、薄暗い車中でも分かるほど青い顔になって…。

「先輩、顔色悪いですよ。大丈夫ですか?」
「うん…。大丈夫だよ。」

全然大丈夫そうじゃない。
そういえば、風邪気味って言ってた。
タクシーの移動中、だいぶ辛そうでした。

「じゃ、またな。」
ってタクシー降りた先輩が、
荷物を忘れて立ち去っていくところを初めて見ました。

タクシーを精算して、私も降りることにしました。

「先輩、待ってください。」「えっ?どうした?」
駆け寄って、
「荷物!忘れてます。」
「なにーまじか。あいたた、悪い。……うっ。」
先輩、口元、抑えてる。

「鍵、これですか?部屋は?」
「……。」

指さした先に駆けて、
「ここですか?X号室?」
頷く先輩。

「開けますね!」
早く鍵を開けたかったけど、もたついてしまいましたが…。

パタパタと部屋にお邪魔しました。
電気つけて、ストーブつけて、パタパタ。
先輩は、水で絞った冷たい濡れタオルを(タオルの場所は聞きました)を
顔にかけて、ベットに横になってます。

「ありがとう。帰って大丈夫だから、タクシー呼んで。」
「…はい。」

そのまま、少し先輩を見てたら、寝息が聞こえ始めて、
ちょっと安心しました。

安心したら体の疲れを感じて、
その場に座ってしまって。

気が付いたら寝てたみたい。
テーブルを背もたれにしてて、背中が痛い…。

そっとタオルを取って、先輩を見ると、
顔色、良くなってる。
たぶん、もう大丈夫そう。

先輩、そんなにお酒強くないって、
いつも、ゆっくりペースで飲んでる。
今日も、いつも通りのペースに見えたから、
風邪もあってで、具合が悪くなったのかな。
こんな先輩初めて見たから、凄くびっくりしたんです。

ふーっと安心して、冷静になると、
ここは、先輩の住んでる部屋なんだって、
先輩の部屋にいる現実にびっくりしました。

しばらく彼女いないっていってたからか、
シンプルな部屋。
ただの後輩の私が、あんまり見ちゃだめだよね。
たまたま入ることになっただけだし。
だけど、どことなく、先輩らしい部屋かもって思った。

時計は3時を過ぎてました。
帰ろうかと思ったけど…。
私、ずっと先輩の事、好きだったんです。

(先輩…)
先輩の部屋で、先輩の眠ってる姿を見てる。
こんなの、彼女ならあたりまえに見れる風景なんだろうな。
(先輩…)

その時、思いついちゃって(凄いよ、私!)
撮っちゃったのは写メ。
宝物にしようって、先輩の寝顔写メ。

撮ったのは、良かったのだけど…。

成りゆきだったけれど…。
初めて、先輩の部屋にお邪魔して、
初めて、先輩の寝顔を見てる。
なんて特別で凄くて、
貴重なシチュエーションなんだろう。
こんなチャンス、仲がいいとは言っても、ただの後輩の私には、
もう2度とないかもしれないな…。

[カシャー]
静かな部屋に、音量どうかな、というシャッター音が響き渡りました。
(撮れてる…。先輩、なんだか可愛い。)
斜め上から撮りました、という感じの写メ。
(可愛いけど、正面のも欲しい…。)
(先輩…。)
こんなこと、イケないよね…。
先輩の了解、もらってないのに。

[カシャー]
(うそ…。ブレてる。)
「ん…。」
(先輩、起きちゃった?)
息を飲み込んで、様子を見てみると、大丈夫みたいです。
[カシャー]
(うん…。撮れてる。)
「どうした?」

視線を移すと、先輩が、私を見ています。
携帯を持った私をー…。
「あ、の、タクシー。タクシーの番号を…。」「あー、タクシーの番号ね。」

サッと携帯が先輩の手に。先輩の手に…?

先輩、私の携帯の画面を見ています。
なぜか、ずーっと…。

「これ、何?」
携帯の画面を先輩に見せられました。
画面には、正面から撮りました、という、
先輩の寝顔写メが写し出されたままでー…

気付かれるなんて思いがけなくて、突然で、
寝顔見れたり、こういう状況に、舞い上がっていたし、
頭がまっ白でした。

沈黙が長くなり過ぎて、
誤魔化せないだろうと、思いました。

「先輩の写メ、欲しかったんです…。す、好き、だったので…。」
私、告白をするしかないって、思いました。

怖い。きっと先輩は、同じ気持ちじゃない…。
きっと困ってる…。

「嬉しいよ。俺もお前、好きだったから。」
「そうですよね…。え!?」
信じられなくて、2、3回聞き直しました。

振られても、また、一緒にお酒飲みに行きたいな、
すぐに他に好きな人が出来た事にしたら、また、行けるかな、
先輩との時間、無くしたくないなぁって考えていたので、
信じられなかったんです。

「じゃ、俺たち、付き合うって事で良いよな?」
「は、はい…。」
「じゃー、これからは彼氏としてよろしくね!」
「あの、彼女として、よろしく…お願いします。」
え?恋人になれちゃった。

時間は、4時に差し掛かろうとしていました。
もう彼女だからって、泊まることになりました。

先輩に、長袖のTシャツ(パジャマ代わり、嬉しい)を借りて、一緒に寝る事になりました。
先輩のベットに、先輩の隣で…って思ったら、ドキドキします。

ベットに入ったら、
「こっち向いて。」
って言うので、なんだろうってごそごそ向いたら、
(ちゅ)って、キスされました。
ドキドキしながらジィッと先輩を見ると、
ちょっと照れくさそうに微笑んでいました。
(先輩…。)

胸がきゅーっと苦しくなって、手探りで、先輩の手を握りました。
先輩の手が、少しビクッとして、握り返してくれました。

「もう1度、キスしてください。」
「…。」
(ちゅ)

先輩、知らないんですよね。
本当は私、エッチな女みたいだっていう事を…。

今のキスで、今まで、仕舞い込んでいた思いが、溢れ出ている事を…。

先輩に、もっと触れたいって思って、思ってる事を…。

「先輩、眠いですか?」
「いや、覚めちゃったよ。」
「そうですか…(良かった…)、ん…。」
「んん?」
先輩の唇、舐めてみました。
男も、柔らかいんだな…って、ぺろぺろ…。

先輩の唇は、薄いです。
ずっと見てたから、知っていたけれど、
柔らかくて、感動しました。
いたずらで、ほっぺと頭をつついた事があって、
ほっぺと髪の毛は、先輩も柔らかいんだなと、知っていたけれど…、
唇も、柔らかいんだな、薄くても、柔らかいんだなと、感動しました。

「先輩。Yシャツ脱がないといけませんよ…。」
プツプツとボタンを外してあげました。
「なんかドキドキするなー。」
「私もです…。」

「ズボンもシワになっちゃってます。
脱ぎましょう…。」
「いや、クリーニングに出すから…。」
カチャカチャとベルトを外して、ファスナーをと、探ったら、
手の甲に、先輩の固いものが…。

「先輩も、勃ったり…するんですね…。
会社では、そんな風に見えません…。」
グッと、優しい感じで握って、
ズリズリと手を動かしてみました。

「何?何?」
「あの、気持ちいいですか…?」
「い、いいよ、いいけど…」
先輩の事が好きだからだと思います。
先輩と一緒にいる時に、仕事中でも、変な気持ちになっていた事が、時々、ありました。
今と同じ気持ちです。
欲情してしまうんです。先輩に…。
はしたないって、自分でも思います。

「付き合ったばっかりだぞ。いいのか?」
「先輩の事、ずっと好きでした。
今日は先輩の事、たくさん触りたいです…。」
「いいよ、いいけど、早過ぎないか…」
「早過ぎませんー…」

先輩の薄い唇に、キスしました。
舌も絡めました。
先輩の舌は、女の私より、大きくて、厚みがあるように感じました。
…気持ちいいです。

舌を絡ませながら、Yシャツの下から見えた肌着を、胸元まで捲りました。
手のひらで、胸を滑らせて触ると、
乳首に指が触る度、先輩、ビクンッとします。

「先輩、感じやすいんですね…。」
「まじか…」
「指と、舌では、どちらが気持ちですか…。」
「おい…」
「うふふ、パク…。」
「あ…、ああ…、やめて…やめて…」
乳首を舌でペロペロしたり、吸ったりする度に、先輩は、ビクッビクッとします。
「どちらですか…」
「舌…」
「素直ですね…。パク…」
「あ…、あ…、」

会社では、あんなにも真面目で爽やかで面倒見のいい先輩が…、
エッチな事されて、悶えて、エッチな声まで出しちゃって…、ギャップが凄いです。

先輩に憧れてる女も、実はいっぱいいるんじゃないかと思います。
そんな先輩が、こんなにギャップがあって、
女の私に、感じさせられちゃって…。
欲情しちゃいます…。

ファスナーを下げたら、ムクッとしてるトランクスが顔を出しました。
「あ…、あ…、まじ…?まじか…」
「うふふ…。」
トランクスも下げたらブルンッと、おちんちんが…、顔を出して…。

「先輩。ゴム…欲しいです…。」
「…どぞ!」
ベッドの下(ベットの間です)から、出てきました。
「先輩は、したい体位はありますか…?」
「き、騎乗位かな!」
ゴムを付けながら会話しました…。
もう、我慢出来なくて…です。
ゴムの上から、舐めてみました。
「ハァ…、ハァ…」
「先輩のおちんちん…、大きいです…。」
「お前も、会社と全然違う…」
「こういうところ、隠していただけです…。
知ってるの、先輩だけですよ…。んー…(ペロペロ…)」
「ハァ…ハァ…」
(先輩…、先輩…)

「先輩…、エッチ、しましょうね…。」
「ハァ…ハァ…」

「はあ、あ、先輩…」
「う…」

ぐ、ぐぐぐっと、腰を落としていきます。
「先輩、大き…」
ぐ、ぐっ、くちゅ!
「ンッ」
「全部、入っちゃいましたね…んん」

私のお尻と太ももに、先輩の温かい人肌が伝わってきます。
私の中に、先輩を感じました。

先輩は、私の太ももを撫でていて、
私は、先輩の腕を撫でていました。

先輩を見下ろすような位置なんだけど、征服感みたいな感情はなくて、
この体勢が恥ずかしいのだけど、目にうつる、先輩の体の男らしさに欲情しちゃって、
なんだか体が動いてしまいます。

「はあ…、はあ…、」
にゅ、にゅ、と、動くたびに、 欲情しているからか、
お腹のなかが、きゅっきゅする感じになります。
エッチな感じです…。

「ん…、ん…、先輩、気持ち、いいですか…?」
「う…、いいよ…」
「私も…気持ちいいです…、ん…」

にゅ、にゅ、と動いてしまいながら、
先輩の体を触ってしまいます。

ほどよく肉がついていて、
堅さに、男っぽい筋肉質さを感じさせられて、
なんだかクラクラします。
(先輩…先輩…)

「はあ…、はあ…、上、脱いで…」
「や、いやです…」
「俺だけ、裸…?」
「んん…、初めて、だから…、許して…ください、
やっぱり少し、恥ずかしいん…ですよー…」

にゅ、にゅ、の刺激は優しいんですけど、気持ち良くて、
恥ずかしいけど、にゅ、にゅ、と動いちゃいました…。

「はあ…、ちょっと待って…」
「駄目ですよ…、ん…、ん…」
(先輩…、なんだか可愛い…)
「駄目、待って…っ」
「んっ、んふっ、駄目ですぅー…」
(たまんなくなっちゃう…
もっと…見たい…)

にゅっ!にゅっ!って、しちゃいます…。
「はぁ、はぁ、待ってっ、でる…!」
「うふ、だめ、ですぅ、ふぅ、んふぅ、」
(先輩が、見たい…)

「う…!!」
「んー…」
(先輩、イッてる…。たまんない…)
「まっ…、待って…」
「駄目です…、し、絞り出して、あげたい…」
にゅ!にゅ!ってお尻を打ち付けちゃいます。
「待っ…、ふ…、ふ…」
先輩、ぴくぴく仰け反って感じてて、たまんない…。

「エッチ、しちゃいましたね…」
「う、うん。」
「先輩、可愛かったです…。」
「やめてくれー…」
先輩と、抱き合って横になって話しています。

「先輩も、エッチになったり、精液出たり…するんですね…。
私って、エッチかもしれないって思ってたから、安心しました…。」
「俺も男だぜ!エッチになるし、一人でなんか、毎日してるぜ!」
私が女だから、きっとフォローしてくれてるんだなぁ、
先輩、優しいなぁ、と思ったけれど、
「え…っ、毎日…、毎日ですかぁ…?」
つい、[毎日]に反応してしまい…
「ん?多いかな?」
「わ、分からない…ですけど…、
先輩もエッチで、嬉しいです…。」
エッチが終わると、なぜなのか、物凄く恥ずかしくなります。
「俺もエッチだから、…もう1回する?」
(先輩…)
…2度目は私が、「可愛かった」って言われちゃいました。

仕事中は、相変わらず、先輩は、
面倒見が良く(誰にでも)て、爽やかで、真面目です。
部屋での先輩はというと、
最近は、私のお尻を撫でて遊んだりするようになりました。
私たち、付き合ってるんだなぁと感じられて、嬉しいです。

時々、「愛してるよ」って(嬉しいですぅ…)、言い合ったりもします。
誰よりも、大好きです。

偶然の、あの日ことが、今も運命みたいだなぁと感じます。
あの日の、寝顔写メは、大事に携帯の待ち受けに…、
は出来なかったですけど、
今もずっと、私の宝物です。


PAGE TOP