立ったまま後ろから彼女のバギナに挿入【エロ体験談】

派遣の幸代をゲットしました。
幸代は寿退社した子の補填として、人材派遣会社を通じて採用した派遣社員です。
年齢は25歳とのことで、身長は170cm、バストは推定90のFカップというところでしょうか。
スタイルは抜群によく、顔は平均より少し上で、個人的には好みのタイプでした。
私の席からは彼女の後ろ姿が見える位置なのですが、パンツにTシャツの様なカジュアルな服装のことが多く、私の席からはパンティラインが見えることは日常茶飯事ですし、前かがみになったりするとパンツの上からパンティの上部が見えることもしばしばで、彼女をオカズに何度かオナニーもしていました。
ある日、いつもは6時過ぎに退社する幸代が7時を過ぎても会社に残っており、何故か周りの同僚たちもいなくなり、7:30頃には幸代と私の二人きりになってしまいました。

これは絶好のチャンスとばかり、早速「飯でもどう?」と誘うと、「いいんですか?」とOKの返事。
すぐに六本木の行きつけの店に連れて行きました。
彼女は身体も立派ですがお酒も強く、いくら呑ませても全く酔いません。
聞いてみると、酔ってつぶれたことは一度もないとのこと。

酔わせてどこかにしけ込むのが無理とわかったので、正攻法で口説くことに方針を変更。
彼氏がいるのかを聞いたところ、現在はフリーとのこと。
真剣につき合う気もないので、ストレートに
「もう少し仲良くなって、君のことを色々知りたい。できれば今夜一緒にいたい。」
「私もヒロシさんに興味があるの。」
との嬉しいご返事。
彼女の気が変わらないうちにと、急いでANAホテルにチェックイン。

部屋に入るなりきつく抱きしめてディープキス。
そのままベッドに倒れ込み、パンツを脱がせると、パンティはベージュの大きめの色気のないタイプで少しガッカリ。
ブラもベージュの色気のないものでした。
ただし、パンティのなかに手を入れてみると、もう洪水状態。
しかもブラをとってみるとバストパンパンにはちきれそうだし、乳首は文字通りのピンク色。
とりあえずシャワーも浴びず、前技もナシで挿入。
入り口は決して締まっていないのに、中はペニスに吸い付く様な、いわゆるイソギンチャクの様な締まり具合で、あっという間に絶頂に。

彼女の方もかなり感じてはいる様だけど余裕があるのか
「中に出すよ。」というと、
「チョット危ないかもしれないけど、まあいいや。」
と、このあたりは今時のオンナの子。
その言葉を聞き、ドクドクとそのまま中出し。
こちらがいくのと同時に、奥がキュッと締まって、痙攣の様にビクビクしていたのでいったのかと思ったのだけど、本人の意識は極めて正常で、様子をみる限りはいった感じはなし。

しばらくベッドでいちゃつき、色々と話を聞くと、ボディーボードをするためにアメリカに2年滞在していた時に、アメ公5人とつき合っており、アメリカではたっぷりセックスしてきたけれど、2年前に日本に帰ってきてからは、元カレと1度セックスしただけとのこと。

アメリカではエイズが怖いので生セックスは一切していないこと。
セックスは約2年ぶりで、ずっとピンクローターのお世話になっていたらしい。
「殆どの女の子は、彼氏のいるいないに関係なくピンクローターの様なオナニー道具は持っているヨ。」
との言葉に唖然。
「ヒロシさんは今までセックスした中で一番硬くて大きい。」と、社交辞令でも嬉しいお言葉。

一緒にシャワーを浴びて、石鹸をつけてソーププレイを少し楽しんだあと、食料の調達に外出。
ランジェリーショップでセクシーな赤い下着を購入して部屋に戻り、早速幸代にその下着を着けさせて再度ベッドイン。

パンツとTシャツを着てもらい、その2枚を脱がすと、セクシーな真っ赤な下着姿に。
真っ赤なスキャンティの上からタップリとあそこを愛撫するとパンティのあそこはビショビショに。
ゆっくりパンティを脱がせ、今度はあそこをじっくり観察。
ヘアは薄めで、面積は標準的。

あそこのビラビラはピンク色でサイズも小さめで、外観的には使い込んだ感じはなし。
クリもピンクで軽く舌をあてただけでトロリとジュースが流れて来るくらい感度良好。
気になる匂いもなく、ジュースをたっぷり呑ませてもらいました。

アナルも綺麗なピンクで殆ど色素沈着もなく、勿論痔もなし。
アナルはバギナ以上に感じやすいらしく、少し舌を這わせただけでビクビクふるえています。
幸代を上にしてシックスナインの体勢に入ると、フェラは芸術的で膣に入っている様な気持ち良さにこちらのペニスも脈打ち出す始末。

こちらのクンニも効いてきた様で、「いっちゃいそう。来て。」とのことばで、生でバックから挿入。
両手で胸を揉みながら暫くゆっくりピストン。
一旦抜いて対面座位で再度結合し、たっぷりディープキスをしながらピストン。
最後はそのまま倒れ込み、正常位でピストン。

いきそうになってきたので
「いくよ。」と言うと、
「だめ、まだいっちゃだめ。」「もっと、もっと、きて。」とのお言葉で、ピストンのスピードを緩め、一息。
でも、あまりの気持ちよさに、自然に身体が動いてしまい、またまたピストン開始。

今度はもうガマンできず、
「中に出すよ。」というと、何故か今度は
「中はだめ。出来ちゃうからだめ。」さっきOKして中出ししたばかりなのにオンナはわかりません。
だけどそんなこと無視してたっぷり中に放出。そしてディープキス。

「いったときに中出しされると出来ちゃうのよ。」と、意味不明のお言葉。
よく聞いてみると、彼女は本当にそんなことを信じている様で、1回目の中出しの時は、自分でゆかずにコントロールできていたので中出しOKしたけれど、2回目はいってしまったので中出しNGだったとのこと。「ヒロシさんとは相性がいいみたい。」
とのたまうので、
「僕も幸チャンとはとても相性がいいと思う。これからもつき合ってほしいな。」
と言うと、
「私も。」と、嬉しいご返事。
こんな素晴らしい身体に名器の持ち主は、そう簡単に手放したくないですよね。

折角つき合ってくれると言っているので
「幸チャンの全てを知りたいな。」
と言うと、
「何を?」と聞くので、感じやすいアナルに舌を這わせ、
「ここも知りたい。」
「だめよ、恥ずかしいもの。ヒロシさん、私のこと嫌いになるわ。」
「そんなことないよ。君の全てが可愛いと思うからここも愛したいんだよ。」
「絶対嫌いにならない?」
「絶対だよ。好きでなければこんなところに入れたりできないよ。」
「私初めてなの。」
「僕もだよ。君以外の女とこんなことしたいなんて絶対に思わないよ。」
「本当に初めてだから優しくして。それから絶対に嫌いにならないでね。」

と言うので、幸代の膣から流れ出した彼女のジュースと私のスペルマを彼女のアナルに塗りつけ、ゆっくり挿入しました。
彼女は恥ずかしさと快感で身体をブルブル震わせ、あっという間にいってしまい、私もそれを追いかける様に、彼女の直腸にスペルマをぶちまけました。

ペニスを抜き取り、幸代に
「ほら、幸チャンのウンコが付いているよ。」というと、
「お願いだから言わないで。早く綺麗にして。」と、恥ずかしがります。
その姿を見ていると、益々興奮してきて、もう一度幸代の中にぶちまけたくてたまらなくなりました。

彼女をバスルームに連れて行き、ペニスを石鹸で綺麗に洗わせて、立ったまま後ろから彼女のバギナに挿入、そのまま高速ピストンで中出し。
彼女は「嫌いにならない?」を繰り返していました。
バスルームから出ても私の興奮はおさまらず、ベッドでまた挿入してしまいました。
そして、繋がったままで眠ってしまいました。

翌朝、さすがに繋がったままではありませんでしたが、もう1発中出しをして、二人とも前日と同じ服装で同伴出社しました。
無論、同僚たちは同伴出社とは知りませんが。

それからは、幸代は私に対する態度が変わり、同僚にバレルのではとひやひやしています。
また、電話の伝言メモには必ず「今日、***で。」とのコメントが付くようになり、嬉しいやら、辛いやら、複雑な心境です。

今回の初セックスでは妊娠はしなかったのですが、幸代は中出しでなくてはガマンできなくなってしまい、今後、ずっと妊娠の心配をしながらセックスを楽しまなければならなくなりました。贅沢な悩みですが。


PAGE TOP