無防備でビッチなネーチャンに欲情して生姦した姉弟●姦体験 【エロ体験告白】

去年はいろいろありました。

ありすぎました。

でもその前年は、もっといろいろありました。

夏休みの、その日、また猛暑日でした。

サッカーの朝練中からムレムレで、日が昇ると地獄でした。

体調を崩す仲間が増え始めたので、

明日の試合を考慮して、監督が早々に切り上げました。

僕は家に帰って、明日のために、

部屋の中でスパイクの手入れをしました。

お昼過ぎです。

「ともゆき、ともゆき!」

風を通すために、開けておいた入口をふさいで、

姉が突っ立ってます。

上手く説明できませんが、

立地の関係で僕の部屋は、入口を開けないと風が通りません。

扇風機もなくて室温が上がります。
「暑いよ、そこ退けよ。」

僕はイラッとして、姉に言いましたが、全然聞いてません。

「クサッ!臭いよココ。何やってんのよ、アンタ!」

「見たら分かんだろ。何だよ!」

会話が噛み合わないので、暑さも手伝って、

さらにイライラしました。

「ちょっと、ちょっと来てヨ。」

バカ姉は、手をばたつかせて僕を誘いました。

僕の部屋が暑いもんだから、決して入ろうとしません。

相変わらず入口をふさいでいます。

姉は、上はキャミで、下はパンイチでした。

バタバタしながらノーブラのオッパイをブルンブルン揺らしています。

ホントにバカです。

僕は、まだスパイクを片っ方しか手入れしてなかったけど、腰を上げました。

バカが全然待ってくれないからです。

姉はせっかちで、その上言い出したら聞きません。

姉は僕を自分の部屋に引っ張り込みました。

中は腹が立つほどクーラーが効いてました。

自分だけ父にねだって、ちゃっかりつけてもらったのです。

ホントに頭に来る姉です。

姉が部屋に入るなり、いきなりキャミを脱ぎだしました。

何にも説明しないまま、僕の目など気にもせず、

ブルブルさせていたオッパイを、何の躊躇もなくボロンと放り出しました。

「何やってんだよ、弟の前で!」

僕がイライラしてるのに、バカはマイペースを崩しません。

姉はサイズを絶対教えませんが、まだ高一のくせに腹が立つほどイイ身体です。

僕は悔しいけど、半立ちしてしまいました。

ムカつきます。

バカ姉は後を向くと、僕に背中を見せました。

「ほら、ともゆき、ココ、ココ!」

「何だよ、きったねえ背中、見せんなよ。」

「だってホラ、見て!背中、剥けてるのヨ~。気持ち悪い。」

夏休みに入ってから、

プールやら海やらで遊びまくった身体の皮膚が、日焼けしてました。

その皮が白く剥がれだして、ズルズルになっていました。

「うわっ、気持ちワル~。水ぶくれが破けて汁が出てる~。」

「ヤダ~、気持ち悪いコト言わないで。」

「気持ちワリ~のは、コッチだよ。日焼け止め塗ってんだろ。何だよこのザマは?」

「お願いともゆき、何とかして!」

「何とかって、何だよ?」

「綺麗に剥くとか、はがすとか、」

「剥くも、はがすも同じだよ!」

バカがうつるので、さわりたくなかったけど、浮き上がった皮をつまみました。

ペロッと剥がすと、ビキニの日焼け跡が妙にエロい肌が出て来ました。

水ぶくれの汁が伝い落ちるのも妙にエロくて、僕は勃起してしまいました。

でも姉は気づいてません。

「そうそう。そうやって綺麗にして。」

姉は、僕がやりやすいように、床に寝そべりました。

僕は座ると勃起がバレるので、腰をひいて四つん這いになりました。

姉の背中は、ブツブツに破けた皮が所々にくっついて、

まるで湿っぽい蛇の抜け殻のようでした。

それに手の跡らしきものがついていて、気持ち悪さ倍増でした。

まるで心霊写真みたいです。

「気持ち悪いなぁ、何だよこの手形?」

「えっ?」

「『えっ?』じゃね~ヨ。手形がいっぱいついてて気持ちワリ~ってんだよ!」

僕は、友達同士でふざけて手形をつけたんだな、と思いました。

バカ姉と仲が良い、『まちゃまちゃ』に似たバカ友がいたからです。

バカはバカを呼ぶのです。

つるんで恥ずかしいコトばっかりしています。

「あ~、…残ってたんだぁ。」

俯せの姉はくぐもった声で言いました。

はみ乳状態の脇に、汁がツーっと垂れました。

「何したんだよ?こんなんなって。」

「ん~?3Pよ、3P。木陰でも、外にいたら焼けんだね~。」

ホントにバカな姉です。バカだバカだとは思ってましたが、

ホントにバカだとは思いませんでした。

普通、堂々と『青姦』やったなんて、弟に言うでしょうか?

それに、正確には『6P』でした。

男4人とバカ二人で海に行った時に、

2対1同士でヤッたらしいです。

要するに乱交です。

エロい裸を見せつけといて、さらに触らせといて、

さらに中2の妄想を掻き立てるようなコト言うなんて、

このバカ姉は何考えてるんでしょうか?

「…んなコト、普通バラすか?」

「大丈夫、大丈夫。ちゃんと貰うもん貰ったから。」

また話が噛み合いません。

聞いてもいないのに、その時の様子を事細かに話し出しました。

弟が童貞だと知っていて、バカ姉はヤリマン自慢をしてるのです。

僕は悔しいので、興味ないふりをして手を止めませんでした。

が、話が生々し過ぎて、僕は短パンの裾から、

勃起チンポを起立させてしまいました。

僕は、『ヤバいっ!』と思い、

バレないように必死でニョッキリを隠そうとしましたが、

押さえている内にかえってギンギンになってしまい、収まらなくなりました。

「何してんの?ともゆき…」

姉が振り返って、様子がおかしい僕を見ました。

僕のチンポはガッツリ見られてしまいました。

「…ともゆき、あんた、デカいね…」

慌てて隠そうとしましたが、痛くて短パンの中に戻せません。

どうしようもないので、手で押さえているしかありませんでした。

その手を払いのけて、バカ姉がチンポを握ってきました。

ギンギンに張った亀頭を手の平で包まれると、

僕はビクッと反応してしまいました。

自分でオナるのとは全く違う感触で、

バカ姉に触られたくらいで、こんなに感じるなんて思いませんでした。

姉に触られる度にビクンビクン反応してしまいました。

姉は柔らかくチンポをこすると、力の入らなくなった僕を仰向けにして、

パクッと咥えてしまいました。ヌルっとした感触がしたと思ったら、

僕は『あっ』と言う間もなく、口の中に出してしまいました。

姉は僕の精液なのに、ゴクンゴクン飲みました。

僕は背中から脳天に突き抜けるような快感に襲われ、姉に吸い込まれる度に、

「あっ、ああ~っ」

と、女の子みたいに声を上げてしまいました。

姉の咥え方は物凄く気持ち良くて、

亀頭を舐められる度に、僕の身体か勝手に反応して、

腹筋が痛いくらい痙攣しました。

姉が無言で僕の上に乗りました。

ウンコ座りで腰を下ろし、パンティーの股布を片手でよせると、

何のためらいもなくズルズルッと挿入してしまいました。

僕はまた女の子みたいに声を上げてしまいました。

まるで腰から下が全部、姉のマンコに飲み込まれた感じでした。

ゆっくりと腰をゆすりだした姉が、ため息まじりで、

「ともゆき…」

と、僕の名前を言いました。

その声を耳にしたとたん、

またチンポの奥から射精感が駆け上がってきました。

僕は姉のオッパイをわしづかみにして、ベッドに突き飛ばしました。

亀頭がマンコから抜け出すと、

間髪入れずに精液が僕の顔にまで飛び散りました。





PAGE TOP