寝ている妹に悪戯したら見つかっちゃって…【エッチ体験談告白】

あれは中学2年の時、受験勉強をしていた夏のことでした。妹は小学生5年でした。
狭い家なので子供部屋はありません。
ですから私はダイニングのテ-ブルでいつも受験勉強してました。
ダイニングル-ムに隣接する和室で一番ダイニングル-ム寄りに妹は寝ていました。
ふすまは暑いので開けたままです。
妹は寝苦しいのかふとんをはだけて寝ていました。
寝間着(パジャマではない)がめくれ上がって、パンツ剥き出し状態が常でした。
その姿がちらちら見えるので、いつも気になっていました。
ふっくらと盛り上がったパンツの中央にクッキリ縦に食い込んだ溝が見えます。
どうしても中が見てみたいという衝動に負け、ある晩行動に出ました。

大股開きになっている妹のパンツの股間部分の端を指でつまみ、少しづつ引っ張り、端に寄せました。
暗いせいもありますがツルツルのそこは想像してたより黒いというのが印象でした。
それから数日は同じように見てはトイレでオナニ-をする毎日を過ごしました。
慣れは恐ろしいもので、だんだん私は大胆になっていきました。
指を入れたり、拡げて見たりしました。それでも妹は起きませんでした。
ある日の事、どうしても舐めてみたいと思い、最初は怖々舌先で舐めました。

起きる様子が無いので、私は左手で自分のペニスを擦りながら、口いっぱいに含み夢中で妹のアソコをしゃぶり続けました。
いきそうと思ったちょうどその瞬間、妹が目を覚ましました。
「おにいちゃん、なにやってるの。」
と寝ぼけた妹の声で慌てて私は身を引きました。
歯止めの効かない私のペニスは妹の目の前で暴発してしまいました。
慌てて私はザ-メンのしたたり落ちるペニスを握りしめトイレに逃げ込みました。
直ぐ戻るのが怖くて、私はトイレットペ-パ-で念入りにペニスの後始末をしてからダイニングへ戻りました。
妹は何も無かったように寝ていました。

それから数日後、私は昼寝をしている時に下半身の変な感触で目を覚ましました。
どうやら妹が私のペニスを玩んでいるような状況のようです。
私は眠ったふりをし続けました。擦ったり舐めたりしているようです。時々痛かったりするのでいく所まではいきません。
私は妹が母に数日前の事を話すのではないか?もう話したかもしれない?
という事が気になって、気持ちいいどころかヒヤヒヤしてました。

私は妹への借りを返すような気持ちで飽きるまで寝たふりをしておもちゃとしてペニスを提供しました。夕食時、何も知らないふりで食卓につきました。
さんざん触られたペニスは少しヒリヒリ痛みました。

その週の終わりに妹と二人になる状況が出来たので妹に聞きました。
「この間、兄ちゃんが昼寝してた時にチンチン触ってたろ?」
「お返しだもん。」
「兄ちゃんが栄子のおまんこ触ったのお母さんに話した?」
「そんな事、お母さんに話せないよ-。」
「じゃあ、時々二人で触りっこ舐めっこしようか?」
「いいよ。」

パ-トで母が帰るのが6時過ぎなので、学校から帰ってから毎日私達はこの触りっこ舐めっこをしました。
それだけでは物足りない私が妹に挿入するのは直ぐでした。
さんざん舐め回したおまんこにチンチンをあてがいました。
先端に感じた暖かさに感じて入らないまま射精してしまいました。
妹に舐めてもらい復活させ、二度目でようやく中に入りました。
痛がるので、毎日少しづつより奥へ、より長く入れるようにしました。
最初はコンド-ムを買う勇気も妊娠への恐れも持ってなかったので、毎日中へ射精してました。

妹が中学1年の半ばになってから、妊娠が心配なのでコンド-ムを付けるようにしました。
それまで1度も妊娠せずに済んだのはラッキ-だと思います。
フェラチオを覚えさせて、時間が無い時は口の中でいって精液を飲ませたりもしてました。
私が高校2年の時、彼女が出来き妹とSEXしなくなると、妹も彼を作りました。
それまでは兄妹でのSEX三昧でした。よく両親に見つからなかったものだと今思うと不思議な位です。

私が26歳、妹が22歳の時に妹が結婚する事となりました。
結婚相手の男と会わされた時は嫉妬と言うよりも、
「妹に幸せになって貰いたい。」という気持ちと「なんにもこの男は知らないんだろな-。俺が
先に頂いちゃったぜ-。」って気持ちでした。
その妹が離婚したのはその半年後でした。原因は男の浮気でした。
妹が引越をするので、妹夫婦が住んでいた家から荷物の運び出しをしました。
妹の新しいマンションに荷物を運び終わり、帰ろうとすると妹が後ろから抱きついて来て
「今日は帰らないで。」と泣くのです。背中に当たる妹の乳房の大きさは昔抱いた妹のもの
とはまったく別ものでした。片づけが終わってない部屋の真ん中に布団を敷いて、翌日の夕方まで
何度も私達はお互いを求め合いました。
別れ際、妹が言いました。
「お兄ちゃん、また たまには泊まりに来て。」
「あの男がした数より沢山してやるから早く忘れろよ。」
「うん。」
なんて会話をしたと思います。
それからは私のマンションよりも会社に近い事もあり、週3回は泊まるようになりました。
関係は妹が27歳で再婚するまでの5年続けました。
この間、二人はありとあらゆるSEXを楽しみました。
まず、絶対妊娠しないように妹に子宮リングを入れさせました。
これにより何時でも何処でも出来るようになりました。

一晩で何回もする時は「妹の中を私の精液でいっぱいにしてやる。」と思いっきり中でいきました。
挿入したまま眠って、目が覚めるとまたしてという具合に一緒にいる時はしっぱなしです。
アナルセックスもしましたし、遊園地の観覧車の中でしたりという屋外でのSEXもしました。
でも私の中では「いつか妹は誰かよその男のものになる。」という醒めた考えもありました。
どうせ別れるのなら何か妹に私の痕跡を残したいと思いました。
そこでピラピラを吸ったり、引っ張ったりして大きくしようと思いました。
私はアソコを舐めるのがとっても好きです。嫌がらないのであれば何時間でも舐めています。
その甲斐あって引っ張ると片側で4cm以上の長さになりました。
「兄ちゃんのせいで、こんなに成ってお嫁に行けない。」
と言われてましたが、
「なら行かなければいいじゃん。」
と言うとまんざらでもなさそうに妹は微笑してました。





PAGE TOP