久しぶりに会う姉が綺麗になっててムラムラして我慢出来なくなった【エロ体験談】

地方で就職した姉が出張で東京に来た。

ホテルに泊まればいいのに、
久しぶりだからと俺の部屋に泊まっていった。

元々仲が良い姉弟であったけど
お互い仕事が忙してく、会うのは5年ぶりぐらい
久しぶりに見る姉は化粧して
ちゃんとした服装してたってこともあるけど
メッチャ綺麗になっててビビったw

仕事の取引はうまく行ったようで、
東京最後の夜には祝いをかねて近所の居酒屋で飲んだんだけど
姉ちゃんは上機嫌でやたらと飲んでた。

姉ちゃんは泥酔はしてなかったけど
足許がフラフラしていて、近所だからタクシー使わず徒歩で帰ったけど、
抱きかかて歩くと姉とはいえ女の体だからムラムラするのな

ろれつも回ってないししゃべり方も甘えたような声を出すし、
はっきり言って酔った姉ちゃんはかなり可愛かった。

どうにか連れ帰ったら床に寝転がって動こうとしないから
抱きかかえてベッドまで運んで、
着替えさせるために服を脱がせたんだけど
ブラウスのボタン外して、
スカートを脱がせたらかなりドキドキして、
パンストも脱がせて下着姿にしたらもう我慢できなくなって
パンツを脱がせておまんこを舐めた。

姉ちゃんは足をバタバタさせて抵抗してたけど、
構わず舐めてたら感じ始めた。
濡れてきたから指を入れて、
中をかき回しながらクリを舐めたら本格的にアンアン感じ始めて
その声を聞いたら入れたくなってきたからズボンを脱いだ。

姉ちゃんは「それはダメ!」って言って逃げようとしたけど、
押さえつけて無理矢理入れた。

しばらく彼女がいなくてセックスは久しぶりだし、
興奮してるからメッチャ気持ち良かった。

入れて腰を動かしてたら

姉「ゴム付けてないでしょ? 生はダメ」

俺「じゃあゴム付けたら入れて良いん?」

姉「付けてもダメ」

俺「じゃあこのままやる」って言って腰を動かしたら

姉「ゴム付けたら入れて良いから!お願いゴムを付けて」

ゴムはベッド下のカゴに入れてあるので、
ピストンしながら手探りで見つけて、
封を破ってゴムを取り出して抜いてすぐかぶせてまた挿入。

逃げられないように手早くやったけど、
姉ちゃんは観念したのか、
逃げるそぶりも見せずにゴムを付けて
おまんこに入れる所をじっと見てた。

ゆっくり出し入れして奥まで突いてると
姉ちゃんは声をおさえようとしていたけどはぁはぁ言って感じていた。

奥まで入れて、さらにねじ込むように動くと
「ああ、そこ、そこ」と声を出していて、
「もう行きそう」って俺が言うと「まだダメ」ってなっていた。

多少我慢したけどそのあとすぐ射精。

ザーメン出したら賢者タイムに入って
後片付けタイムが一番気まずかった。





PAGE TOP