銀行員の人妻は欲求不満のM女でザーメンをアナルに入れられ喜んでました 【エロ体験告白】

話は2、3ヶ月前の話になります。

その日は仕事帰りにいつも使っている出会い系サイトで良い子を探していました。

するとMなのでたくさん突いて欲しいと書き込みを行っていた

伸枝という子からメールが返ってきました。

わずか1時間位やりとりをして

アド&写メ交換をして逢う約束をしました。

[adrotate group=”1″]

伸枝は29歳で銀行員の妻でした。

平日の昼間に待ち合わせ場所に行くと、

写メよりも数倍可愛い子が立っていました。

俺は心の中で小さくガッツポーズすると、

その子に「伸枝ちゃん?」と聞くと「うん」と答えてくれました。

車に乗り込み1時間位ドライブをしてから

近くにあったファミレスで遅めの昼食を取りました。

そこで話を聞くと3ヶ月位旦那とはレス状態で、

旦那は出会い系にハマってると話してました。
「これからどうしよっか?ホテルでも行こうか?」

と聞くと小さく頷きました。

再び車に乗り込みホテルを探してました。

俺はどうしても早くしたくなり、

車を運転しながら伸枝の胸を軽く触り始めました。

それから伸枝の服を捲くりあげてブラをずらし胸を露出させました。

運転をしていたのでチラッとしか見えなかったけど、Cカップ位の美乳でした。

手探りで乳首を探して軽く摘むと

「はぁぁ」と気持ち良さそうな声を出しました。

しばらく胸を堪能したあと、

ワレメの方に手をやりました。

足を開かせてゆっくりワレメを指でなぞると、既にお湿り状態。

パンティーの横からすっと指を滑り込ませ、

軽くクリトリスを刺激すると

「あっ、あっ……」と何とも可愛い声をあげました。

「もっと触ってあげるから、下着脱いでみて」

と言うと伸枝は腰を上げてパンティーを脱ぎました。

軽く指を舐めてあらわになったオ○ンコに人差し指をゆっくり挿入しました。

中は既に熱くなっていて、指を動かすと、

クチャクチャと何とも卑猥な音がしました。

「伸枝ちゃん、いやらしい音がしてるよ」

と言うと赤い顔をしてうつむいてしまいました。

更に「このいやらしい音はどこからしてる?ちゃんと答えてみて」

と言うと「あそこ……」と小さな声で言うので、

クリトリスを思いっきり摘み上げてやると、

「あぁぁぁ!おま、オ○ンコォ」と言い直しました。

ご褒美にまた優しくクリトリスを撫でてあげると、

「気持ち良いよ~」と言い、感じる様子でした。

俺も悶々としてきたので、

近くにあったスーパーの立体駐車場に車を止め、

二人で後部座席に移動しました。

「どうして欲しい?」と伸枝に聞くと、

「入れて欲しい……」と言いました。

「入れて欲しいなら、どうすればいいかわかるよね?」と言うと、

俺のズボンを下ろしはじめました。

カチカチになった俺の愚息を見ると

「大きいね~、舐めてもいいかな?」と嬉しそうに聞いてきました。

俺が答える前に伸枝は既に喉の奥深くまで咥え込んでいました。

しばらく伸枝のフェラを観察しているとたまに目が合いとても興奮しました。

伸枝のフェラはとても上手で

かなりの数のチンポを咥えてきたのがうかがえます。

ちんぽの上から涎をタラッと垂らしたり、

玉を舐め口に含みながら竿はしっかり手でしごいたり。

気を抜くとすぐに発射してしまいそうです。

「ジュボ、ジュボ、ジュボ」とリズミカルに激しく咥え始め、

いかせようとしてきたので、持ってきたバイブを見せてあげると、

初めて見たのか不思議そうにバイブを見つめていました。

「舐めてごらん」と言うと俺のチンポを口から出して少し躊躇

ながらバイブを舐め始めました。

俺は伸枝の後ろに回り既にビショビショに濡れているオ○ンコに

指を2本突っ込み思い切り中をかき混ぜてやると、

いきなり潮を吹きました。

構わずかき混ぜ続けると

「止まらない、止まらないよ~」と言いながら、

潮を吹きまくってます。

俺の服と車のシートがすっかり汚れてしまいました。

「あ~あ、こんなに汚してどうしてくれるんだよ」と言うと

「ご、ごめんなさい。気持ち良過ぎて、つい……」

と申し訳なさそうに言いました。

俺は伸枝に罰を与えようと思い、

さっきまで伸枝が舐めていたバイブを取り上げると、

さっき潮を吹いたばかりのオ○ンコにねじ込みスイッチを最強に入れました。

すると「いやぁぁぁ、また出ちゃうよ~」

と言いながら腰をくねらせてます。

「そのままバイブを入れたままパンティーを履いて」

と言うと「え?何で?」と聞かれました。

「ちょっと喉が渇いたから飲み物買ってきてよ」と言うと

「入れたままじゃ無理だよ~。音が周りに聞こえちゃ……」と

拒否してきたので、

バイブを掴んで数回出し入れてしてやると

「わ、わかったから、い、行くから……」

と必死に俺の手を掴んで止めようとしてます。

バイブを掴んだ手を離すと、

オ○ンコにバイブを咥え込んだまま下着を履こうとしてます。

履き辛いらしくバイブが邪魔をして下着が上まで上がらなくなっていました。

俺はどうせならと思いローターも持ってきていたので、

丁度車の中にあったガムテープでローターを

伸枝のクリトリス付近に固定してスイッチを入れてやりました。

伸枝のパンティーはローターとバイブでゴツゴツしており、

モーターが回る音が重なりあってました。

伸枝は車を降りようとした時、足に力が入らないのか、

いきなり地面に座り込んでしまいました。

「これじゃ~歩けないよ~」と言うので

一緒に行ってあげる事にしました。

伸枝は俺の腕にしがみついて、

下を向きながら必死に歩いていました。

周りの目が気になるらしくキョロキョロしています。

なんとか飲み物を買い車に戻ってくると

「ねぇ早く抜いて、お願い、お願いだから。もうおかしくなっちゃうよ~」

と言ってきました。

「じゃあ5分以内にフェラでイカせてくれたら抜いてあげる」

と言うと「うん、がんばってみる」と伸枝は言いました。

さっきより更にねっとり舐め上げては、

奥深くまで咥え込みディープスロートでイカせようとしています。

しばらくして、俺はイキそうになると

「そろそろイクからな。ちゃんと全部飲むんだぞ。」

と言うと返事にならないような声を出しながら頷きました。

俺は伸枝の頭を掴み思い切り腰を突き出すと喉の奥に発射しました。

ようやく発射がおさまり伸枝の口からチンポを抜くと

涎かザーメンかわからいものが糸を引きました。

伸枝はなかなかザーメンを飲み込めず口の中に溜めたままでした。

時計を見たら5分を切っていたのですが

「残念、少し間に合わなかったからバイブはそのまま入れてホテル行こうね」

と言うと半べそ状態でコクンと頷きました

やっとホテルに着くと伸枝はグッタリして、

パンティーはバイブをつたってきたマン汁でビショビショに濡れていました。

ローターを外し、バイブを引き抜いてやると、

バイブには白い白濁したマン汁がびっしり付着していました。

ベットに倒れ込んだ伸枝の腕を取り起こしてやり、

顔の前にチンポを突き出し仁王立ちしました。

伸枝はうつろな目でフェラを始めると再び深く咥え込んでいきました。

しばらくフェラを楽しんだ後、入れて欲しいかと聞くと

「早く入れて欲しい」と言いました。

俺は「伸枝のグチョグチョのオ○ンコにチンポをぶち込んで下さいと言え」

と伸枝に言うと、

恥ずかしそうに

「伸枝の……、伸枝のグチョグチョになったオ○ンコに……、コウのチンポをぶち込んで下さい……」

と言いました。

俺は伸枝を四つん這いにさせ、

立ちバックの状態にし、

生のままオ○ンコにチンポを沈めていきました。

伸枝は「あぁぁぁ、気持ち良いぃぃよぉぉ」と言うだけで

生を気にしてる様子は全くありませんでした。

ギリギリまで引き抜いて、

激しく奥まで突いてを繰り返していると、

伸枝は再び潮を吹いたらしくオ○ンコの中が水っぽくなり、

伸枝の内股を潮がつたっていきました。

俺はそのまま構わず突きまくっていると気持ち良くなり、

伸枝のオ○ンコにそのまま発射しました。

伸枝は俺が中出しした事に気づいていないようでした。

今度は伸枝に上になり騎上位の体勢になりました。

伸枝の腰使いは激しく、

自分が気持ち良くなるポイントを知っているようで、

俺のチンポを的確にGスポットへ当てていました。

さっき出したばかりなのに俺もイキそうになり、

下から伸枝のオ○ンコを突き上げてやると、

予想していない攻撃に「ひゃっ」と変な声を上げて抱きついてきました。

手で伸枝の乳首を摘み、

舌を絡めキスをしながら激しく突き上げると

「イクっ、イキそう~」と言いながら身体を痙攣させてました。

俺はまだイッてなかったので構わず突き続けそのまま

伸枝のオ○ンコに2度目の中出しをしてやりました。

二人共しばらくそのままの体勢で休憩した後、

今度は正常位でぶち込んでやりました。

伸枝のオ○ンコはマン汁と俺のザーメンでグチャグチャになっていて

何とも卑猥状態になっていました。

それを見て俺は興奮し、再び射精感が襲ってきました。

今度は伸枝の顔に掛けてやりました。

鼻と右目に少し入ったらしく苦しそうでしたが、

口を開かせそのままチンポを捻じ込んでやると、

美味しそうにお掃除フェラをしていました。

しばらくから伸枝が「何か垂れてきたよ~」と言い、

起き上がってオ○ンコを見てみると、

コポッ、コポッと言いながら俺のザーメンがアナルまで垂れてきていました。

それを見て俺は「勿体無いからアナルに入れておこう」と言って、

伸枝の両足を持ち上げ、

垂れてきたザーメンを指ですくってアナルに突っ込んであげました。

伸枝は「あ~あ、こんなに中で出して、出来ちゃっても知らないよ~」と、

全く警戒する様子がありませんでした。

その後も伸枝の旦那が帰ってくる時間まで中出しセックスを楽しみ、

計5発程注入してやりました。

伸枝とは2週間程してから、

もう一度逢って中出しセックスをした後、

こちらから連絡を絶ちました



PAGE TOP