好きな子に告られたその日に初体験を済ませた青春時代【エロ体験告白】

中三の一月。下校時刻になったので、俺(以下T)は一人足早に駐輪場にやってきた。チャリの鍵を外した時に、後ろから声をかけられた。
自分の数少ない女友達「K」だった。
彼女は白い息を吐きながら、その場に膝まついた。どうやら走ってきたようだった。
 
「いた…よかった…。」
『どうしたんだよ?息切らして』

彼女は少し間をおいて息を整えた。
そして一言、「会いにきた…」と言った。
『……なんで?』
「うん…ちょっとついてきて」

彼女はそう言って、俺の手を引いて校舎に戻った。
彼女はクラスでも明るく、日頃からウザいと言われる俺が声をかけても答えてくれる素直な子だった。
顔は上の下くらい。ソフトボール部だったので運動はできるし、体の肉付きが完璧で、胸は少し小さいがクラス内の人気も男女関係なく高かった。

彼女は俺をホームベースへ連れて行った(教科教室型の学校で生徒たちがたわむれる場として設置されていた)

「単刀直入に言うよ?」
『ん…なに?』
「Tが大好き。。ウチと付き合ってください…」

俺は押し黙ってしまった。罰ゲームか、それともドッキリか、そんな余計なことを考えていた。
20秒くらい(たぶんもっと長い)してから腹をくくって口を開いた。

『いいよ…俺も好きだし』
「ほんとに!?」
大きな声で彼女が言った。俺は『本気なんだ』と感じ取った。
『声でかい!!』
「ごめん。」
『本気で喜んでるなら…これで許してあげる。』

そう言って、俺は彼女の唇に唇重ねた。(Kが162で俺が170だからちょうどよかった。)
俺は上手いキスの仕方なる物を知っていて苦しくはなかったのでファーストキス(本気の)を存分に味わったが、
彼女は知らなかったようで10秒くらい無抵抗の後俺の胸を軽く叩いた。
また息を切らしている彼女をみて少し悪い気もしたが、素直じゃ無いので笑ってごまかした。

「いきなりすぎるよ…初めてだったのに」

そう言ってむすっとする彼女はむちゃくちゃかわいかった。
そこまでは良かったのだが、沸騰直前のムラムラが爆発しそうになった。
彼女の上目遣いが更に追い討ちをかけた。
友人のロッカーからコンドー君を持ってきてはち切れそうなMyマグナムを包んだ。
 
後は承諾を得るのみ。彼女は一言…

「いいよ…好きなようにして?」

あいにく俺の理性はぶっ飛んでしまい、Myマグナムはズボン下に着ているものを破ってしまった。(後で母に何したの?と聞かれたが、雪で滑って破れたと適当に言っておいた。)

そして、彼女の服の中に手を入れた。

Kはあまり重ね着を好まない方だった。中にきているのはTシャツとブラのみ。
手を入れて最初はブラのホックを片手ではずした。自分ではカッコよく、と思ったのだがKからはHだねと言われた。

胸はCくらいだろうか?運動部の女子にありがちな肩こり症状もなかった。柔らかく、俺の手にちょうどフィットするぐらい。大きい人にありがちな垂れた感じもなかった。右手でピンと張りつめた乳首をいじりながら、左手で彼女の体を支えてあげた。
Kは無言でときどき「あぁん、ぅぅ…」と小さなあえぎ声を上げながら俺を見つめていた。多分変態だと思ったろうなぁ…。

「恥ずかしいよぅ…」
としばらくしてKはいった。我に帰ってしまった俺はKのブラをつけ直してからトイレにいった。小便器にガマン汁が流れ出て、コンドー君が台無しになった。でも相変わらずのフル勃起状態でまたいつでてくるかわからなかった。
時計を見ると、先生の見回りの時間になっていた。しかし、帰るにはまだ早い。今日は金曜日だ…。まだ続きをしたくてたまらなかった。そこで、あることを思いついた。

俺んちにいこうとKにお泊りの承諾を得ようとした。このまま終わるわけにはいかない。
彼女からの返答はOKだった。一緒に出ると怪しまれるので、俺は帰る用意をしているKを駐輪場で待っていた。
やがてKがやってきた。いつもは友達とくるのだが、今日は一人できたのでちょっと新鮮だった。
自転車に二人乗り。後ろからまた胸の感触がして何度も体が揺れた。警察と学校生に見つからないようにマスクとニット帽を被っていったが、あるカップルに目撃されてしまったので、チャリをフル加速させた。

家について、直行でベットに向かった。Kの服を全部脱がせた。気温がものすごく低くて、Kもはにかみながら口が震えていた。

胸が汗ばんでいてぬるぬるした。もう下もずぶ濡れだろうと手を下にやった。案の定、触ってからの俺の手は濡れていた。

「ひゃん!…ぃやぁ…あん…あぁ…」
Kは小さく喘いだ。俺はクリを刺激しつづけた。まったく声も音も聞こえず、Kの喘ぎ声だけが耳に入った。
俺は無駄に知識は知っていて、すでに経験済みの従妹とクリの刺激の仕方を練習していた(半分命令)ため、指遣いが上手かった。

「あぁ!…イク…イッちゃう!」

Kの背筋がビーンと伸びてケイレンしていた。ホントにイってしまったようだった。

『もういい?』
「本番?…いいよ。」

俺はマックスフルブーストのMyマグナムをKと合体させた。

「あん!痛い!」
Kの体がひねられた。相当痛かったのだろう。(俺も皮がねじれてちょっと痛かった。)
Kの喘いでいる声がまたなんとも言えなかった。気持ちよかった。
Kもときどき感じているような顔をして、痛くなくなったのか最後のほうは自ら腰を振った。

『やべぇ…もうイクわ…』
「うん…あぁ…きて。」

俺は逝った。後から聞いたが、彼女は三回も逝ったそうだった。
彼女は処女を喪失して、俺は童貞でなくなった。

お互い服をきてゲームをしていたころ、母から「今から帰る」と電話があった。
会社からは約10分。それまでに彼女を送って帰るには無理があったので、隠れて家に泊めることにした。
おかげで、一日を通して物凄い肉体労働となった。

次の日の朝三時、彼女を風呂に入れてから家まで送り、服を着替えて二人で駅前へ出かけた。

月曜日、袋だたきにされたのは言うまでもない。。

長々とありがとうございました。


PAGE TOP