酔った女友達が人肌恋しいというから・・【エッチ体験談告白】

付かず離れずの関係の女友達がすっぱりと髪を切ったんで、理由を問い詰めようかなとか思って飲みに誘った。女友達って言っても中学の時からの付き合いで、幼馴染みたいな物だ。

中学の時は三つ編みにしていたし、高校の時はポニーテールやらツインテールにしてて中々男からの評判も良かった。彼女は自分の可愛さを自覚している奴で、高校の時はラグビー部やらサッカー部の奴を手玉に取ってた。

付き合って3ヶ月で別れたり、そういう奴。俺は中学から高校一緒になった時期に彼女を好きだったりもしたんだけど、まあとてもじゃないんだけど手におえないから諦めた。

実際よく喋るようになったのは大学生になって中学校の同窓会をやってから。両方地元に住んでるからそれ以降半年に一度とか、一年に一度位のペースで近況を報告しあうようになった。

本当に近所だから髪を切ったのも飯を食べてる時に親から聞いたくらい。

「今日パート帰りに会って少しお話したんだけどね」
「○○さんちの由香ちゃん。髪きったのねえ。」
「へえ。」(もぐもぐ)
「あなたも切りなさいよ」
「サラリーマンなんだからそんなむさい頭じゃ。」
「うっさいなあ。そんな長くないって。」

そんな話を聞いた後に久しぶりだなと思って、部屋に戻ってメールで「お久しぶりです。暇。飲み行かね?」と聞いてみた。すると10分後に「お久。行く。いつ?」という感じで一週間後、地元のお好み焼き屋に行った。

久しぶりに会ったら肩まではあったけれど、確かに髪は短くなってた。シャギーいれて、耳元にはピアス。髪を切るたびに後悔する俺と違って、まあお洒落な奴は何やってもお洒落なもんだなと思った。

「お久しぶり。」
「お久。先週お母さんと会ったよ」
「まだジャスコでパートやってんの?」
「もういい加減古株だよ」
「友達いるから辞められないって。」

学生の頃はこんな口調じゃあ絶対話せなかった。こうやって話せるようになったのも、近況を伝え合ったりできるようになったのも就職して、容姿でもスポーツでも金でもないものに俺が誇りを持てるようになったからだと思う。

ちゃんと話してみれば彼女はラグビー部やサッカー部の遊んでいる彼女じゃあなくて同級生の女の子だった。向い合わせの席に座ってぽっぽ焼きのイカとビールを頼んで仕事の近況報告。

「出張多くて参るよ。」
「あ、お母さん言ってた。」
「一週間の出張3連続」
「ワイシャツも何も無くなって大変だったよ。」
「へえ、私はデスクワークだからわかんないけど」
「なんかそういうのっていいなあとか思うけどね。」
「いやー別に上手いもん食える訳じゃないしね」
「入って2年目じゃ下っ端もいいところだし。」
あたりさわりのない話をしながらビールを3杯ほど。4杯目からは近所の話。

「青木君いたじゃん。紀子ちゃんと結婚したんだって。」
「マジで!?うちの中学これで3組目だっけ?」
「多分。多いのかな?」
「いやー、わからんけど」
「同級生ってだけじゃなかったらもっと多いかもな。」
「恐ろしいね。みんみんなんて子供2人目産まれるしね。」
「へー。」

あたりさわりのない話をしながらビールを2杯。お好み焼き屋の親父が話に加わる。

「うちの娘だって同級生と結婚したよ。」
「嘘、じゃあここからも近いの?」
「近いも何も魚正の息子と。一昨年。」
「えーーー。お好み焼き屋の娘と魚屋の息子が結婚したの?」

由香が噴き出すと、親父は「そうなるな。」はっはっは、と笑いながら言ってた。

そこでさらにビール一杯。そろそろ2人とも良い顔色になってきたから、河岸を変えることにして、15分位歩いて駅前のワタミに行った。

「ワタミって久しぶりだな。」
「俺は3日ぶり。」
「来過ぎ。それ。」
「だって家から近いじゃん。」
「なんか美味しいのあるの?」
「・・・・ないね。」

2人で笑いながら入った。日本酒とワイン一杯づつ。

「恋人は?」
「いないね。相変わらず。」
「あれ?大学の時いなかったっけ?」
「・・・君のことが忘れられなくてね。別れたよ。」
「うわ嘘だ。」

「泣いて捨てないでってすがりつく彼女に俺は言った」
「なんて?」
「こんな俺でも、待っている人がいるんだ」
「行かなくちゃいけない。・・・ってね。」
「カッコイイね。」
「ただいま・・・由香。」
「待ってないよ。」
カクテルとおつまみと日本酒を飲み始め、俺が聞きたかった本題に入る。

「お前どうなのよ。」
「私?私は別に。」
「髪切ってるじゃん。」
「気分です。」
「嘘だ。」
「う・そ・じゃないですー。」
「男じゃないの?」
「私は男じゃないですー。」
「か・み・を切った理由は男じゃないんですか?」
「違うもん。違うし。ぜっんぜん!違うし。」

ワインとチーズ。後サワーだったと思う。

「あれでしょ?こう、失恋したから切ったんでしょ?」
「違うし。振られた事なんてないし。」
「じゃあ振ったんだ」
「それで罪悪感で。やだね。汚れてるね。」
「ちがうっつうの。ていうか私処女ですから」
「男なんて知らないですし。」
「うわ・・・-。」
「何よそれ。」
「俺童貞。」
「大嘘つかないでよ。」
「俺のセリフでしょそれ。」
シメに日本酒とお茶漬けで終わりにして、いい加減に酔っ払った彼女と家路につく。

「いやーー相変わらずざるだね。」
「そっちもだろう。なんぼ飲んだよ今日。」
「わかんない。あーーふらふらする。」

そう言うと狭い坂道をジグザグに歩いてた彼女が急に手を取ってきた。胸のふくらみが押し付けられてきたけれど、正直酔っ払ってたからその感触がどのくらい柔らかかったのか。とかそういった事はあんまり覚えていない。

彼女がしがみついて来るようにして。俺は引きずるようにして歩いた。そして彼女の肩を抱くように抱えた。恋人と別れるとか、今の仕事の事とか。誰でも抱えているけど自分にとってはすごく深刻で。人に言うとチープになってしまう悩み。

そういったものに押しつぶされそうな気持ちは俺はよくわかった。俺は今よりもむしろ学生時代がそうだったから・・・・。「色々あるんだな。わかるよ。色々ありすぎてわかんなくなる事ってあるよ。」そう言って肩を抱えなおす。

もし俺の肩でよければ、いつでも貸してあげたい。そう思った。そうしたら彼女は上目遣いで俺の事を見て「何にもないのよ。」そう拗ねたように言った。

(゚∀゚)?
「は?」
「はーー。だから何にもないんだって。ここ1年位。」
「何にもないって?」
「1年前に大学の時の男と別れてから何にもないの。」
「事務職で周り子供2人とか3人とかいるおばちゃんばっか」
「仕事終わってもやる事ないし。」

酔ってる時独特の早口で捲くし立てられる。

「合コンとかは?」
「私あんまり友達いないし。」
「それ以外に出会えるようなところは?」
「あ、スポーツジム行ってる。」
「じゃあそこで。」
「マッチョ嫌い。キモイ。」
「マッチョばっかじゃねえだろ。」

坂を降りた所の公園に自然と足を向けてベンチに座った。

「だから?飢えてんの?」
そう言うと意外なほど素直に彼女は頷く。
「飢えてるって言い方悪いし。」
「人肌が懐かしいとか。」
「それもエロいし。」
「人のぬくもり、暖かさを感じたい。」
「そうそれ。」
「捨てられた犬みてえ。」
「うるさいわね。」

ベンチで足をぶらぶらとさせながら彼女はそう言った。

「でもそういうのない?」(語尾上げ)
「あるね。」
「なんかすっごいわかるよ」
「私最近。フランケンシュタインとか。」
「そうなんだ。」
「あたたかい声をかけてもらいたい。それだけなのにさ。」
「なんか切実だなオイ。」
「なんかこう・・・・」
「カワイイとかあんまり言われてないと老いちゃうよ。私は。」
「かわいいよ。」
「いいよもう。取って付けてるよもう。」

それでもいやマジマジ。というと彼女はまんざらでもない顔をした。男としてここで勝負に出るかどうかなんだけれど、酔ってる俺はあっさり勝負に出た。セクハラという手段で。酔った弾みで。隣に座り直して聞く。

「じゃあもう一人えっちバリバリっすか。」
「うえ?し、しないよ。何いってんの。」
「でも寂しいんしょ?」
「寂しくなんかないです。しません。」
「へーしないんだ。」
「うん。」

そういいながらじりじりと隙間を詰める。それでも彼女は間を空けなかった。近寄って肩を再度抱く。これで振り払われたらダメだろう。「な、なんで肩だいてんのよ。」上目遣いで睨んでくる。けれど振り払われはしなかった。

「いや、なんとなく。寒そうだし。足とか。」そう言って彼女を抱え込むようにして足に手を延ばした。すると「えーーちょっとまって。ちょっとまって。セクハラ?これセクハラ?」と小さい声で言って来る。

「セクハラじゃない。」
「じゃあ何よ。」
「セクシュアル・ハラスメント。」
「同じだし。」

足に手を這わす。「濡れてなかったらセクハラ。濡れてたらセクハラじゃねえってのは?」と言ってしまう。ああ俺はAVの見すぎだ。それは認める。けど今までの経験上、これで本気で嫌がらなきゃ大丈夫だって知ってた。

彼女は「濡れてません。」と俺の腕の中で小さな声で言った。

「じゃあ、賭けは成立?」
「濡れてないから私の勝ち。セクハラー。」

つうか完全に体抱え込まれてこれで濡れてなきゃ確かに負けだけど。「わかった。じゃあ確かめる。」そう言ってスカートの中に手を突っ込む。

「うわ、冷た。ってダメだって。それはダメだって。」
「確かめるだけだから。確かめるだけ」
「だからこれセクハラじゃないよ。」
「うわ嘘だよ。こっちの方がセクハラだって。」

足の付け根まで指を伸ばして下着を横によける。そのままなぞるように開くとすんなりと指は中に入った。「んっ!」と声を漏らし、その途端俺の腕を離させようと掴んでた指がきゅっと俺の腕を強く掴んだ。

指が入る程度潤んでたというだけで確かに濡れ濡れじゃあなかった事は確か。「こらっ。ってやー。」と両手を俺の腕に絡ませてくる。

「めっちゃめちゃ濡れてんじゃん。」
「嘘だ。」
「だからセクハラじゃないね。」
「わかったから、離してって。」
指を折り曲げる。
「あーーだめ。だめっ。」
「あ、ごめん、指抜けない。」

彼女を抱え込むような歪なかっこうで続ける。

「うわ、大嘘っんっ。もう。」
「わかった。わかったから。もう。んっ!」

懇願する調子でこっちを見てくる。

「何が?」
「ホテルいってあげるから。ね。」

耳に囁くように言って来た。無論俺は答える。

「なんで?いや、いいよ別に。」
「うわ・・・最悪だ・・・」

指をくいくいと動かす。とさっきまでとは違ってしっかりと濡れてくる。

「あーんっ!もうっ。すっっっごい恥ずかしいんだけど!」
「いや、セクハラじゃないからこれ。」
「セクハラだよ!!」

彼女の形のいい唇が半開きになって、良い声が漏れてくる。「ねえ、どうするのっ?ねえっ。もう離して。。」途切れるように言ってくる。

「ここでいっちゃえば?」と言った瞬間彼女はぎゅっと目をつぶり「だめ、絶対だめだって。誰か来たらどうすんの?」と言う。たしかに公園だったりする。

「じゃあ、どうして欲しいの?」
「離してって」
「だめ。」
「ホテル・・・」
「行きたいの?」

こくこくと頷く。

「ホテル行って何すんだよ。」と意地悪な事を言うと、彼女は俺から目線を離すようにして耳元に唇を近づけると「入れて。」とせっぱ詰まった声でうーと唸りながらそう言ってきた。

「入れて欲しいの?」
「うわーーーーもうっもうっ!」
足をバタバタとさせる。
「ね、恥ずかしくない?自分で言ってて。」
「恥ずかしいけど。」

それを聞くともう、わかったから。そう言って彼女は俺の腕の中に身を預けてきた。指を抜くと彼女は慌てて自分の服の袖で俺の指を拭ってきた。立ち上がってぱっぱと服を整えると「びしー」と効果音付きで頭を引っ叩いてきた。

「うわ、やられた。」
顔が真っ赤になっている。
「うわ、もう、すごい恥ずかしいよ。」
「何気に俺も。」

「ほら、行くよ。街道出てタクシー拾おう。」
「え?何しに?」

と言うと彼女は真っ赤な顔で両手を俺の頬に当てて。

「本気で言ってる?」
「あ、そうか。入れて欲しいんだっけ?」
「うわーーっもういい。もういい!みーー!もう!」

勢い良く向こうに振り返ろうとする彼女の腕を取って再度顔を近づける。そのままの勢いで唇を合わせた。

「んっ・・・なんかさ、手練手管って感じ慣れてる?」
「まさか。」

すべてこれ、近所の公園だったりする。タクシーから出て転がるようにホテルに入る。暖かくなっている部屋に入って、がちがちと当るようにキスしながらベッドへと倒れこんだ。

「酔っ払ってる?」
「俺は平気だけど。」
「私は酔ってる。」

うーと言いながら。腕をなぞるようにして。「うーーーもう、すごいかっこいい。気持ちいいっ。」そう言うと彼女はたまらないように口を半分開いて舌を出してきた。出した舌に絡みつくように舌を絡ませてくる。

「えーと、一年ぶり?」
「・・・もっと。一年半位かも。」
「今出会い系とかあるじゃん。」
「やだ。やりたいのにだって気分くらいあるのっ!」
「今気分?」

答えはなくって、んーーと舌を差し出してくる。「久しぶりで、処女みたいなもんだよ。もう。」そういってえい。と巴投げの要領で俺をベッドの上に引き上げてきた。

「濡れてる?」そう耳元で囁くと彼女は唇を離して、猫のように目を丸くしながら俺の下から這い出そうとした。

「どうしたどうした。」
「だめだめだめだめ。」
「ちょっと着替える。ついでにシャワー浴びてくる。」

立ち上がって風呂の方に行こうとする彼女を捕まえて、再度ベッドの中に転がした。「わっわっダメだって。」と言うが構わず一気にスカートを捲り上げ、下着の中に手を入れる。

「うわ、濡れてる。」
「だからダメだって」
「後ではけなくなっちゃうから。」
「じゃあ、今脱げよ。」

んう。と言いながらまた舌先を伸ばして、脱がせろと言わんばかりに彼女は腰を上げてきた。脱がせるのも、俺が脱ぐのももどかしくて、それでもちゃんとゴムは装備しながら彼女に重なった。

俺は詳しくはわからないんだけれど、彼女の体は香水の匂いがして。俺が入れた瞬間肩をすぼめるようにしながら腰と背中をぐぐぐうっとそらせた。

「っっあーーー。は、入った?」
「根元までしっかり。」
「うあんっやだっ。その言い方。」
「うわ、しまった。」
「なによ。」
「入れてって言わすの忘れた。」

やだもう、と言いながら彼女は俺の耳元に口を近づけていれてるじゃん、とそう言った。俺は「根元まで入ってる。」とリズミカルに動きながら彼女に言うと「もう、あんっ・・だめ。言っちゃ。」と恥ずかしそうに答える。

自分の動きに合わせて胸のふくらみが動いたり、彼女の唇から声が出てきたりするのを確認するように。あたりまえなんだけれど。

「すごい・・太い・・」
「・・・わかんの?」
「・・・わかんない。でも。」

そう言って彼女はぺろりと下を出すような要領で笑うと、笑いながら唇を求めてきた。

「あ、やばいもういきそう。」
「ん、っうんっ・・いいよ。」

目線をそらせて息を弾ませるようにして彼女は言う。今になって恥ずかしくなったかのように両腕で胸を隠すようにする。

俺は「えっと、今日は泊りで大丈夫?」と、いきたいのと、もっと楽しみたいのがない混ぜになったような気持ちで聞いた。そうしたら「絶対大丈夫じゃない。んっ!うんっ!」「でも、4時くらいまでなら大丈夫。」と言う。

だから23時位を指している時計に目を走らせながら、彼女はそう言って正常位の格好のまま本格的に腰を前後に動かしてきた。

それにあわせてラストスパートをかけるように、俺は上下に揺さぶるように動く。「んっんっ・・・あんっ」彼女は集中するように目をつぶって、俺に合わせるように腰を前後に動かす。

包み込まれるその感触と、視覚的エロさにすぐ追い込まれて「あーーやばい、いく。」と言った瞬間、彼女は胸を隠していた手を首に巻きつけて、ぎゅーーーっと絡み付いてきた。

その後、「やっちゃった・・・」と汗をかいた体をシーツに包めるようにして、わざとらしく後悔しているといった口調で彼女は言った。

「俺は本懐を遂げたんで。」
「私彼氏以外としたのって初めてなんだけど。」

うわ、恥ずかしいし。とそういって彼女は枕に頭を埋めてぶんぶんと横に振る。「彼氏以外ねえ。」と言うけど雰囲気的に反論とか今言ってはいけないような気がしたので、その時は黙っておいた。

「シャワー浴びてくる。」
「あ、うん。」
「4時まで、、だよな。」
「うわ、まだやる気・・・?」

シーツからぴょこんと顔を出してそう言った彼女はあんまり嫌そうじゃあなかったw


PAGE TOP