濡れたパンティーをずりネタに【エロ体験談】

居酒屋に女友達とのみに行ったときの話しだ。
酔いも進み「そろそろ帰ろっか・・・」と優子は言った。
おれは優子を家まで送ってあげる事にした。別れ際、何の前触れもなく急にキスをされた突然の事だった・・・。
オレはただ呆然と立ち尽くすだけで何も言えなかった。
そのあとオレは何食わぬ顔で帰ろうとしたが優子は「家に上がってお茶でもどう?」と言うではないかちなみに、
優子の家に上がった事は過去一回も無かった。オレは考えた・・・そして優子の言葉に釣られて家に上がりこんだ。
家に上がると、一目見て「優子の子っぽい部屋だなぁ」と思った。が、大量の洗濯物がたたまれもせず床に放置されているではないか・・・

洗濯物の中にはカワイイ感じの下着からかなりきわどい下着等も混在していた。オレは目のやり場に困った・・・

優子はそんなオレの様子を気にする事も無く上着を脱いでこう言った「飲み直そっか♪ビールでいい?」オレはうなずいた。

優子はビールを飲みながらどうでもいい話を話し始めた。仕事の話、友達の話・・・優子の酒のペースが上がって来た。
それに伴って酔いも進んでいった。オレもさっきのキスの事、そして目の前にある大量の下着類の興奮も手伝ってペースを上げた。

そして、オレは優子に質問してみた「さっきなぜ突然キスをしたのか?」と・・・
優子は少し黙ってから答えた・・・

「さっき、居酒屋で私の話親身になって聞いてくれたでしょ、だから池田君のこと好きになっちゃったみたい・・・」
優子はこう答えた、居酒屋での話しというのは、優子が付き合っていた男に先日フラれたという内容のものだった。

その話を親身になって聞いたオレに好意を持ったらしいのだ。優子はさらに続けた。
「前から池田君の事、ちょっと気になってたんだ」
オレは耳を疑った。そして残っていた缶のビールを飲み干すと少し思案した・・・。そして優子の様子を伺った。完全に酔っている・・・。

オレは行動に出ようと頭の中で決意した。オレは向かい合って座っていた優子に近づくと優子の胸に恐る恐る触れてみた。優子はセーターを着ていた。
優子の反応はあまり無かったが、触った瞬間に体を少しビクッとさせたのが手の感触から伝わってきた。

少し、愛撫を続けていると優子の息が上がってきた「ハア・・ハア・・」オレは次の行動に出た。
優子の着ていたセーターを脱がすと下はブラを付けているだけの状態だった。
ピンク色の可愛いブラだった。優子の様子に変化は無い・・・。完全にオレに体を許している状態だった。たまらずオレは優子のブラのホックを外した。

そしてブラを外した。優子は露わになった乳房を覆う事も無く、ただ遠くを見るような目でオレを見つめていた。オレは優子の目に色気を感じ理性が働かなくなっていた。

優子の乳房の形はかなり良いもので、推定でDカップ88cm位だったと記憶している。オレはあえて乳首を避け乳房の愛撫を徹底して行った。優子の息が除々上がっていくのがわかる。

ついにオレの手が乳首に触れた。指先がちょっと当たった程度なのに体がビクッと動いた。「あっ・・」声にならないような声が優子の口から聞こえた。オレは構わず左手で乳首を右手で乳房を責めた。

そして、乳首に舌を這わせてみると優子がたまらず声をあげた
「うっ・・あっ・池田君気持ちいいョ・・・ハアハア・・もっと触ってほしいの・・もっと舐めてお願い・・ハアハア・・」
オレはその言葉に興奮して
優子を押し倒し、乳房と乳首を手や舌で徹底して責めた。

「あんっ・・いいヨ・・・ハア・・ハア・・・あっ・・気持ちいい・・あん・・ハアハアそんなに・・ハアハア・・責められたら・・下の方が・・濡れてきちゃうョ・・ハアハア」
その言葉を聞き、オレの頭と体は爆発寸前で制御がきかなくなっていた・・・。

オレはついに優子の下半身へ責めの手を進める事にした。優子はミニスカートを穿いていたのでとりあえずミニスカートを脱がした。

優子は抵抗する素振を見せなかった。それどころか遠くを見るような目でオレを見つめていた「はぁ・・はぁ・・」優子の息遣いは、一層荒くなっていた。

優子の下着はけっこう小さいものだった。オレは手始めに下着の上から割れ目になぞって指を動かした。ビクッ・・優子の体が反応を示す。
割れ目をなぞるとオレの指に愛液だと思われる液体が付いた。優子は下着の上からでも解るくらい濡れていた。

オレは下着越しにクリに触れた。「アッ・・アンッ・・・」オレは下着越しにクリを徹底して刺激した。

下着からいったん指を離すと糸が引いた。優子の濡れ方はかなりなものだった。
オレは足を投げ出すような形で座り、優子を寄りかからせた。勃起したチンコが優子の背中に当たる。
オレは左手を優子の脇から滑り込ませ乳房と乳首を刺激した。
右手は太股の上を這うようにして下着越しのクリを刺激した。

「アッ・・アッ・・池田・・君・・気持ち・・イイョ・・ハア・・ハア・・あっ・・あんっ・・ハア・・ハア・・」
優子は自ら足をM字形に開いた。下着の上からでもこんなに濡れる優子がいるのか・・オレは心の中で思った。オレは優子の赤く火照った右耳を舌でチロッと舐めた。そして、優子に質問した。

「優子さんのおまんこいつから濡れてたの・・?」
優子は答えた「おっぱい揉まれて・・濡れてきちゃったの・・」
オレは直感的に嘘だと思った。もっと前から濡れていたに違いない・・・。

オレは意地悪に優子に聞いた「
本当はもっと前から濡れてたんじゃないのぉ~?・・・」
その問い掛けと同時に、オレは左手で力任せに乳首をつねり上げ、右手でクリを強めにギュッと摘んだ。
「いっ・・痛いっ!・・」
優子はたまらず声を上げた。

「解った・・解ったから・・ホントの・・事・・・言うから・・そんなに・・強くしないで・・」
オレは優子の言う事を聞かず強めの刺激を続けた。
「アッ・・痛いッ・・!」
「アッ・・ホン・・ホントは・・池田君にキス・・した時から・・少し・・濡れてたんだ・・ハア・・ハア・・・」恥ずかしそうに優子が呟いた。「ふ~ん・・・優子さんは淫乱な娘なんだねぇ~・・」
オレはそう言うと優子に下着を脱ぐように促した。

優子は、オレに言われるがままに下着に手をかけた。優子の下着はおまんこの部分だけが外から見ても解るくらいに濡れていた。
優子は、少し躊躇いながらも下着を下ろし始めた。そして脱ぎ終わると座っていたオレに抱きついてきた。

「お願い・・・ハアハア・・・もう我慢できないョ・・・」優子はオレに哀願する様な顔で言った。オレは、なんとも言えない色気を感じた。
オレは優子と抱き合うような格好で右手をおまんこに当てた。愛液が溢れ出していたらしく陰毛が濡れていた。

「こんなに濡れてるよ・・・優子さんはほんとに淫乱な優子だねぇ・・・」オレはそう言うと中指をおまんこの中に挿入した。
優子のおまんこの中は驚くほど濡れていて、中指が根元までヌルッと難なく入ってしまった。「アッ・・」優子が微かに声を上げた。

オレは人差し指も入れて2本の指でおまんこの中で動かした。「ヌチャ・・ピチャ・・・クチュ・・ヌチュ・・」指を動かすたびにイヤラシイ音がした。
オレは、Gスポを2本の指で刺激しつつ親指でクリを撫で回した。首筋から耳にかけて舌を這わせ左手で乳首をコリコリと摘んだ。

「あッ・・いい・・・・気持ち・・イイョ・・アンッ・・ハア・・ハア・・・ハア・・ハア・・・・あッあン・・イッ・あン・・・池田・・君・・すご・・きも・・・ち・・イイ・・・ハアハア・・」
優子は刺激する度にいやらしい喘ぎ声を上げた。

オレは優子の喘ぎ声を聞いてこのM優子を徹底的にいじめ抜いてやりたいと思った。俺はテーブルに目をやった。ボールペンが何本か置かれている。

オレは優子の足を開かせた。ボールペン3本をまとめて手にすると優子のおまんこに奥まで一気に挿し入れた。「ひっ・・痛っ!・・何を入れたの・・・!?」挿れた瞬間優子の体がビクッと反応した。

オレは構わずボールペンをおまんこの中でかき回すように動かした。
「あっ・・あっ!・・あんっ・・・いい・・・・いいの・・・・・すごく・・気持ちいいョ・・・・ハア・・ハア・・ハア・・ハア」

「優子さんは、こんな物でも逝っちゃうんだ~・・・オレのチンコ入れる前にこんなに逝かれたら持たないよ~?」と言いながら、
オレはいったんボールペンをおまんこの中から抜き、愛液がたっぷりまとわり付いているそれを優子に見せ付けながら舌で舐めた

「イヤッ・・・恥ずかしいから、そんなの見せないで・・・ハア・・ハア」オレは優子のおまんこに指を何本か入れめちゃくちゃにいじくり回した。
「イッ・・あっ・・・あん!・・」
オレはいやらしく笑みを浮かべながら言った。「ほら・・こんなに濡れてるじゃないか・・・・おまんこの中に入れば何だっていいんだろ?」

「そっ・・そんな事ないョ・・ハアハア・・わたし・・池田君のがほしい・・・」
優子は慌てて言った。
「オレのがほしい?オレの何がほしいの・・」
オレはおまんこの中で指を動かしつつクリも刺激しながらながら言った。
「池田君の・・勃起したおチンコ・・・・がほしいのぉ・・・・わたしのに・・わたしのおまんこに入れてほしいョ・・・」優子が答えた。

オレは興奮しながら優子を四つん這いにさせると前戯もしていないギンギンに勃起したチンコを優子のおまんこに突き刺した。
チンコは全く濡れていなかったが、チンコ先が少し入ると後は、ヌルヌルといやらしく濡れたおまんこに吸い込まれるように奥まで入っていった。

「あっ・・あっ入ってる・ハア・・・ハア・・・池田君の・・池田君のおっきい・・オチンチンが・・・・私の中に入ってる~・・・あ~・・あ~ン・・」
ガバマンだと思っていた優子のおまんこは思ったよりも締りがよくオレの勃起したチンコは締め付けられた。

オレは腰をわざとゆっくり動かしながら、両手で優子の乳房を揉みつつ乳首も責めた。
「あっ・・もっと・・もっとほしい・・」優子が言った。
「そんなにオレのチンコが欲しかったら優子さんがもっと腰を動かせば」
おれは冷めた口調で言った。

「いやっ・・もう・・恥ずかしいョ・・池田君の・・イジワル・・」優子は言った。
「ふ~ん・・なんで?」オレは少しピストンを激しくして突いてみた。
「いっあっ!あんっ・・いい・・気持ちいいョ・・池田君・・ハアハア・・」
優子が喘ぎ声を上げた。オレも逝きそうになったので、オレはまたゆっくりとした動きに戻した。

「もうっ・・池田君の・・・イジワル・・・」
そう言うと優子は自ら腰を動かし始めた。
「あっ・・あん・・いい・・あ・・あん・・いい・・・ハア・・ハアハア・・」

オレは腰のピストン運動を徐々に早めていった。
「ヌチャ・・ヌチャ・・・チャ・・・ヌチャ・・」
おまんことチンコの摩れるいやらしい音が小さな部屋に響いた。
「うっ・・オレ・・もうすぐ・・・」オレは優子に言った。

「あっ・・あん・・・コンドーム・・・付けて・・・・あんっ・・・タンスの一番上にあっ・・あるから・・・」
オレは、優子の言う事を無視して中に出す事にした。腰の動きを早める。
「ヌチャ・・・ジュポ・・・ヌチュ・・・ジュポ・・・」
「あっ・・あ~ん!ハア・・ハア・・ダメ~!お願い・・・ハア・・ハア・・外に・・・・外に出してー・・・!」
優子が言い終わる前に、オレは中にザーメンをぶちまけた。

その後オレは、セクロスの余韻を楽しむ事も無く、優子を裸のまま放置してティッシュでチンコを拭いた。

優子は放心状態でボーっとして何も言わなかった。
オレは服の乱れを直しズボンを履いた。そして、床に脱ぎ捨てられていたびしょ濡れのパンティーをポケットに突っ込むと優子の部屋を後にした。

自宅に着いたオレは1回しか抜けなかった事に後悔しつつ濡れたパンティーをずりネタにして2~3回位逝ってしまった。
ちなみに優子とはこの事があって以来会っていない。


PAGE TOP