確かにクンニする時の恥ずかしがり様は・・【エッチ体験談】

今はなくなってしまったが、豊○市の病院に俺が入院した時の話。
その病院には隣に寮があり、見習い看護婦さんが昼間は看護学校、 夕方から病院で働くという感じだった。
俺は20才の大学生だったのだが、入院患者は若い男が少なかったこともあって、看護学生たちは個室の俺の部屋へ来て、いろんな話をしてくれた。
最初、俺は重病患者だったからICUに入っていたのだが、その時に歯磨きを手伝ってくれたり、タオルで体を拭いてもらって、個室へ移った時には、若い見習い看護婦さん達も気さくに話せる仲になった。
そのうちの一人、背が低くてものすごく子供っぽい見習い看護婦さんが俺のことを気に入ってる、という話を別の見習い看護婦さんから聞いた。

俺はどちらかというと、そのことを教えてくれた見習い看護婦・良美さんの方が
気になっていたので、「ふぅ~ん」って感じ。

「ところで良美さんは彼氏はいるの?」
「寮に入って看護学校通ってたらそんな出会いの場なんてないよ」
「そうなんや… じゃ、忙しくて彼氏は今はいらないのかな…?」
「そんなことないよ!」
この時、ベットに寝ている俺と目がバッチリ合ってしまった。

夜中の病院の個室で二人っきりという状況だったし
お互い意識してたのはわかったいたので、良美さんの手を引っ張った。
寝ている俺の前に良美さんの顔が近づき、俺が顔を近づけると
自然な流れでキスしていた。 少し舌を絡めたキスの後の会話。
「Mさん(俺)は彼女は…?」
「いないよ。」
「じゃ…、あっ、でも、Sちゃん(子供っぽい見習い看護婦)はどうしよう…」
「しばらく黙ってればいいんじゃない?」
「…うん」
こんな感じで、入院中に良美さんとの付き合いが始まった。

俺の病気は日に日に回復し、歩いて病院の屋上で良美さんとこっそり合って
キスしたり、胸を触ったりしていた。
良美さんが夜勤だった時、夜中に俺の個室へやってきて、話をしていたら
エッチな方へいってしまい、俺のチンポを初めてしゃぶってくれた。
さすがにエッチは出来なかったが、この時はかなり興奮した。

1ヶ月の入院生活の後、俺は無事退院した。
その日は良美さんが看護学校へ行っている間に病院を出た。
まだ携帯もない時代だったので、何も言わずに退院したのだが
その日のうちに良美さんから自宅に電話があった。
病院のカルテを見て、自宅の電話番号を知ったようだ。
「何でなにも言わずに退院したの?」
「まだ通院はするしな… 誰かに気付かれたらマズイのかな…って思って」
「そうか…だったら安心したよ。もう会えないかと思った。」
「そんなこと考えてたんだ…」
「うん… 急にいなくなるから… でも退院出来たんだし、よかったね、おめでとう」
「おぅ、ありがとう。」

「ねぇ、明日はどうしてる?」
「明日は久しぶりに大学行くけど、夕方には帰ってくるけど…」
「私は明日は学校だけなんだ…会える?」
「そうか… 何か色々あったけど、まだデートしてないもんなぁ…」
「そうだよ… 会ってくれるの?」
「もちろん!」
こんな感じで初デートすることになった。

その日は駅で待ち合わせ、食事をして店を出た。
自然とホテルへ行く雰囲気になり、ラブホテルへ。
病院の個室では、胸を触るまでで、裸の良美さんを見たことはなかったので
キスから服を脱がせて、全裸にした時にはかなり興奮した。
良美さんは細身で胸はBカップくらいだった。
乳首を転がしながらパンティーの上からクリを擦っていると
切ない喘ぎ声をもらし、パンティーにやらしいシミが出来ていた。
パンティーを下すと、濃い陰毛が現れ、その下のおまんことパンティーは
糸を引くほど濡れていた。

良美さんはすごく恥ずかしがっていたが、乳首を両手で転がしながら
クンニを始めると、かなり感じてしまったようで、喘ぎ方がすごかった。
「あー、もうダメ、いっちゃう…」体を硬直させ、良美さんはイッてしまった。
「気持ちよかった?」
「すごく気持ちよかったよ…恥ずかしい…」
そう言って、今度は俺のチンポをフェラし始めた。

俺もかなり興奮していたので、フェラを中断させ、ゴムをつけて
良美さんの足を広げて、グショグショのおまんこに擦りつけ、挿入した。
その時、良美さんは何か言いたそうにしていたが、かまわずズズッ…
ヌルヌルにはなっていたが、かなり締りのいいおまんこだった。
でも良美さんの表情はクンニの時とは違い、少し痛みに耐えてる感じ…
「もう全部入ってるの…?」
「え? うん、ほら、すごく濡れてるから… いっぱいするぞ!」
「優しくして… 初めてなんだ…」

えぇーマジですか~!? 
俺はかなり驚いてしまった。

良美さんは高校を卒業して半年ほどの18才で、バージンでも不思議ではなかったが…
その割りにフェラもしてくれてたし、すごくよく濡れるおまんこだったし…
確かにクンニする時の恥ずかしがり様は、ちょっと、えっ?だったが…

「いいよ… して… 優しくして…」
「うん。」

気持ちよかったが、結局、俺はいかなかった。
チンポを抜いた時、シーツにもおまんこからも血が付いていた…

その後、良美さんと半年ほど付き合った。
俺が大学のサークル仲間で飲みに行ったり、遊びに行ったりしたことが
忙しい良美さんにとっては羨ましくもあり、かなりヤキモチを焼くようになった。
その都度、「私、バージンだっただよ…」
これが、俺には重荷になり、結局別れることにした。

あれから10数年、良美さんは今頃どうしてるのかな…と思ったりする。





PAGE TOP