妻に痴漢体験をお願いしようと考えています【エロ体験】

結婚5年を迎える夫婦です。
お互い共働きと言う事もあり、子供は作っていません。
しかし夜の夫婦の営みは人並み以上に回数を重ね、ちょっと激しさを増していると思われます。
年越しの日、私と妻(麻里32歳)は元朝参りに出掛ける準備をしていました。
毎年、車で30分程の神社にお参りに行くのが定番となっていました。
妻の着替える姿を見ながら”なぁ、痴漢ゴッコさせてよ”とお願いしてみました。
 「痴漢ゴッコって?」
 「神社人混みが凄いだろう!そこで痴漢体験させてよ」
 「もう!変態何だから・・・」
 「いいじゃん!盛り上がった所で、初エッチって・・・」
 「ん~いいけど・・・」

 「じゃ、ちょっと露出多めの服装にしてよ」
 「ちょっと寒くない?」
 「コート着てさぁ!何ならカイロ張って良いから」
そんなお願いをすると、妻はミニスカートを手に取り、ガーターベルト式のストッキングに
履き替えてくれました。
 「こんな感じでいい?」
 「凄く色っぽいし!5才は若く見えるよ」
 「もう!上手いんだから・・・」
車に乗り込み、いざ神社に向かうと予想道理に混み合っていました。
車を降りると人混みに流される様に神社の階段へ向かいます。
階段で妻に前を昇らせ、後ろから着いて行きながら上を見ると妻のパンチラが見えました。
”おっ!色ぽいなぁ”なんて思いながら辺りを見れば他の男性も妻のパンチラをチラチラ見ています。
白いTバックのパンティがお尻に食い込み更に凄く厭らしく見えるんです。
階段を昇り終え、神社境内へ向かう直線路も凄い人で中々進みません。
そんな中、私は妻の後ろに立ち、早速妻のお尻に触れました。

プルプリのお尻を撫でながら、ゆっくりとスリスリし、やがてスカートの中へ指を這わせるとアソコが既に湿気を増し、熱を帯びている様です。
生のお尻に触れながら、指先でアナルからおまんこにラインを撫でると、ネットリと汁が溢れていました。

所々に設置された照明塔が人々を照らしていましたが、私達の居る所は薄暗く、妻のお尻に私が触れている事は分からないと思います。
遠くで鳴り響く”カランカラン”と言う音と人々が”ゴチャゴチャ”と話す声!そんな中、妻は息を荒らしていました。

そんな時です。
妻のお尻からおまんこの方へ指を這わせていると、何か堅い物に当る感触を感じました。
その堅い物は妻のお尻からおまんこをなぞる様に動き、自分以外の痴漢だと直ぐに気づいたんです。
横を見れば50代の禿げ頭の男性が、ニヤニヤしながら俺を痴漢仲間と勘違いしている様で目で合図まで送って来たんです。

”妻が本当の痴漢に会っている”
そう思うと今まで味わった事の無い興奮が襲いかかり、股間は見る見る大きくなっていました。

痴漢も妻が声を出す事を警戒し、パンティの上から触れる以上の事はしません。
そこで私は妻のパンティのクロッチ部分に指を引っかけ横にズラして生のおまんこを曝け出させたんです。
痴漢も俺を見るなり”やるなぁ!”と言った表情でニヤニヤしています。

痴漢は直ぐに妻のおまんこの中へ指を指し込み、出し入れを始めていました。
妻も人前でおまんこに指を入れられるとは予想もしなかったのか?声を押し殺す様に、指を咥えていました。

痴漢も妻が抵抗しない事を知り、おまんこに2本3本と指を増やし、やがてクリトリスを刺激し始め、終いにはアナルにまで指を指し込んだんです。

照明塔で照らされる所では、痴漢も手を離し、また暗闇になると妻の陰部を弄るを繰り返し、数十分掛けて境内へ辿り着きました。
妻を挟んで私と痴漢が並ぶようにお参りをしました。

お参りを終え、妻が私に”もうエッチなんだから・・・”と耳元で囁く姿を見た痴漢が、不思議そうな表情で私を見つめていました。
車に乗り込むまで痴漢は妻の後ろを付いて来ていましたが、車に一緒に乗る姿を確認し、私達が夫婦だと知ったんでしょう!苦笑しながら見つめていました。

自宅に戻った私達は、玄関を入ると同時に激しいディープキスをし、何度も初エッチを楽しんだんです。
痴漢にハマりそうな私は、また妻に痴漢体験をお願いしようと考えています。


PAGE TOP