お互いの妻を見せ合って・・【エロ体験】

私は33歳で妻は32歳、結婚して5年になりますが、
付き合い始めたのが大学生の時からなので、
お互いのことは何でも知っているみたいなところがあって、
セックスも結婚しても、同棲が長かったんで、特別の変化もなく
いまではマンネリ化してしまっているんです。

しかし半年ほど前に街で大学時代の悪友とばったり再会して、
飲みに行ったのですが、彼とは大学時代に2人でクラブなんかで
ナンパしまくって、よく3Pや4Pをしたもので、今の妻とも
同棲はしていたのですが、もっぱら彼のマンションでバカ騒ぎ
したもので、今では懐かしい思い出なんですが、その彼と奥さん、
私たち夫婦と温泉旅行に行ったんです。

久しぶりの旅行で、熊本県の有名な温泉地に行きました。
私も彼も子供がまだいないので、大学時代の延長みたいな感じで、
でも驚いたのが、お互いの妻同士は大学時代に学外サークルで
一緒だったみたいで、顔見知りでした。

旅館はちょっと贅沢して離れの部屋を取っていたのですが、
久しぶりに学生に戻った感じで、大学時代のことを暴露しあったり
して、楽しい夜を過ごしていたのですが、彼と一緒に温泉に
つかっていると、お互いセックスがマンネリ化して、昔のように
セックスライフを充実させたいと、お互いの妻を興奮させてみる
ことを計画したんです。

いずれにしても同じ部屋で寝るので、そういう感じになるだろうと
思ってはいたのですが、だいぶ酒もすすんで、そろそろ寝ようかと
いうことになりました。

私も彼も計画がある以上、酔いつぶれるまで飲むことはできないし、
お互いの奥さんの裸を見せ合うし、セックスもできるので、
男だと急がないわけにはいけません。

ちなみに、私は正樹で妻は美保、彼は信也で奥さんは智香です。

いよいよ寝る時がやってきました。
部屋の電気を真っ暗にして、おやすみの合図で布団に入ったのですが、
いきなり信也と奥さんはキスを始めているんです。
舌と舌が絡み合う音が聞こえてきて、聞いてる私のほうが、
恥ずかしくて、でもだんだんと勃起しているのです。

「美保、愛してる」

私は妻にキスすると、妻もだいぶ酔っているので抵抗というより、
後から聞いた話ですが、まじかに男女のいとなみの音が聞こえてきて、
急にアソコが濡れてきていたみたいなんです。

隣の布団では、おそらく信也は奥さんの浴衣を脱がせて全裸に
しているみたいで、私も遅れないように、妻を全裸にして、
信也がやっているように、全身を舐めまわしていると、
お互いの妻の喘ぎ声がかすかに部屋中に響きわたり始めています。

ちょっと横を見ると、信也は乳首を舐めていて、目があったのを
合図に、まずは私が手を伸ばして信也の奥さんのおっぱいを
軽く揉むと、奥さんの喘ぎ声は大きくなっていくんです。

片方の乳首は信也が舐めて、もう片方のおっぱいは私が揉んで、
でも私も妻の乳首を吸ったり噛んだりしながら、愛撫はすすんでいき、
信也の奥さんはスレンダーのわりには、おっぱいは大きいというか、
柔らかくて、片手で収まらないくらいの大きさで、でも柔らかくて、
私のペニスの勃起度は100%を越えていました。

「信也、なんか今日、変なの」
小さな声が聞こえてきます。
「智香何が変なんだ」
「う、ううん、気持ちいいの、いつもじゃない感覚なの」

私が触っているから、感触は違うのでしょう。

「美保、信也の奥さん、けっこういい体してるぞ」
「え、な、なんでわかるの~」
「美保も触ってみるか」
私は信也に聞こえないように、耳元で問い掛けると、
美保はパッと目を開き、私の顔を見て、
「え、触ったの?」
「うん、今も触ってるよ」
「え、なんで、なんで」
美保は状況がつかめていないようだったのですが、横を見るよう
言うと、信也と奥さんのセックスシーンをまじまじと見ていた。

「わあ~、すごい、智香のおっぱいきれい~」
妻は私の耳元でそう言いながら、私たち夫婦の愛撫は完全に
ストップしていて、信也夫婦のセックスを見つめていた。

「美保もたまには違う男に触られたくないか」
「え、わたし、で、でも~・・・・」
「今日は4人で楽しもうよ、4人で旅行に来たんだから」
「う、うん、・・・・・」

私は信也の足を軽く蹴って合図をすると、信也は立ち上がり、
ギンギンに勃起したペニスを見せながら、私の妻の上に抱きつき、
キスを始め、私も信也の奥さんの上にかぶさり、キスをしながら
柔らかくて大きなおっぱいに吸い付いていた。

すると、お互いの妻の喘ぎ声がだんだんと大きくなり、
数分後には、それが乱交の場と化していた。

たまに妻以外の女性とセックスするのはいいが、その日は、
お互いの妻、公認のセックスである。ここにいる4人全員が
公開浮気をしているわけだ。興奮しない旦那はいないでしょう。

信也の妻の感度は私の妻の感度より比べ物にならないくらいに
男にとっては快感を感じる。

おっぱいも申し分ない大きさ、乳首もまだきれいで、アンダーバストも
かなりの差があるので、余計におっぱいが大きく感じ、なんと言っても
声がかわいい。

男の脳裏に気持ちよく浸透してくるボイスで、聞いているだけで、
私の股間はさらに勃起度を増す喘ぎ声であった。

私は久しぶりの妻以外の女性の体をじっくりと堪能するように
全身を舐めまわし、これ以上ないほどの愛撫を繰り返していた。

私の妻はというと、もともと感じやすい体なのですが、信也は、
さすがにテクニシャンで、妻の喘ぎ声は信也の奥さんの喘ぎ声よりも
大きくなっていて、あまり大きくないおっぱいであるが、
信也のテクニックと異様な状況と空間で、我も忘れているようで、
「そ、そこ、ああ~、こんなに感じるの初めて~」

信也の妻を私は抱いている以上、信也が私の妻を気持ちよく愛撫するには
文句は言えないが、初めて~、という妻の喘ぎ声を聞くと、私の日頃の
テクニックは信也に劣る様に感じ少しむかついたが、私の信也の奥さんの
おっぱいをこれ以上ないくらいに堪能していて、大人気ないと思った。

「あああ~、し、しんやさん、あっ、だめよ、そ、そこは~」
私は妻の喘ぎ声と信也がどこを愛撫しているにか、気になって
しかたなかった。どこを愛撫してるのか、どういうテクニックなのか
知りたくてしかたなかった。

「美保さん、ここも性感帯なんだね、いやらしい人だ」
「だめ、そ、そんなこと、言わないで~、真面目なの~」
「真面目な人がよその旦那に抱かれるかな~」
「あああ~、だめ、あああ~、そ、そこ、あっ、あっ、いくっ、いくっ」
妻は早々にイってしまったようだ。それもおまんこを愛撫せずに、
おっぱいと胸のまわりだけ、執拗に舐められての絶頂だ。

ショックは隠せないが、私も信也の奥さんを執拗に舐め続けたが、
テクニックじゃ信也に負けそうなので、おまんこを愛撫しながら、
指を2本おまんこに突っ込むと、
「あああ~、いや~っ、だめ、いっちゃう~っ、あああ~っ」

ようやく信也の妻は私のテクニックにより、絶頂に達した。
私のテクニックではそれが精一杯でしたが、絶頂に達したから
良しとしよう。と自分に言い聞かせながら信也を見ると、
私の妻の両足を持ち上げて今度はおまんこを愛撫しながら、
さらに足を上げさせて、アヌスを舐めまわっていた。

私は肛門、つまりアヌスには、うんこをいうものを想像するので
どうしても抵抗があったが、信也はいとも簡単にアヌスを舐め、
グチュグチュのおまんこに指をやさしく突っ込みながら、
丁寧にお尻の穴を舐めていた。

「ああ~っ、そ、そこは、ま、まだ、あ、だめ~っ」
「お尻の穴も感じるみたいだね」
「あ、だめよ、ああ~っ、突っ込んじゃだめ~っ」
信也はおまんこの愛汁を指に何回も十分になじませながら、
ゆっくりとアヌスに指を突っ込み始めていた。

「あっ、あっ、ああ~っ、変、なんか変なの~」
「どうしたの、何が変なの?」
「ああ~っ、あそこが・・・気持ちいいの~」
「どこが気持ちいいの?」
「あああ~、言えない~、ああ~、いや~、恥ずかしい~」
「恥ずかしがらずに言ってごらん」
「ああ~、あそこっ、あっ、お、おしりの・・・・穴~」
「美保さん、すごいじゃん、お尻の穴でイってごらん」
「あああ~っ、いやよ、あああ~っ、ああっ、あっ、あああ~っ」
妻はお尻の穴を愛撫され、同時にクリトリスも愛撫されていたが、
2度目の絶頂に達していた。

私はお尻の穴には抵抗があったが、温泉にも入っているので、
信也の奥さんのアヌスを信也と同じように愛撫すると、
「あっ、あっ、あっ、入れて~、お尻に入れて~」
信也は奥さんのアヌスをかなり開発してるみたいで、
初めて女性のお尻の穴を舐めて、初めて女性から穴に入れてと
言われ、今起こっている現実が信じられなかった。

私は奥さんのアヌスに濡れ濡れの指をゆっくり突っ込むと、
「あああ~、そう、そうよ、もっと、もっと激しく~」
またまた驚いた。もうAVで見た映像がそのまま現実になっていた。

信也の奥さんのアヌスに指を突っ込んで、奥さんは感じて、
私は指を出し入れしながら、おまんこの愛液で指を濡らせて、
さらに激しく指を出し入れしながら、信也がやっていたように
両足を大きく開いて、クリトリスがはっきりと見えるようにして、
クリトリスを一生懸命に舐めると、
「ああ~、ああっ、ああっ、もうだめ、いくっ、いくっ、ああ~っ」

奥さんはまた絶頂を迎えた。私としては信也のマネをして不本意では
あるが、奥さんが絶頂を迎えてくれたことは本気でうれしかったし、
なんかテクニシャンになったような気分で、男はセックスで女性を
満足させると非常にうれしいものである。それだけ単純ってことですが。

横の信也と私の妻を見ると、四つん這いにさせられて、両手をつかまれ
信也の腰の動きが、パン、パン、パンと聞こえて、それに合わせて、
妻の喘ぎ声というか、あっ、あっ、あっ、という喘ぎ声が、
信也の腰のリズムに合わせて、響き渡っている。

「美保って実はすごくいやらしいんでしょ?」
信也の奥さんに聞かれたが、
「今日はいつも以上にすごいよ、信也はテクニシャンだね」
「私、信也からセックスのこといっぱい教育されてね」

私と信也の奥さんはいったん休憩して、横に後ろから添い寝して、
信也と私の妻の美保のセックスを眺めていると、信也の腰の使い方は
AV男優以上にいやらしく、そして、普段は真面目な妻の喘ぎ声と
快感を感じているのだろう、色気が感じられ、いやらしい表情をしている。
ただ、どうしても自分の妻を他人がバックから腰を振っている姿は、
嫉妬するものがある。そして信也のペニスは私のより、幾分大きのが
はっきりとわかり、これが私の闘争本能をくすぶった。

そして信也の奥さんに濃厚なキスをしながら、濡れ濡れのおまんこに
そのまま挿入すると、
「あああ~、硬いの、ああ~、奥まで突いて~」
「すごいよ、グチュグチュいってるよ」
「ああ~、あなたのがすごいからよ」
「俺もいいよ、奥さんのおまんこ締りがすごいよ」

私と信也の奥さんの再戦が始まった。

私は特にセックスがうまいわけではないのですが、一生懸命に腰を振り、
心をこめて奥さんを愛して、さらにピストン運動を加速させると、
「あ~、なんか、変なの、変なの~」
「あ~、気持ちいいっ、どうしたの?」
「ああ~、腰が勝手に、勝手に動いちゃうの~」
「そう、そうだ、もっと腰を使って」
「あああ~、いや、出る、出る、おしっこが~・・・出そう~」
「出していいよ、全部出していいよ」
「ああ~、もうだめ、我慢できないっ、あっ、あっ、あっ~」
「俺もイキそう、ああ~、いくっ、いく~っ」
慌ててペニスをおまんこから引き抜き、奥さんのお腹の上に射精すると、
奥さんのおまんこから潮みたいなものが噴き出した。

私は奥さんとのセックスで信也と美保のことなんか忘れていた。
彼らは私達のセックスを見ていたんだ。それもずっと。
妻の美保は少し不満げな顔して私を見つめていて、信也は、
「久しぶりに凄いセックスを見せてもらったよ」

そう言うと信也は代われという合図を出してきて、
私達はお互いの妻の元に戻ると、妻の美保が耳元で、
「さみしかったよ、今日のあなたすごそうに見えたよ」
「ごめん、でも今日からは毎日セックスするぞ、覚悟しとけよ」
「いや~ん、またいろいろなことして私をいじめて」

今日の夫婦交換旅行で私達のマンネリ化したセックスが激変した。
私も男としてかなりの自信が出てきて、妻の美保を週に3回は抱いた。

時にはソフトSMを交えながら、ラブホに行ったり、野外セックスを
したりと、さまざまなところで妻とセックスをした。

その甲斐あってか、セックスをやりすぎたのか、
赤ちゃんができてしまったんです。喜び半分と激しいセックスが
できないという落胆が半分で複雑な気持ちです。

せっかく妻との性生活がうまくいき始めた時だったのですが、
子供を早く産みたいという妻の願いもあったので、結果的に
よかったと思うようにしています。

信也とはたまに飲みに行っったりしてますが、彼には感謝しています。
最近は信也と合コンを開いたりして、少し浮気もしてます。

でも不思議なことに、女性にもてたいと思ってない時って、
もてるんですよね。セックスのテクニックだけは向上させていかなければ
ならないと思っていて、出産が終わった時にまた新しいセックスが
できればと思っています。


PAGE TOP