会社のパートのポチャリ人妻を寝取った話【エッチ体験談】

10年位前のなる。
俺はN潟のMって小さな町で建築資材の製造メーカーに勤める平凡な会社員で、仕事が夜勤なこともあり妻とはすれ違いで、夫婦の営みも皆無に等しかった。

そんなある年の忘年会の席でたまたま隣り合わせたパート社員のR美の姿に釘付けになってしまった。
かなり太目ではあるが、美しい顔と三十路を迎えたばかりの真っ白い肌に目を奪われてしまったのだ。
学生の頃からスレンダーな女性より、ぽっちゃりな女性、むしろ太った女性が好みだったのだ。

普段は飲まないとの事だが、アルコールを進むにつれHな会話に盛り上がってきた。
トイレに向かう為に席を立つR美の足元がふらついてバランスを崩し私に寄りかかってきた。

これはチャンスと思い、心配するふりをしてトイレの個室の中まで付き添い、用を足すR美のまんこを拝んだ。

我慢できず俺は勃起したチンポをR美の目の前に向けると
R美”○○、ペロペロ嫌だって”顔をそむけた。旦那と勘違いしているようだ。
俺 ”お願いだから”と言って頭を押さえてお口の中に。
観念したのか、いやらしい音を立てながら咥えはじめた。
あまりの気持ち良さに、ピクピクしながら大量の精液を放出してしまった。

俺 ”そろそろ家に帰ろう。俺、飲んでないから運転するよ”と旦那のふりをして言った。
R美”うん”

そのまま車を走らせ近くのホテルへ。
何とかベッドへ寝かせ、全裸にして下半身に顔を埋めて恥ずかしい部分を舐め廻しました。
子供を二人生んだという事で、体のラインは崩れていたが、ぽっちゃぽちゃの体は俺好みでエロかった。
しばらくすると、正気に戻ったR美は異変に気が付いたようです。
R美”何ココ?エッ?誰?”
俺 ”君がHしようって言ったんだよ”と言うと、私を押しのけようと必死に抵抗した。

この事を旦那にばらすと脅すと、
R美は”挿入は絶対だめ!それ以外なら”と今回だけの条件で大人しくなった。
しばらく激しいフェラを楽しんだが、それだけで終わらせるつもりはなく、嫌がるR美に一気に挿入した。
クチュクチュ、ピチャピチャとイヤらしい音をたてはじめると、興奮のあまり、あっという間に中に大量に放出してしまった。
R美は夫への罪悪感から泣き出したので、俺は謝って優しく抱きしめた。
しばらくすると落ち着いたようで泣き止んだR美を、今度は恋人のように優しくキスをして愛撫した。
R美は「イクーーーっ!!んっんっ」と体を痙攣するように果てました。
腕枕をしてお互いの事を話した。
R美の夫は年下で、夫は優しく甘えてHをするそうだが、強引に犯されるようにされたのは俺が初めてで、R美自身イク事もなかったそうだ。
夜の生活はマンネリ化しているのか昔ほど私も燃えなくなり、もともとHが好きではないR美は拒否することも珍しくなく、最近は回数も更に減る傾向にあるとの事。

愛してしまったから、また逢いたいと告げると、R美は困った顔をするも、夫に絶対ばれないのならと渋々承諾した。

パートのR美の勤務が終わってから夜勤前の私の自宅で、R美の夫や俺の妻が帰宅するまでの僅かな時間が俺達の時間だ!
俺に抱かれた日は甘える夫を拒絶しているそうだ。

いつかR美の心も奪ってやりたいと思った。
俺は、”きっと夫も喜ぶから”とR美のラビアにピアスを着ける事を提案した。
もちろん秘密だが、俺はR美が夫とセックスが出来ないように、ラビアに南京錠を掛けようと思っているからだ。
しかし、何年たっても現実となることはなかった。

俺はR美に美味しいものを食べさせ、さらにぽちゃぽちゃにさせ俺好みの体にすることには成功した。

こんな関係がいまだに続いているが、R美の体は俺のものになり、夫との夜の生活は年に数えるほどになってもR美の心は夫を愛しているままだ。
悔しいが、R美の気持ちは変わる事は無いだろう。


PAGE TOP