彼女とその友人が快楽に溺れていました・・ 【エッチ体験談】

自分(27歳)には美佳(20歳)という彼女がいました。
飲み屋で働いていた際、美佳がお客さんとして来たのがきっかけで知り合い付き合うことになりました。
美佳はよく親友の優ちゃん(20歳)と一緒に自分の店に遊びに来ていました。

美佳は身長160cm胸はDカップ、細身の色白で結構カワイイと思います。
優ちゃんは美佳より身長は低く細身な感じ、結構モテるコでしたが彼氏はいませんでした。

美佳はもちろんですが、2人ともすごくいいコでいつも自分の前では楽しそうに笑っていました。
7つ年が離れていたので2人を見てすごく子供っぽい印象を持っていました。

美佳とのHは結構相性が良く、美佳はイキやすい体質のせいもあって一度のHで何回かイッていました。

美佳は「N(自分)にしてもらってるからイッちゃうんだよ」と嬉しい言葉を言ってくれます。

付き合って8ヶ月くらいが経ったある日、自分の先輩から珍しく連絡がありました。
「N、おまえまだ美佳ちゃんと付き合ってるよな?」
はい、と答えると先輩はおまえに見せたい物があると言い1枚のDVDを渡されました。
何が何だか分かりませんでしたが、先輩は友達からいい物見せてやると言われそのDVDを借りたそうです。
「これ貸すけど覚悟して見ろよ」
そう言われると急にものすごい嫌な予感がしました。

急いで家に帰り、DVDを再生しました。
経験したことが無いくらい心臓がバクバクしていました。

再生すると知らない部屋に男2人と女2人が映っていました。
まさかと思いながら見ると女2人は間違いなく美佳と優ちゃんでした。
男は知らない奴でした。4人は酒を呑んで楽しそうに笑っています。
映像が始まって5分くらいするとパッとアングルが2回変わりました。
ビデオは3ヶ所に隠し撮りで設置されているようでした。
しばらく呑んでいると男がソファーに座っている美佳と優ちゃんの隣に座ります。
「美佳ちゃん結構胸でかいよねー」
そう言うと美佳は笑って「そんなことないよ」みたいな会話をしていました。
男は徐々に美佳と優ちゃんの肩や腰に手を回し寄り添う感じでくっついていました。

嫌な予感は的中しました。
男達は美佳と優ちゃんにキスをしながら胸を揉み始めます。
2人の「んっあっ」という声が少しだけ聞こえてきました。
男は2人の服を脱がせ始めましたが、美佳も優ちゃんも抵抗する様子は全くなくされるがままという感じでした。

2人ともブラは外され、残り1枚になって胸を舐められています。
美佳は「あっあんっ」と声を出し、優ちゃんも「はぁぁっ」みたいな感じで喘ぎ始めました。

男が美佳の下着を脱がそうとした時、美佳がつい先日買ったと言っていた赤のTバックが見えました。
「美佳ちゃんこんなのはいてるのー?」
美佳はヤダ見ないでと言って恥ずかしがっている感じでした。
ついこの間
「Nが喜ぶと思って初めてTバック買っちゃった」
と言っていたものです。
始めからこの予定の為だったのでしょうか。

美佳も優ちゃんも男達の責めですっかり濡れているようでした。
味わった事のない衝撃と悲しみで一杯でしたが、自分のアソコは既にビンビンでした。

初めてみる優ちゃんの姿にも興奮しました。
男に舌を絡ませられると「んっチュパ、んっ」といやらしい音をたてて応じていました。
胸の形もよく美佳より少し小さいくらいでしたが、乳首はピンと立って吸われるたびに「あっあっ」と言って感じています。

美佳の足が開かれて男がクンニを始めます。
「あ~気持ちいぃ、すぐイキそう」
美佳はいつものように声を上げ、男が30秒くらいくらい舐めただけで
「あぁ、イクっ、イっちゃう」
と言ってイってしまいました。

美佳は自分以外の他の男相手でもすぐイっていました。
アソコからはヌルヌルした液体が垂れています。
「美佳ちゃんイキやすいねぇ、俺こんな早くイクコ初めて見たんだけど」
美佳は顔を隠して
「私すごくイキやすいの、恥ずかしいよ」
と言うと、男は美香の胸を舐めながら手マン始めました。
「クチュクチュクチュ」と音がたち「あっあっあんっっ、またイクっイクっ」
と言って体を痙攣させました。

本当に信じられない光景でしたが、もう2人とも最初からそのつもりで男の部屋に来たんだと確信しました。

先に優ちゃんがフェラチオを始めます。
男がソファーに座り、優ちゃんが股間の前に座ります。
アングルが変わり(何度か変わりました)、優ちゃんの舌づかいがよく見えます。左手でアソコを持ちながら舌を上下に這わせます。
普段とはまるで違う表情で「んっ、チュル、チュパ」と音をたて舐めまわします。
男は
「おー気持ちいー優ちゃん上手いね」
優ちゃんは一瞬微笑むと今度は奥まで咥えこみます。
「ジュルジュル、チュパ、んっ、チュパ」
よだれがたっぷりアソコについています。
優ちゃんのフェラはかなり上手そうでした。

実は美佳のフェラも結構上手いと思っていました。
若いのにあんなに上手いのはこういう事をしていたせいでしょうか。
男が「美佳ちゃんおれのも舐めて」
そういうと美佳は何も言わず、優ちゃんと同じ体制で舐め始めます。
「んっ、A君のおっきい、ジュルジュルル」
自分のより一回り大きなアソコでした。

優ちゃんがフェラしながら美佳に言います。
「Nさん以外の久しぶりでしょ?」
「うん、チュパ」
自分の名前が出ても動じることなく舐め続けます。
男が「Nさんて彼氏?」
優ちゃんが「そうだよ、こんなことしてるけど美佳ラブラブだよ」
「マジで~?こんなんバレたら大変だろうな」
そんなやりとりがありながらも2人はしゃぶり続けていました。

しばらくすると男が「交換しようぜ」と言って美佳と優ちゃんを移動させました。
仁王立ちした男の前で膝をついた2人が美味しそうにしゃぶっていました。
「2人ともうまくね、あー気持ちいい」
悔しさが込み上げて来ました。
自分の彼女が見知らぬバカ男のモノを咥えている姿は屈辱でした。

ゆっくり楽しんでいる雰囲気から完全に同意の下行われている事が分かりました。
そして2人とも複数のプレイは初めてではない様子でした。2人とも
「おっきいっ、んっ、チュパチュパ」とおっきいと何度か言っていました。

男が美佳を優ちゃんがフェラしてる脇で寝かせます。
ガバっと足を開かれ正常位で入れようとします。
何の断りもなく当然のように生で入れようとします。
美佳のアソコを男のビンビンに勃ったモノで擦られ
「あっあっ」
と声が出て男が美佳の中にグーっと押し込むと
「ああぁーん、気持ちいぃっ」
と大きな声で喘ぎます。

男がぐいっぐいっと腰をリズミカルに振ります。
美佳が
「あっあっあっ」
とそれに合わせて喘ぐと
「あー気持ちいいー美佳ちゃん最高」
男はだらしない声を上げて美佳のアソコを出し入れし美佳も
「B君の気持ちいぃ、はあっはあっ、いいよぉ」
と喘いでいます。

すると間もなく優ちゃんも正常位で入れられました。
「はあぁんっ、すごい、おっきいよっ」
その後2人は並んで正常位で男達に突かれていました。
「はぁっ、あんっ、あーん、あっ、気持ちいぃ、気持ちいぃっ」
どっちの喘ぎ声か分からないほど大きな声で喘ぎ、何度も濃厚に舌を絡ませていました。

次に2人は入れたままソファーに座らされ、相手を交換しまた入れられます。
美佳は「ああぁん、気持ちいぃ、A君もすごいよ」
美佳の顔は見たことないくらいエロい表情をしていました。
「おれも気持ちいいよー」
男はそういうと美佳を激しく突きます。
「あっっあっっ、すごいよっすごい、あ~ん」
自分の知らない美佳がいました。
Aとも狂ったようにディープキスをし、Aの首に手を回して受け入れています。

優ちゃんも普段とは180度違う声で喘いでいます。
どんなコでもこんなに変わってしまうものでしょうか。
優ちゃんは座位で腰を自ら上下に振り「ああんっああんっ、はぁっはぁっ」と喘いでいます。

美佳もAの上になり腰を前後に振り始めます。
「ああ~気持ちいぃ、すぐイッちゃう、あっ、イクっイク~」
あっという間にAの上でイってしまいました。
ピクンピクンと痙攣しています。
「はぁっはぁっはぁっ」
と荒い息遣いをしていますが、すぐAが美佳を下から突き上げます。
「あっああっあっ、待って、待って」
Aは欲望のまま腰を上下させています。
「あああっ、もうダメっ、ああんっ」

さらに衝撃の光景を目にします。
「美佳ちゃん、膝立てて」
美佳は息遣いを荒くしながら言うことを聞きます。
和式トイレをする格好です。
ちなみに自分の時はしてくれませんでした。
「うあ、いやらしいよ美佳ちゃん、入ってるとこ丸見えだよ」
美佳はその体勢でお尻を上下させます。
「ああんっ、気持ちいいよっ、A君見える?」
美佳のアソコはAのモノをしっかり咥え込んでいました。
「パンっパンっ」と乾いた音と「ズチャズチャっ」という音が同時に聞こえます。

美佳はスケベな女でした。
自分の知らないところで狂ったように腰を振っていました。

美佳はそのまま大きく尻を上下運動させたままAに舌を絡ませました。
Aがいきそうになったらしく正常位になりフィニッシュに入ります。
美佳は自分とのHでは、おれがイキそうになると両手で乳首を刺激してきます。
「あぁ~ん、気持ちいぃよぉ」
Aが入れるとまた喘ぎ出します。
Aのピストンが早くなると
「あ~ダメっ、またイクっ、ああ~んっ」
Aが「あー出る、イクっ、イクぞ~」
そういうと自分の時と全く同じくAの乳首を擦り
「出してっ出してっ、ねっ、あぁんっ、あああぁ~んっ」
その声と同時にたっぷり中に出されていました。

「はぁっはぁっ」
美佳はそのままぐったりしていました。
優ちゃんもその間Bにいろんな体位で突かれて最後は中に出されていました。

美佳と優ちゃんはぐったりしていましたが、男達はまた相手を変えてすぐに2人に近づきました。
横になっている2人をお構いなしに口にモノを突っ込みました。
2人ともすぐに受け入れフェラします。
何か道具扱いされている感じがしました。
男達はすぐに勃ったモノを美佳と優ちゃんに入れ、腰を振っていました。

それから1時間くらい美佳と優ちゃんは、男達のピストン運動に喘いでいました。
その間2回くらいずつ中に出されたと思います。

本当にショッキングな内容でした。
かわいい姿しか知らない彼女とその友人が、快楽に溺れていました。
先輩からどういう状況なのか後から聞くと、先輩の友人は美佳と優ちゃんは合コンで知り合い、2回目で先輩の友人の家に
遊びに行ったとのことです。

情けないので書こうか迷いましたが、DVDは先に優ちゃんを呼び出して見せました。
合コンやあの部屋に行ったのは優ちゃんが誘ったからだったらしく、お詫びと称してフェラチオしてもらいました。
DVDの通り、ねっとりしたすごい気持ちいいフェラでした。
もちろんその流れでアソコも頂いちゃいました。
美佳よりも小さい穴で気持ちよかったです、すみません・・こんな報告。


PAGE TOP