快感で思考が停止してしまいました・・ 【エッチ体験談】

亜沙は、私の小学校からの友達で彼のことも知ってますから結構心配してくれてましたので、

よりが戻ったことも即報告しました。

先週亜沙が言い出したのですが、亜沙は最近彼氏がイカセテくれないことや自分が彼をイカセテあげらんないことを

かなり悩んでたみたいなので相談に乗ったところ「お願いが、あるんだけど・・・」と言い出したんです。

「1回だけでいいから、絢の彼とさせて欲しい」と。

私は、突然のことでびっくりしたけど親友のたのみなので彼を交換することにしました。

4人で、某所で遊んで終電がなくなりホテルに行くことになりました。

ホテルの中にグル-プで利用できる部屋を借りました。(部屋はメゾネット式なので上と下にベットがありました。)

そこで、今回のことを話し合い今回はカレカノ交換で姦チしてみようと言うことになりました。

亜沙と彼がそれぞれシャワ-浴びてるときに彼が何故今回の同意したか言い出しました。

理由は簡単・・・私が、ほかの男としてるときの様子が見たいからだというのです。

そして、私と彼もシャワ-を浴びて戻ると亜沙が彼をベットに連れて行きました。
「絢ちゃん行こう。」

亜沙の彼氏につれていかれて、私達は2階へ行きました。

2回からは、下の彼と亜沙が丸見えで彼が亜沙の乳首を舌で刺激しながら亜沙のアソコに指を入れてました。

「スゴイ・・アアアアアア~」

亜沙は、ものすごく気持ちいいらしく声がすごくいやらしいカンジでした。

「絢ちゃん、始めよう」

 亜沙の彼は、亜沙がほかの男にされて喜んでるのがムカついたらしくて私を組しくと

初めからディ―プキスしてきました。

彼は、私の乳首を指のあいだに摘んで刺激します・・・

「あっ、あっ、いや」

私の乳首が、ツンとなるのがわかると舌で転がしながら噛んできました。

「あん、あああああ」

すごい感じちゃって、アソコが濡れてきました。

「絢ちゃん乳首こうされると弱いんだ」

指のあいだに乳首を挟んでコリコリしながら噛まれると、もう体中電気が走るみたいに感じちゃって声が

大きくなりました。

彼が、指をアソコに持ってきたときはもうかなり濡れてたかも・・・彼は、指を入れてながでかき回してきたの。

「あん、あっ、ダメ、いや」

「やめようか?」

「ダメ、やめないで」

指だけで、イッテしまいそうになったので彼は指を抜くと彼のカチコチのアレを入れてきました。

「あっ、あっ、いいよぉ~!!!」

もう、快感で思考が停止してしまいました・・・ただもう気持ちよすぎて何も考えられない状態。

亜沙の彼が、私を開放してくれたのは私の中で3回達した後でした。

彼が、私のところにくるとシャワ-に連れて行き私の体を洗い(アソコにまで指入れて洗ってました。)

ベットに戻ると、足を開かされました。

「絢、すごい淫乱な顔してた」

彼は、そういうと亜沙の彼にさんざんころがされて痛い乳首をいつものようにし刺激します。

「痛いよ、今日はもう・・・」

彼、私のアソコの突起を摘まみながら言うんです。

「あいつ、何回絢の中でイッタ?」

「痛いよ、やめて」

「言わなきゃ、もっときつくするよ」

「はぁん!」

「言う?」

私は、痛くて答えました。

「3回」

「じゃ、俺も3回ね。」と言い、アレを入れました。

結局、朝まで4回もイカされてぐったりしてしまいました。亜沙の方も、同じようで彼に何回もイカされて

しまったそうです。その後、亜沙と彼はめでたく婚約して現在は同棲中で毎晩のようにしてるそうです


PAGE TOP