同じクラスの女の子とのエッチ体験談 【エロ体験告白】

中学2年の時、同じクラスでA美という女子がいました。
男子とも平気でエッチな話を結構したり、エッチな本(あまり過激じゃないやつ)も持っていて
男子にも貸してくれたりするようなやつで、まぁまぁかわいい感じの子でした。

僕もたまに学校、部活の帰りに両親共働きのA美の家に寄って、本を貸してもらったり、遊びに行ったりしていました。
A美の家は近かったこともあり、友達同士なんかでもよく行ったりしていました。

ある日の土曜日、学校が休みの日にA美とA美の家で遊ぶ約束をしました。
その日も他の仲のいい友達も来る予定でしたが、都合が悪くなり僕だけがA美の家に遊びに行きました。
遊ぶと言っても普通に話をしたり、お菓子を食べたり、テレビを見たりというのがいつものパターンでその日も二人で同じように過ごしていました。

ふつうに話をしていましたが、やがてエッチな話題になりました。
あそこの大きさとかオ○ニーの回数とか。
まぁ、普段もそういう話はたまにしていましたが、その日はちょっと違いました。

A美はあそこをズボンの上からでいいからちょっと触らせて欲しいと言うのです。
前から興味はあるものの、普段はみんながいてなかなかそこまでは言い出せなかったとのことで、僕なら口が堅いと思い、僕に言ったそうです。
僕はかなり驚きましたが、二人だけの秘密とするということで触らせました。
(当然、自分もエッチなことには興味もあったので・・・)

二人で膝をついて向かい合い、僕はズボンの上から触らせました。
A美も「こんな感触なんだー」と興味津々で、つかんだり、撫でたりしました。
触られているうちに僕のあそこは固くなり、A美も「すごーい、こんな風になるんだ」と驚いていましたが、僕自身が凄く恥ずかしくなり、その日はそれで終わりました。

時間にして1分くらいでした。
その日の夜は今日の出来事を思い出し、一人でオナりました。

次の週の月曜、逆に僕の方からA美に
「この前触らせたんだから、お前の胸も触らせろ」と言ったら、すんなりOKしました。

学校の帰りにA美の家に寄り、また向かい合って座り、僕はなでたり、揉んだりしました。A美は恥ずかしそうです。
そうしているうちに流れから、A美が今度は僕のあそこを見たいと言い出しましたが、さすがにそれは恥ずかしく断りましたが、パンツ姿でいいならというとそれでもいいというのです。
ただ、僕だけだと恥ずかしいのでお互い下着になると言う条件にしました。
A美もちょっと考えて、ブラだけを見せるならとOKしました。

僕はトランクス一枚になり、A美も自分で上着を脱ぎ、ブラを見せてくれました。
凄く綺麗な体で、同級生の下着姿が目の前にあり、ぼくのものはすぐにびんびんになりました。

僕はA美のブラジャー姿に興奮し、もう自分からどうでもよくなり、トランクスを脱ぎ、あそこを自分から見せました。
自分からA美に「触ってもいいよ」と言い、A美に触ってもらいました。

A美は恐る恐る握ったり、タマを撫でたりしました。
僕もブラの上からA美の胸を触り、結局その日は僕がオ○ニーするところまで見せてしまいました。
射精を初めて見てA美もかなりびっくりしたようです。

その日から、休みの日や、学校の帰りにA美の家に寄ってはそういうことをするようになりました。
A美は全裸をなかなか見せてくれず、いつも下着でしたが、A美にしこってもらったり、やがてフェラもしてもらうようになりました。

フェラしてもらいながら、A美の体を触ったりしました。
ただ、エッチは拒否され、手コキがほとんどでした。
僕もエッチはそれ以降も望まず、手や口でしてもらうだけで十分でした。

A美もエッチなことに興味はあるものの、バージンは好きな人にあげたいという気持ちが強かったみたいです。
結局卒業と同時にそういった体験も終わりました。


PAGE TOP