バツイチ妻との交際【エロ体験談】

咲(28歳)バツイチ独身で、小学1年になる息子がいます。
彼女とは、女友達繋がりで知り合い1年前から交際を始めました。
咲の前の旦那は最低な男で、DVな上に咲を散々弄んだ末に女と駆け落ちし離婚。
咲が25歳の時だそうです。
咲は元々Mっ気が強く、DVをされていても抵抗せず感じてしまっていた所を見抜かれ、
激しいSMプレーや公衆でのわいせつ行為をさせられていた様です。
それでも咲は、旦那を愛していたんでしょう!結局、外に女作って捨てられたんですから
可愛そうな女性です。

咲は、とても気の利く優しい人で、子供にも最高の愛情を注いでいました。

私も、子供が好きだったので、子持ちと言う事は気になりませんでしたし、何より咲が凄く可愛く
スタイルも俺好みだったんです。(本音です)
そんな事で付き合い始め、子供(ケイ)も凄く懐いてくれて本当に幸せでした。

ただ・・・気になる事があったんです。
ある日、咲のアパートに行くと見知らぬ男性がソファーに座っていました。
年は50代と言った感じの冴えない男!
「咲・誰?」
「あっ、おじさん気にしないで・・・」
コソコソ話をしていると、おじさんが「じゃ、また来るよ・・・咲ちゃん」と言って出て行きました。
意味ありげな笑みを浮かべて・・・・・・。
その後も何度か彼に出くわす事があり、その度に咲に聞いても「ちょっと昔お世話になったおじさん・気にしないで」
と言うばかりでした。
でも、本当の事を思いもよらない事から知ってしまったんです。

その日は、咲が出かけると言うので、私は子供の面倒を見る事にしていました。
咲のアパートに向かっていると、近くの駐車場に白い乗用車が止まっていて、中にはあのおじさんが居たんです。
私を見るなり、変な笑みを浮かべ頭を下げて来ました。
軽く会釈して咲の部屋に入ると、今にも出かけると言った咲が玄関に立っていました。
ミニスカートに胸も半分位露出する格好に驚きましたが、咲は普段も露出した格好が多かったんです。
「ごめん!急ぐから、後お願い」そう言って出て行きました。
奥にはケイが一人ご飯を食べていたんです。
私は、掃除・洗濯してあげ、ケイと一緒に近くの公園で遊ぶ事にしたんです。
暫くして、ソフトクリームを買い2人で公園のベンチで食べていると
「結婚しないの?」 突然の事に驚きました。
「えっ、ママと・・・」
「うん!ママの事嫌い?」
「好きだよ!でも結婚かぁ」
「早く僕のパパになってよ・・・おじさんは嫌いなんだ!!!」
「・・・おじさん?」
「ん~いつも来るおじさん」
「おじさんとママ・・・友達?」
「おじさんはママの事ぶったり、裸にするから・・・」
急な話に、心臓がバクバクしていた。
「おじさんとママが裸で何してるの?」
「ママ・体をねロープで縛られたり、紐で叩かれてるんだ。変な物口に付けて、お尻にも何か入れられて
凄く苦しそうなんだ!」
「ケイ!見てたの?」
「ん~寝ていたんだけど、目が覚めてトイレに言ったら、おじさんとママが裸だった」
「何時から?」
「お兄さんが来るずっと前!」
頭をハンマーで殴られた感じだった。
子供がそんな姿を見ていた事も、衝撃だったかも知れない。
「だから、早くママと結婚して・・・」
「ん~考えておくよ」
そう言って、ケイと家に帰ったんです。
夕方、車の音がしたので、窓から覗くとやはりあのおじさんと一緒だった様です。
その時は、いつもと変わらぬ感じで彼女と接しましたが、子供を寝かせつけた後、
近くの公園に咲を連れて行き、全てを話しました。
咲は泣きだし、本当の事を言ってくれました。

おじさん(52歳)不動産経営者。アパートの持ち主!
前の旦那に仕込まれた身体は、1人になった咲には耐えられなかった様だ。
1人、オナニーを繰り返し、時には縛ったりして夜な夜な不満解消をしていたそうだ。
そんな姿を、大家であるおじさんに見られ、脅迫される様に彼の玩具にされていた。
彼とは3年もの間、体を弄ばれ前の旦那以上にSMを身体に植え付けられていた様だった。

今日も離れた所で、痴漢プレーや映画館・本屋といった公衆の場でエッチな事をされていた様だ。
そんな咲を抱きしめ、「もうおじさんには会うな!俺が相手してやる」そう言って、彼女の身体を夜の公園
で曝け出させ、プレーした。
今まで見た事が無い位、咲のマンコは濡れ悦んだ。
翌日には咲のアパートを出て、俺のアパートで暮らす事になった。

先日、咲と結婚届を提出し、正式に俺達は夫婦となった。
ケイも喜び、俺をパパと呼んでくれている。


ゼヒゼヒぽちっと一票お願い致しますm(--)m

PAGE TOP