酔っ払った普段はおとなしい新人女子社員と公衆トイレでSEX【エッチ体験談告白】

金曜に会社の飲み会がありました。3次会まであったから終電で帰ることになり、同じ路線ということで新人の子と一緒に帰ることになった。金曜の終電だったからかなりの激混みでその子と向き合い密着状態。

新人の子、普段はほとんど酒の席では飲まないのに、金曜はカクテル類をそこそこ飲んだみたいで、ほろ酔いだった。目はとろんとして足元もちょっとおぼつかない感じだったため途中から自分の胸に顔を埋める。

自分もほろ酔いだったのもあっていつの間にか彼女の腰に手を回してた。そして電車が彼女の最寄り駅に到着しとりあえず人の流れにまかせる形で2人で 電車を降りた。

約20分も密着しててちょっと理性が押さえられなくなってた。自分の駅はそこから3駅先なんだが気づくと降りた瞬間から駅のホームで手をつないでた。

彼女はそこから自転車で帰るんだけど、駐輪場まで送るよとか訳のわからん事を言いながらとりあえず駐輪場まで手をつないで向かった。

到着すると結構でかい駐輪場で、彼女がどこに止めたか忘れちゃったとか言い始め2人で駐輪場をうろうろした。やっと自転車を見つけ彼女がしゃがんで鍵を差し込もうとしてた。

だけど、ほろ酔い状態なのか入らないとか言うので自分がやってあげることにした。鍵を差し込もうと自分もしゃがむと目の前に彼女の顔があって、我慢出来なくなりキスをすると彼女から舌を入れてきた。

たぶん5分くらいはそこでキスをしてた。胸を触るとすんごい柔らかい。ワンピースの上から乳首の辺りをつまむと彼女も感じ始めて、「もう我慢出来なくなっちゃうよ、こんなとこじゃだめだよ」。と言う。

とりあえず駐輪場から出ることにして、お互いに実家住みのため、とりあえずラブホに向かったけど、金曜の夜のため満室だった。あてもなくいちゃいちゃしながら歩いてたら公園を見つけた。

そこの身障者用のトイレに2人で入るなり彼女の柔らかいおっぱいにむしゃぶりついた。彼女は会社ではおとなしいタイプなんだけど、あえぎ声がよく出で驚いた。

「あぁぁん、あぁぁん、もっともっといっぱい舐めて」なんて言うもんだから普段とのギャップにさらに興奮した。とにかく柔らかいおっぱいで色白で乳首もキレイなピンク色がソソる。

「乳首かたくなってるよ」って言うと、「もうそんないじわるしないで、もうおかしくなっちゃうよぉ」と声を出す様子に、さらに興奮して胸に何個もキスマークをつくほどしてしまった。

そこからフェラをしてくれたんだが慣れてないのかあまりうまくなかったけど、何か慣れてないなりに一生懸命舐めてる彼女の顔を見てたら余計に興奮して口の中に出してしまった。

ちょっとして彼女を手すりに掴まらせワンピースをたくし上げてお尻を舐めまくり手マンすると、「おかしくなっちゃうよぉ、いじわるしないで~」なんて言われてまた興奮。

そこからバックで一回、正常位で一回いった。普段は酒を飲むといきづらいんだけど、会社の子とトイレでやってるシチュエーションに相当興奮してしまった。

終わった時はもう3時近かったと思う。そこからお互いに帰宅した。

その後、月曜日はどんな顔して彼女の会おうか?と考えてしまう。自分には付き合ってる人がいて彼女もそれは知ってる。また彼女には彼氏はいなかった・・・。


PAGE TOP