スポーツクラブの先生との情事【エッチ体験談告白】

週に2回ほど、水泳のためスポーツクラブに通っています。
結婚後、スタイルの良かった学生時代に比べ、○キロ太ってしまい(^^;)・・・、ならば、泳ぐのは好きでしたので。
そんな私も、はじめは純粋に泳ぐことが目的でした。でも、いつの日か、少年のあどけなさが残る体育大卒の23歳のインストラクターがお目当てとなり、彼との体を触れた親密な指導が、ひそかな楽しみとなっていきました。そんな彼との情事です。

ある日のことです。豪雨のため、お客さんは私以外誰もいなく、一人更衣室で着替えていました。
その日は、なぜか全裸な気分になりたくなり、水着の胸パットを外し、水着用のショーツもはかないで、薄手の競泳水着
を着用しました。

案の定、プールに入ると、私とインストラクターの彼と二人きりだけでした。

プールでの指導がはじまりました。いつもの指導です。でも、私は、乳首は立ち、アソコも熱く濡れていました。そして
彼のペニスもいつもと違う大きさでした。

いつも冗談をいいながらの、ワイワイ楽しいレッスンも、今日は、ずっと無言のままでした。そして、バックの指導の時です。彼の右手が、やさしく私の胸に触れてきました。そのまま、右彼の手は、私の透けた乳首に移動したのです。
左手は、ショーツをはいていない、水着の女性器部分を愛撫しはじめました。

もう、我慢しきれず、泳ぐのを止め、私も彼のペニスを撫ではじめました。
やがてプールのコーナーで、抱き合いながら濃厚なディープキスをしてしまいました
無言は、吐息にかわり、水着の上からお互いの性器を強く押しつけ合いました。やがて、彼の指は膣まで達しました。

その時です。私は大胆にも「入れて・・・・」と言ってしまったのです。
彼は、熱く堅く太いペニスを水着から出し、私に握らせました。私は彼の膝の上にのり、自ら水着をずらして、彼のペニスを膣に入れました。

一瞬のことです。水の中でも、愛液でヌルヌルの膣内は、あっという間に夫とは違う若いペニスが入ってきたのです。
彼は、私を強く抱き、腰を動かしました。私も腰を強く押しつけました。
最高の瞬間でした。今までこれほどのオーガズムは感じたことがありません。お互いに名前を言い続けました。

彼は「イキそうだよ・・・」と言った時です。
私は「中出して!」「子宮にかけて・かけて・・・・」と言い、その瞬間・・・、私の胎内めがけて、白色の愛の液体を放ちました・・・・。

夫の射精もわからない鈍感な私も、この時は違いました。彼のペニスが膣内で何度もドクドクいうのです。
その瞬間、私は頭は真っ白になり、競泳水着を着たまま、水の中で深くイッてしまいました。夫やオナニーでは味わえない恍惚感でした。たった10分の短いセックスなのに・・・

子宮は、精子を一滴も漏らさず飲み込みました。二人愛の液が融合したのです。
その後、シャワーを浴びたところ、膣からの彼の精子がたれてきました。精子をつい口に含みましたが、彼の精子も苦かったです・・・。

彼とセックスした夜、私は夫への罪悪感が湧き出て、夫とも久しぶりに、コンドームを外してセックスをしました。
あれから、数日後、私は妊娠しました。夫には俺の子だと喜んでいます。でも絶対に彼の子です。
今も、彼のアパートでセックスをしています。そして、あの受精した日を想い出しながら、今は妊娠のため、少々きつくなりましたが、あの日の競泳水着を身につけた、セックスもしています。


PAGE TOP