彼女は僕の性感を完全に掌握しているね、、! 【エッチ体験談告白】

彼女とデートして食事をした後、
深夜ひとりで家に帰るためにJRの新大久保駅のそばを歩いていたら、
30半ばぐらいの若熟女がニコニコしながら近寄ってきて、
僕の手を取るとある方向に引っ張って行こうとするんです。

逆ナンパ?っと一瞬おもったが
立ちんぼの客引きだとすぐにピンときたので

「金が無いから今日は付き合えないよ!」

と言うとそのおばさん、「別にお金は要らないわよ。あんた、ちょっといい感じだから付き合ってよ。」

僕は「嘘つけよ!ただでやらせてくれるわけないだろ!?」と言うと、

「いつもおじさんか酔っ払いが相手なもんだからさ
たまには若い人を捕まえてみたいの。

本当にお金は要らないからさ。」

僕は半分冗談で「外で簡単に済ませるんならいいよ。」と言うと、そのおばさん、一瞬目がキラッと光ると僕の腕を掴んで人気の無い裏道に連れて行くんです。

そこは電車の線路脇の企業専用の駐車場で、夜はゲートが閉まっているものだから確かにこの時間なら人目にはつかない場所です。

「ここなら大丈夫よ」おばさんは嬉しそうな笑みを見せると、僕に顔を近づけてきてキスをしてきました。

意外にも、柔らかい唇で気持ちよいキスでした。

暗い場所なのでよく見えませんが、顔はぽっちゃりとしていて、ぷっくらした唇のようです。
髪はショートカットで全体にむっちりした感じの中年女性特有の女っぽさが感じられました。

特に美形というわけではありませんが、行きずりの相手、しかも外で簡単に済ます相手としてはとりあえずセーフと言う感じかな?

お互いに舌を絡めあい始めると、彼女のほのかな香りが漂い始めてきて結構気分が乗ってきました。

彼女は更に舌を僕の口の中にまで入れてきて、僕の舌にネットリと絡めるのです。

そして器用にもキスを続けながら僕のズボンのベルトとジッパーを外すと、ブリーフの上から右手の指先で僕の一物を優しく撫で回すのです。

この優しい手つきが彼女の武器ですね。

僕の一物は急速に膨張し始めました。

彼女は左手で僕の上着の下から手を忍ばせ、乳首を弄び始めました。

同時にキスを止めると今度はその唇と舌で僕の首筋をべっとりと嘗め回すのです。

右手では相変わらず、ブリーフの上から一物を優しくまさぐっています。

この様子を想像してみて下さい。

僕はじっとしていられなくなってきました。

すると彼女は、右手をブリーフの中にいれ一物を優しく包み込むように握るとゆっくりとしごき始めました。

彼女は確かにテクニシャンです。彼女は僕の一物のカリの部分を親指と人差し指で擦るのです。

また、ディープキスをしてきました。

もう僕の一物は完全に張りきり状態です。 カチンカチンです。

我慢できなくなり彼女の上着を剥ぎ取ってオッパイにしゃぶりつこうとした、その時です。

隣の線路に電車が通過したのです。

乗客と目が合ってしまいました。

彼女は一向に気にかけない様子で「大丈夫よ」と言っていました。

人に見られているようなスリルもよいのですが、それだと僕は気が散ってしまってダメなほうなのです。

それを感じ取ったのか、彼女は「じゃあ、あっちに行きましょう!」

と言ってまた僕の腕を引っ張ると今度はすぐそばの雑居ビルの地下にある公衆トイレの女子個室に僕を連れ込みました。

ここなら安全かとは思いましたが、一階にある飲み屋の客が利用しに来るようで、やはりそれなりの緊張感があります。

少し臭いもありますが、トイレプレイに相応しい淫靡な感じがしてこれもいいか!と言う感じです。

個室の中には照明の明かりが十分に入りきらず、結構薄暗いんですよね、、。

でもさっきよりは彼女の姿がよく見えます。

こうして見ると、綺麗ではありませんが、何と言うんでしょうか、男の欲情をそそる淫靡な表情をしています。
まずまず合格と言うところです。

さあ、早速再開です。

僕は彼女の上着をたくし上げるとオッパイにしゃぶりつきました。

両手でオッパイを揉みあげながら乳首を舐めたり吸ったりしました。

彼女はおそらく出産を経験しているのでしょう。

若い娘にはないおっぱいのふくよかさがあり、これがしゃぶりつく時に実にいい感じなのです。

彼女は敏感に反応し「あっ、、」と溜息のような深い吐息をつきました。

これがまた若い娘にはない妖艶さがあります。

僕はなんだか燃えてきて、一物が再びいきり立って来るのを股間に感じていました。

オッパイを揉んでいた右手を彼女のスカートの中にしのばせパンティーの上から触ってみるとしっとり濡れているのが分かります。

そのままパンティーの上から彼女自身を撫でていると彼女は「クリちゃんを撫でて。私のオマンコに指を入れて、、。」とおねだりをするので、じらすつもりで少し無視していると「お願いっ、、」と腰を強くくねらせるのでした。

僕は右手をパンティーの中に滑り込ませると、一気に中指を彼女自身の奥まで挿入しました。

彼女は意表を突かれたのか「あっ、、」と小さい声でもだえると一瞬身体を硬くしました。

しかし、僕が中指をピストンしながらGスポットを刺激すると急に身体から力が抜け、腰が砕けそうになったので僕はとっさに左腕で彼女をささえました。

そのままピストンとGスポットへの刺激を続けていると彼女はいよいよ感じてきたのか「あぅっ!」

と声を上げるので、やはりここで大声を上げるのはマズイ!と思い、僕はとっさに彼女の口を自分の口で塞ぎました。

僕も両腕を使っているので他に仕方がありません。

僕が「舌を出して」と言うと彼女は素直に舌を出してきたので、僕はそれを思いっきり吸って強烈なフレンチキスにして返してやりました。

このまま口と舌で彼女の口を塞ぎながら右手で彼女自身への愛撫を続けていると彼女は完全に濡れきってしまい、おまんこはグショグショです。

ここまでくればこっちのものです。

ピストンの速さや出し入れの具合を自在に変えて、手のひら部分でクリトリスも刺激しました。

彼女は「うぐっ、、。うっ、、。」と悶えていますが、如何せん口を完全に僕のフレンチキスで支配されているので喉元で嗚咽するのが精一杯です。

僕は引き続き彼女自身への愛撫を繰り返します。

最初は腰をくねらせていた彼女もだんだん身体から力が抜けていき、快感の限界のようです。

「うぐっ!う〜ぅ、、」

僕のフレンチキスに犯された口の喉奥で最後の呻き声を上げると彼女は果てました。

彼女は自力で立っているのがやっとの様子ではぁ、はぁ、激しく息をしています。

その時、飲み屋の客と思われる女性が二人、トイレに入ってきました。

一人はただの手洗い。

もう一人は僕たちの隣の個室に入りおしっこをして出て行きました。
様子から若い女性のようです。

かなり酔っている感じでした。

まさかここで男女がHしているとは思いもよらないでしょう、、。

その間、彼女の激しい呼吸を抑えるために僕は彼女の口を手で塞いでいましたが、このときの彼女の苦しそうな表情が僕の支配欲をそそり、再び内側から熱いものが湧き上がってくるのを感じました。

二人の客がトイレを出て行ってから僕は彼女の髪を撫でながら「えらい!よく我慢したね。」

と褒めてやりもう一度強烈なフレンチキスをプレゼントしました。

すると彼女は少し落ち着いてきたのか、上気したままの顔で「今度は私がしてあげる」と言いながら僕の前に膝を開いた姿勢でしゃがみこむと僕のズボンとブリーフを膝まで下ろしました。

元気なままの僕の一物の先端を舌でねっとり嘗め回すとカリの先まで口に咥え、口の中で舌を使いながら先端を舐め続けてくれました。

彼女は左手で僕の一物をしごいきはじめましたが、カリの部分に指が当たる刺激と、舌先の刺激がなんとも絶妙で、彼女は本当に大したものです。

しかも右手は僕のアヌスに忍び寄り、優しく撫でるのです。
僕の性感帯を完全に掌握しているかのようです。

こうなると僕もじっとしていられません。

彼女の髪を両手で鷲づかみにする様にして頭を押さえつけ、イラマチオを始めました。

最初は彼女に気を使い、ゆっくり、浅くしました。

が、彼女は拒否も抵抗もしません!
それどころか一物を咥えたまま、うなづく動作をして(やってもいいよ)と応えています。

僕はピストンの動作を段々速く、喉深くまで突っ込むようにしました。

「うぐっ!」

彼女は一瞬えずきましたが、我慢しています。

僕は一旦ピストンを止め、静かにゆっくり一物を彼女の喉奥まで入れてみました。

彼女がどこまで耐えられるか試したかったのです。
するとかなりの奥まで飲み込むのです。

僕の一物はほとんど根元まで入ってしまいました。

カリの部分が彼女の喉チンコに擦れているのが分かります。

これには感激です!僕は今度はゆっくり、しかし喉奥深くピストンを始めました。

一物が喉奥にあたるとその衝撃で彼女の身体が揺れます。

そのときに一緒にゆれる彼女のふくよかなオッパイがまた僕の欲情を駆り立てます!

彼女は涙を浮かべながらも両腕で僕の足を掴みその揺れに堪えています。
しゃがんでいる両足はしっかり膝を広げ安定をよくしています。

膝を広げた股間のまくりあがったスカートからは、少し汚れた白いパンティーがちらりと覗けます。

パンチラフェチでもある僕としてはこうして彼女を上から見下ろす景色は絶景です!!最高です!!

「うぐっ!うぐっ!」とイラマチオに特有のえずき声が彼女の喉奥から漏れてきます。

しかし、僕は容赦しません。

ピッチを段々速くし彼女の喉奥に一物をぶつけます。

そのたびに、彼女の喉チンコが僕のカリを擦るのがわかり、僕の一物はますます怒張していきます。

あっ、僕も段々気持ちよくなってきた、、。

内側からすごい勢いで盛り上がってくるものを感じます。

マグマが地表に出てくる直前のような感じです。

でも我慢します。我慢しながらピストンを続けます、、。

うっ!しかしこの盛り上がりはすごい!

「うぐっ!うっ、、」彼女もえずいています。

一物の喉奥への突き当たりに一生懸命耐えています。

その様子を見て彼女はかわいいな、ふと彼女をいとおしく思う気持ちが僕の心をよぎりました。

そしてそのとき爆発しました。

かなり喉奥で爆発したと思います。

爆発しても僕はピストンを止めずに最後まで出し切ろうとしました。

彼女もそれをよく受け止めてくれて、一物から口を離しません。

最後まで絞りきったところでようやく彼女の口から一物を抜き取りました。

彼女の顔は涙と涎でクシャクシャですが、それでも彼女は僕の顔を見上げるとニコッと微笑み、僕のザーメンを自分の手のひらに吐き出し、そのまま便器に捨てました。

「たくさん出たね」彼女の一言です。

彼女は個室内にある水道でうがいをすると、ズボンを上げようとする僕の腕を押さえて「今度は中にだして、、」とおねだりするではないですか!

僕は驚いてたじろいでいましたが、そこはさすがに彼女。

早速、まだぬるぬるしている僕の一物を握り締め、しごき始めると僕に抱きついてきてまた僕の首筋を嘗め回すのです。

そしてデイープキス
彼女は僕の性感を完全に掌握しているね、、!

僕は、彼女のスカートに手をしのばせてパンティーをずらし、オマンコに中指を差し込むと彼女も準備万端という感じで濡れています。

ん〜、2連戦は自信ないけどこの締り具合には興味をそそられます。

僕は立ったままの姿勢で彼女の左脚を抱え上げ、無言で一物を挿入しました。

彼女は一気の行為に少しあわてたようですが、すぐに、ふぅ〜と安堵の息をつき僕に抱きついてきました。

普通ならこういうときはバックからやるのですが、今日は彼女のオッパイを揉んだりキスしたいので正面から貫きました。

僕は、まず左手でオッパイを揉みながらフレンチキスをくれてやりました。

そしてそれを続けながらピストン開始です。

ゆっくり、じっくりです。

激しくしなくても彼女はもう十分に敏感になっているようで彼女自身のオマンコはぐっしょり濡れています。

「あっ!」

彼女が大きな声を上げそうになったにので僕は、左手で彼女の後頭部を強く自分に引き寄せながら思い切り強くフレンチキスをしました。

さっきと同じでこうするしか彼女の口をしっかり塞ぐことが出来ません。

彼女もこれを理解してか、自分の左手で僕の後頭部を強く引き寄せ、思い切り強く舌を絡ませるキスをしてきます。

右腕は僕の背中にまわし、しっかり抱きつきながら僕の動きに合わせています。

この姿勢でピストンを続けているとまた飲み屋の客と思われる女性が入ってきて、僕たちの隣の隣の個室でおしっこをしています。

僕たちは息を潜めました!このままの姿勢でしばらくフリーズ状態です。

この客は手を洗わずに出て行きました。

ふう〜。

二人で大きく息をつき、見つめあいながらニコッとしました。

これがトイレプレイの醍醐味と言ってはいけないでしょうか?

また二人でフレンチキスをしながらピストンしました。

今度は少しピッチ上げてズンズン突きました。

「うっ!あっ!うぐっッ、、」

彼女は僕に塞がれた口の中で呻きます。

だんだん快感の頂点が近づいてきたのか彼女の体が火照りだし、硬直してきました。

僕は、彼女の半ば便器と化している口から自分の口を離すと、替わりに左手で彼女の口を塞ぎました。

最後は彼女の喜びと苦痛の入り混じった表情を見ながら突き続けました。

大声を出したいのに堪えている女性の表情というものはなかなかエロいものです!

さあ、僕も再び熱いものがだんだんと股間にこみ上げてきました。

でもすぐには出しません。

ピストンを続けます、、。 黙々と突き続けます。

彼女はもう限界のようです。

僕は一層強く突きました。
彼女の身体がその衝撃で激しく揺れています、、。

そしてうつろな目で僕に催促しています。

(早く来て!)
彼女は口を塞いでいる僕の左手を振り払うと両腕で僕にきつく抱きかかり、僕に強いフレンチキスをしてきました。

「うぅ〜〜、、」

彼女は自分で塞いだ口の喉奥で最後の絶叫を上げました。

そのときの彼女の情熱が終に僕の中で堪えに堪えていたものを解き放ち、爆発!!
一気に出ました。

しかし、このときも僕はすぐにはピストンを止めずしばらく続けました。

彼女は完全に崩壊してしまいました。

不思議なものです。

こんなに一緒に激しく燃えたのに、事が終わったら彼女はそそくさと身支度して出て行こうとするのです。

僕は「また会いたいね」と言うと、
彼女はうつむきながら

「私は30後半の人妻よ。子供もいるの。
昼はしっかりした仕事をしているんだけど事情があって夜は売春しているのよ。
本当はこんなことしたくないのよ。    

しかもいつも爺さんや酔っ払いが相手で本当につらい

今日は私にとっての気晴らしだったの。

貴方は若くてかわいい感じがしたから、だめもとで誘ってみたんだけど、今日はありがとね。

お金は要らないからね。
このトイレを出るときは人に見られないように注意してね!」

そういうとすばやく出て行ってしまいました。

僕はトイレを出ると冬の風に火照った身体を冷やしながら彼女のぬくもりを感じていました。

彼女とはそれっきりです

これは実話です。


PAGE TOP