通学途中の電車内で私のクリトリスに触れてきて・・【エロ体験告白】

先日の通学途中の電車内で起こった事でした。

ドアあたりにたっていた私がいけなかったと思いますが、
ドアの手すりに?まっていたら、私の前にたっていた
体格のいいサラリーマンが私のほうを向いてぴったりとたっていた。

体がひっつきすぎていやだなぁと思っていたら、
そのサラリーマンは私とおなじ手すりにつかまり、器用に指を立てて、私の胸をいじりだした。
正確に乳首をさわり円を描いている。

私はまわりの人に見られていないか気になり、
だんだん恥ずかしくなって下をむいてしまった。

そのサラリーマンはどんどんと指を中に入れてきた。
ブラウスの間に指を入れてきて、私のブラを上にあげると、
じかに乳首を触ってきた。

私は乳首を愛撫されるだけでイッてしまうくらいイきやすいので、
どうしていいかわからずにいた。

なぜか我慢しているのに、息がみだれてきた。

そのサラリーマンは耳元で「固くなってきたよ」
とささやいた。私はさらに下をむいてしまった。

そうしているうちに、別の手がスカートまでのびてきて、
いとも簡単にたくし上げた。

まわりの人の目が気になるけど、殆どの人は背を向けているか、
新聞を読んでいる人くらい。

私も手をつかんで、抵抗したけどその人の力は強くびくともしない。
ストッキングも履いてなかったから、パンティーだけの私は
サラリーマンの強引な手を受け入れてしまった。
パンティーの間から直接指が入ってきた。私ははっとして

「いやっ」

心の中だけで叫んで、抵抗するけど、ついに指がクリトリスを触ってきた。
なぜか急にやさしくクリトリスを指を円を描くように触ってきた。
やさしくされるとさらに感じて、濡れているのがはっきりわかった。

クリトリスはすごく固くなっていて、くるくる円を描くように触られ、
もう最高潮に。まだまだ愛液は止まらない。電車もまだ止まらない。

乳首を触っている指は、固くたっているのを面白がるかのように転がしている。
次はクリトリスからあふれているアソコに指をいれ、愛液をすくい取って、
クリトリスをさわり出した。

ぬるぬるして、気持ちもどんどん高揚してくる。固くなってきた。

もうすぐ次の駅に着く。

その人は、アソコに指をヌルっと入れた。声が出そうになった。
2本くらい入れてそう・・・。

クチュクチュ音がして、中のビラビラをこすっている。

パニックになりそうだった。
何度も何度も出し入れして、その人は、

自分の固いアソコを私の下半身にあてがっている。
ズボンの上からでも驚くほど大きい。

到着アナウンスが流れて、スピードが落ちてる。

「イッてもいいよ・・・」

私の耳元でささやくが、私は必死に我慢した。

「あっ・・・やっぱりダメ・・我慢できない・・・」

私は唇を噛み締めながら、頭の中が真っ白になる時をむかえてしまった。
男性の指を握りしめたが、その人もわかったらしい。

パンティーも驚くほど濡れていた。

駅に到着してドアが開いた。

男性は何か言いたそうだったけど、私は走って階段を下りて、
駅の改札を抜けた。

学校のトイレで、溢れ出た愛液を拭くのは大変だった。
イくつもりはなかったのに、あれだけ気持ちよかったのは初めてで、
どうしていいかわからなかった。

その後何もなかったような顔して授業に出たのは言うまでもない。

しかし、またあのサラリーマンに会って、今度はベットの上で、
愛撫されたいと思う自分もいた。
またなんかアソコが濡れてきていた。


PAGE TOP