3Pから6Pまで乱交を楽しんだ私たちOLのエロ体験【エッチ体験談】

私(夏美)22歳と友達(麗奈)23歳が去年の秋に体験した事を書きます。

私達は幼なじみで職場も同じです。

仕事の都合上季節外れの夏休みを過ごしている時の事。

麗奈が男が欲しいと言う事で麗奈の車で街に逆ナンしに行きました。

麗奈はギャル男や遊び人はキライみたいで

(性病持ってそうなイメージがあるらしい)

清純そうな子をターゲットにしてるみたいでした。

[adrotate group=”1″]

すると約2時間した時の事一人の清純そうな青年?少年?が目の前を通過しました。

麗奈「あの子結構良くない?」

私「じゃぁもう一人探さないと…」

麗奈「私達二人で彼一人を相手しようョ」

私「エッ?」

すると麗奈は彼に声をかけに行きました。

何を話してるかわかりませんが

数分後麗奈が私にOKサインを送って来るので

二人の所に行き麗奈の車に乗りました。
話を聞くと彼は健太と言い地元の中2だそうです。

車は真っすぐラブホテルヘ向かいます。

部屋に入ると健太君を床に座らせ

私達は健太君にスカートの中のパンティーが見える様にベッドに座りました。

麗奈「ココが何をする場所かわかる?」と言うと健太君は小さく頷きました。

私「じゃぁ服脱ごうか?」と三人は下着だけの姿になりました。

私が健太君にディープキスをして麗奈は耳や首にキスを始めました。

麗奈「私達のブラジャ外してくれる?」

私は健太君に背中を向けました。

麗奈は健太君の手をとりホックを外させました。

次に麗奈のホックを外して貰い

二人で健太君の方を向き直し同時にブラを落としました。

私Dカップ。麗奈Eカップ。

健太君は興奮しながら二人のオッパイを観察してます。

私「黙ってないで。触っていいんだよ。」

と健太君の右手を私の左胸ヘ。

麗奈は左手を右胸に持って行きました。

健太君はゆっくりですが揉み始めました。

私は我慢出来なくなり健太君の頭を掴みオッパイまで持って来ました。

健太君は私の左右のオッパイをペロペロ舐めながら麗奈のオッパイを揉んでます。

しばらく健太君の好きな様にオッパイで遊ばせると、麗奈が健太君を一度離し。

麗奈「じゃぁそろそろ女の子の1番大事な所を見せてあげるわ。」

と私と麗奈は立ち上がりパンティーを落としました。

健太君は息を飲みながら私達のアソコを見てきますます。

私は健太君にアソコが見易い様に仰向けに寝て

M字開脚をすると麗奈は私を跨いで四つん這いになり

健太君に見えやすい様にお尻を突き出しました。

たぶん健太君は初めての体験で物凄い光景に圧倒されたのでしょう、

目を丸くして二人のマンコを見つめるばかりでした。

麗奈のアソコから汁が垂れ私のアソコに付きます。

麗奈「どうしたの?黙ってないで早く触って。」

健太君がやっと触り始めると私達はハァハァアンアン感じてきました。

麗奈は力が抜け私に倒れ込みましたがお尻はまだ突き出してました。

麗奈「ねぇアソコ舐めて。」

健太君は麗奈のアソコをなめ回しました。

麗奈はとても気持ち良さそうにアンアンしています。

私も健太君に両手でアソコを触って貰ってます。

麗奈は私に小さな声で

「悪いけど私先に貰うよ。」

と一度健太君を離し、仰向けに寝かせました。

健太君のパンツは既にパンパンで窮屈そうなので二人でパンツを脱がすと

中2にしては立派です15cm以上はあります。

私達はすぐに触り始めると健太君も感じてました。

すると麗奈が突然チンチンを加えたのです。

私は健太君にクンニして貰うために健太君の顔の上に腰を降ろしました。

健太君は自然にアソコを舐めたのですが、

「出そう。」と言い間もなく射精しました。

麗奈は精子を口からティッシュに出すとクンニ中の健太君に

「まだできるヨネ?」と聞くと健太君は

「大丈夫だと思います。」と一言。

それを聞いて麗奈はコンドームを準備しました。

するとクンニしてるせいか健太君のアソコは復活しました。

麗奈はすぐにチンチンにゴムを付けました。

私は初めての合体の瞬間がみれる様に健太君の横に座り手マンして貰いました。

麗奈「お姉さんが健太君の童貞貰ったげる。」

いよいよ健太君にとって初めての合体です。

健太君は麗奈のアソコにチンチンが入る瞬間を真剣に見てます。

完全に麗奈と健太君は一つになりました。

私は一度二人から離れオナニーしながら二人のSEXを見てました。

麗奈は騎乗位で腰を振り健太君の手を掴みオッパイを揉ませました。

麗奈のEカップのオッパイは健太君の手から零れてます。

麗奈「健太君。腰動かして。」

と健太君に座り込むと健太君は腰を振りました。

麗奈はアンアン激しく感じてます。

ゆさゆさ揺れる麗奈の大きな胸を健太君は一生懸命揉んでます。

麗奈は健太君を体を掴むと正常位に体制を変え思いきり突いて貰いました。

約5分で健太君は射精しました。

麗奈はまだイッてませんが久しぶりのSEXの余韻に浸ってました。

私は健太君に寄ってディープキスをして健太君の右手をアソコヘ。

左手をオッパイヘ持って来ました。

するとすぐにチンチンは勃起したのでゴムを付けお尻を突き出し

「早く入れて。」と手でアソコを広げるとチンチンが中に入って来ました。

私も久しぶりのSEXに凄く感じてました。

私がアンアン言っていると健太君は私のオッパイを揉んでくれました。

私は健太君を座らせ繋がったママ体制を変え座位にすると

健太君は私を突きながら左手で胸を揉み右手で

お尻を揉んで口で乳首を舐めて来ました。

私はあまりの気持ち良さにイッてしまいました。

健太君もイッたみたいでした。

私はしばらくボーっとしていると麗奈と健太君が立ちバックで合体してました。

麗奈は壁に頭と左腕を付き右手で自分の右胸を揉み

健太君は左手で麗奈の左胸を揉み右手でクリを触ってました。

すると麗奈はイッてしまいベットに倒れ込みました。

健太君はまだイッてませんでした。

私は健太君の手を引き

「シャワー浴びよっか?」

と二人でシャワー室に入り一度汗を流しお互いのアソコを洗い合うと、

浴槽の淵に健太君を腰掛けさせパイズリしました。

健太君は少し感じてました。

私はそのままフェラをして健太君をマットに寝かせ69でお互いを舐め合いました。

私は体にローションを付けると

健太君の体の上をヌルヌル滑った後騎乗位でハメました。

私は健太君に体を重ねディープキスすると

健太君は限界だったのか激しく腰を振りました。

私もその動きでイッてしまいました。

しばらくそのままの体制でいると麗奈が入って来て

「三回戦開始〜」

と私を退かし合体。

そのあとも私達は交代で健太君に襲い掛かりました。

ホテルを出て車に乗り街まで健太君を送り連絡先を交換しました。

その後私と麗奈はマンションを一緒に借りて

暇な時に健太君を呼びヤリマクってます。

後日談

11月の三連休私達は会社から休みを貰い三連休前日の金曜日

健太君と連絡を取ると

健太「今友達と遊んでる」

私「健太君合わせて何人」

健太「四人だよ」

私は麗奈と相談して、みんなで私達の部屋に来る様に言いました。

しばらくすると健太君達が到着したようです。

健太「連れて来たよ。」

他三人「今晩は、はじめまして」

健太君は他三人を紹介。

右から、雅史君=カワイイ系、亨君=普通系、幸司君=少しカッコイイ系

私「じゃぁみんな中に入って」と四人を入れました。

私達の部屋はリビングキッチンと部屋2つありそれぞれ私達の部屋になってます。

四人をリビングのソファーに座らせ麗奈が他三人に

「お姉さん達と健太君の関係知ってる?」

三人は知らないと首を横に振りました。

私「実は…こういう関係なの」

と健太君にキスして健太君の股間を触り、

私の胸を揉ませました。

三人はア然としながらこっちを見てます。

麗奈は三人に「私達Sexフレンドなの。」と

健太君一人じゃ二人の相手は物足りなく、みんなを呼んで来た。

と詳しく説明したのです。

私は健太君から離れ

「みんなも今日からセフレだからねっ。」

と三人を立たせました。

先ず雅史君を裸にしました。

チンチンは少し勃起してましたがちょっと小さめ。

次、亨君は大きさは普通ですが極太です。

幸司君はマァマァ普通サイズです。

三人はチンチンを隠します。

麗奈「チンチン見せないなら私達服脱がないよぉ」

私「手が使えないなら私達の体触れないしねぇ」

わざと意地悪言いました。三人は恥ずかしそうにチンチンから手を離しました。

私達は三人のチンチンを見ながら服を脱ぎました。

私「健太君も裸になって」

健太君は裸になり私達は下着姿になると

みんなを床に座らせ私達はソファーに座りブラを外し

オッパイが見えると三人は

「わぁ〜」と喜んでました。

三人を私達の前に立たせ二人のオッパイを触らせました。

オッパイを揉んでる間私達もみんなのチンチンを触りました。

すると三人とも初めての刺激に射精してしまいました。

私達は三人にティッシュを渡しチンチンや零れた精子を拭かせまた床に座らせると、

麗奈「じゃぁお姉さん達も全裸になるね」

と二人でパンティを脱ぐと三人は熱い眼差しでアソコを見てますが

健太君もジーっと見てました。

私達は四人をマンコの前に近づけて指で開いて見せてあげ

麗奈は雅史君に触らせ、私は幸司君に触らせました。

亨君は淋しいそうにしてたので

私達のオッパイを触らせ麗奈は亨君の極太チンチンを触りました。

そして私達はカーペットに移動して麗奈が幸司君を寝かせ

私は雅史君を寝かせフェラしました。

健太君と亨君を私達の後ろに呼び麗奈は健太君、

私は亨君にマンコを舐めさせました。

そして私達は反対を向き逆の男の子のチンチンをフェラしてから、

幸司君と雅史君のチンチンにコンドームを着けて

私「それじゃぁSexするわよ」

幸司君に私が、雅史君に麗奈がハメて騎乗位で腰を振りました。

幸司君は三分、雅史君は三分ちょっとで射精しました。

私達はマンコからチンチンを抜くと

健太君と亨君の方ヘ行きゴムを着け騎乗位で合体しました。

麗奈は健太君と、私は亨君としました。

亨君は四分くらいでイキました。

健太君は流石経験者、麗奈をイカせてから射精しました。

麗奈は暫く動けません。

私はもうチンチンを勃起させてる幸司君に再びゴムを着け

バックで突いて貰っていると麗奈が復活し雅史君と合体しました。

幸司君も二回目ということもあり持続してます。

が行く直前で射精したので私は健太君にイカせて貰うためにハメました。

麗奈はもう一回逝ってるので雅史君と同時に逝きました。

その後もみんなで何回もヤリマクリました。

私達は中学生を泊めるのはマズイので夜8時に四人を帰しました。

次の日私達は9時頃起きて朝食をすませると麗奈が

「今日も健太君達呼ぼうか?」

と健太君に連絡をすると幸司君と雅史君はサッカー部で

三連休はサッカーの試合が有って来れないと言うので

ちょっとガッカリしましたが亨君と二人で部屋に来る様に呼びました。

昼11時ちょっと前に二人はやって来ました。

私達はリビングに連れて来ると麗奈は亨君、私は健太君に襲い掛かりました。

二人を裸にしてフェラしていると健太君は私の服を上手に脱がせブラを外し

上半身裸にしてオッパイを触って来ます。

横でわ麗奈は亨君のチンチンを触りながら亨君に服を脱がせて貰い

ブラを外させると亨君の顔にオッパイを押し付けてました。

健太君は私のズボンを脱がせるとパンティの上からマンコを触った後

パンティの中に手を入れ手マンしてきました。

私はハァハァしながら横を見ると麗奈はもう全裸になって

亨君にクンニして貰ってます。

私と健太君は69をしてからチンチンにゴムを着け正常位でハメました。

麗奈は騎乗位でしてます。

何度か体位や相手を変え一時間くらいSexしました。

暫くソファーに健太君と亨君が座り私は亨君のチンチンに背中を着け座り、

麗奈は健太君のチンチンに背中を着け座りました。

後ろから男の子二人は首に手を回しオッパイを揉みながらテレビを見てました。

土曜日の昼なのでそんなに面白い番組が無いので

午後1時私達は四人でランチを食べに出掛けました。

レストランに行きランチメニューを食べレストランを出ると

車はラブホテルヘ向かいます。

車の中でわ麗奈が運転しながら

横に座ってる健太君のチンチンをズボンの中に手を入れ触ってます。

後ろで私と亨君はディープキスを交わし

亨君のチンチンを直接触り亨君にマンコを触らせました。

ホテルに着くとすぐに部屋を選び部屋に入ると

私は亨君をベッドに押し倒し上に跨がり貪る様に服を脱がせました。

麗奈はお風呂をチェックしてからソファーに座ってる健太君の隣に座り

ディープキスしながら服を脱がせ合ってました。

私はパンツ一丁の亨君に跨がった状態でパンツの上からチンチンを揉みながら

「亨君は私にしてほしい事ある?Hな事で」

亨「ん〜パフパフ!」

私は服を脱ぎブラを取り亨君の顔にオッパイを乗せ顔にオッパイを押し付けました。

亨君は幸せそうに鼻息を荒くして自分から私のオッパイを顔に押し付けました。

暫くは亨君の好きな様に遊ばせた後、

顔からオッパイを離しディープキスをしてると

亨君は私の背中に手を回しそのままズボンの中に手を滑らせ

お尻の割れ目に触って来ました。私は亨君に

「アナルはダメだよ。もし指入れたりしたらイカセて上げないよ。」と一言

すると亨君は手をお尻の膨らみに移動させ掴みました。

麗奈達は既に69してました。私も気持ち良く成りたかったので

お尻の手を離し立ち上がるとズボンを脱ぎベッドに座り

股を広げ亨君にパンティの上からマンコを触らせました。

さっきからマンコはグチョグチョでパンティにはイヤラシイ染みが出来てました。

亨君が手を動かす度にピチャピチャとHな音が聞こえます。

私は亨君にもっと触って欲しくなり四つん這いで触らせると

亨君はパンティをずらし指を入れて来ました。

私はとても気持ち良くハァハァアンアンしながら、

「もうパンティ脱がせて」

と亨君に頼み脱がせて貰うとグッチョリ濡れたマンコが露出しました。

亨君はすぐにマンコにしゃぶりつき愛液を飲み込みました。

それでも液は次から次へと溢れて来ます。私は堪らず

「舐めてばかりいないで、早く入れて」

と亨君に入れさせました。もちろんゴム装着で。

私はそのまま逝くまでバックで突いて貰いました。

逝った後暫く寝そべり体力の回復を待ちながら

麗奈達の居るソファーに目を向けると背もたれから

二人顔だけ出してこちらを見ています。

二人は私達より一足早くヤリ終わってたらしく相手の交代を待ってた様です。

二人は立ち上がりベッドに向かって来ます。

健太君はもうギンギンに勃起してました。

健太君がベッドに座った後ろで麗奈が亨君の手を引いてソファーに向かってました。

私は体を動かす力も無く健太君に仰向けにされオッパイを揉まれまくり

強制フェラをされ、マンコをメチャクチャに弄られ舐められ正常位でハメられました。

私はその後の記憶がありません。

気が付くと健太君とのSexは終了してました。

私は健太君と亨君にソファーまで運ばれました。

数分後私は体力が回復したので体を起こしベッドの方を見ると

麗奈はバックで健太君突かれ亨君をフェラしてました。

1番に健太君が逝き次に麗奈が逝きました。

亨君はまだ逝ってなかったので麗奈にハメ腰を振りました。

暫くして亨君が射精すると麗奈は既に痙攣して失神してました。

私は健太君と亨君連れ風呂に入り二人にハメまくって貰いました。

風呂から上がり部屋へ戻ると麗奈は目を覚ましてましたが力が抜けてました。

私達三人はソファーへ座りテレビを点けました。

ラブホテルではAVのチャンネルがほとんどで仕方なくAVを見ていると

私の左右から手がオッパイとマンコに伸びて来ます。

私はされるがママ二人に身を委ねました。

健太君にフェラをして亨君に突いて貰っていると

健太君のチンチンが私の口から離れました。

麗奈が回復したので健太君をベッドに連れて行ったのです。

私はAVと同じ様な体位で亨君にハメられました。

マンぐり返しでハメられたりバックから片足を亨君の肩まで開脚したポーズなど、

恥ずかしい格好に私はすぐ逝きました。

麗奈達も以外に早く終わってました。

時間が来たのでホテルを出て車に乗りました。

亨君の連絡先を聞き

私「したくなったら連絡してね。時間が合えばしましょう。」

と二人を健太君の家の近くに降ろし別れました。

今でも四人で乱交してます。

たまに幸司君と雅史君も呼んで六人で楽しんだりもしてます。



PAGE TOP