喉の奥にびゅぅーっと精子を流し込んで【エロ体験告白】

内田さんをメンバーに加えた5Pは最高に気持ち良くて、男性4人は思い思いに私の体で楽しんで、それぞれ口内射精とゴムを付けての中イキを1回ずつしてくれました。
計8回の射精が終わって4時くらいに、三田君と石田君がひとつのベッドで寝てしまって、私と田中君と吉野さんはもうひとつのベッドで3人で私を真ん中に置いて川の字になってじゃれあっていました。
全身が敏感になって、ちょっと触られるだけでもいやらしい声が出てしまって、それを見て面白がって2人は更に私の体を愛撫してきます。
両手で田中君と吉野さんのおちんぽを同じリズムでしごきながら、2人と交互にキスしながら、
「これずっとこんなんだったら気持ち良くて終わらないよぉ。。吉野さんは、まだやり残したことある?まだ精子出そうだね。」と吉野さんに尋ねました。

吉野さんは私のおまんこのびらびらを優しくつまんで遊びながら、
「いやぁ、こんなに気持ち良いセックスしたの初めてで、自分がどうしたいとか、ちょっとわかんなくなってるんですよね。なんか、まきさんがいやらしい顔してるの見たいとか、いっぱいイカせたいとか、ひーひー言わせたいとか、思うんですけど」

と言うので、
「私も吉野さんに気持ち良くなってもらいたいと思ってるよ。男の人が興奮してるのが好きなの。吉野さんはクンニしてるときに一番興奮してる気がする。小声でスゲェとか、マンコマンコって言いながら、ペロペロしてくるのかわいくて好きだよ彼女にはできないんでしょ?私ならいくらでもおまんこふやけるまで舐めてもいいよ?」

って吉野さんの方に体を向けて目を見つめながら誘ってみました。

田中君に背を向けたので、田中君が後ろから両手で私を抱え込んで、胸を愛撫し始め、勃起しっぱなしのおちんちんをお尻にスリスリしてきます。

私と向き合ったまま吉野さんはびらびらを触っていた指を内腿までびっしょりに濡れた膣に入れて
「もう全然ふやけてますけど、もっと舐めてもいいんですか?あぁ、そういえば潮ふくとこ見たいっす。潮を直接まんこから飲んでみたいです…」
と、ちょっと恥ずかしそうに言ってきました。

田中君が
「まきが潮ふくときって俺が正常位でちんぽ入れてずぽずぽしてるときなんだけど、俺のちんぽも一緒に舐めるの?俺は別にエロかったらなんでもいいけど」
と言うと、吉野さんは
「そうですよね、、いやぁ自分でもさすがにちんこ舐めたら変態かなと思うんですけど、ピストンしててちんこを入れた瞬間に溢れてくるまん汁を口付けて飲みたいんですよね、昔から。1対1だと絶対できないし、せっかくだからやってみたいんですけど…。」
と願望を伝えてきました。

私はおもいっきり潮を噴きたかったので、まずは正常位で田中君のおちんちんをグチョグチョに濡れたおまんこにくわえこんで、吉野さんに結合部分を間近で見てもらうことにしました。

「うわぁ、やっぱりいいまんこですね。濡れたびらびらがちんぽに絡みついて、ちんぽで突くと汁が溢れてお尻の方に流れてますよ。汁も泡立って白くなって、…しゃぶりたいです」
と言いながら、最初は見てるだけって言ってたのにそのまま私と田中君の結合部分にしゃぶりついてきました。

最初はヴァギナ全体を包むように、段々と膣口から直接愛液を吸い上げるような激しいクンニになっていきました。

私は田中君に軽く腰を捕まれてお尻が浮くような感じで一定のリズムでおちんぽを出し入れされ、吉野さんのジュルジュル、チュウチュウとおまんこを吸い上げる刺激に、
「ぁぁんっ…、おまんこ気持ちいいよぉ。」と体をくねらせてあえぎはじめました。

私が左右に動くので、Gスポットを攻められない田中君が
「吉野、まきが動くから、おまえのちんぽを口に突っ込んで上から抑えろよ」
と吉野さんに指示を出しました。

吉野さんはおまんこをジュルジュルすすりながら、すぐに私の顔をまたいで、私の口に我慢汁をダラダラ流したおちんぽをねじ込んできました。

田中君に正常位でおちんぽを挿入され、吉野さんとは69の体勢になり、私の目の前には吉野さんの玉とアナルが押しつけられ、息をするのも苦しくなるくらい吉野さんのペニスに抑えこまれました。

吉野さんは激しく興奮してるみたいで、「はぁ、、マンコ、マンコ、っ気持ちいい…」とかいいながら私の口におちんぽを入れながら勢い良く腰を振り始めました。

「おぉ、吉野、おまえ良かったな。まんこ舐めながら、口まんこに中だししちゃえよ」
と田中君が吉野さんに話し掛けると、口まんこと言う言葉に反応したのか、
「口まんこ最高です…。まんこ舐めながら、口まんこに挿入れるとか、たまんないです。ぁあっ、腰が止まんない…。。」
と抑え付けられて動けない私の口を激しいピストンでさらに犯しはじめました。

膣奥やGスポットへの快感、ヴァギナ全体の快感、クリトリスへの刺激、口内の快感、吉野さんの精子が混じった我慢汁の味、喉の奥で感じるペニスの熱、、、

全てが最高で、私は激しく喘いでいたのですが、吉野さんのイラマチオにより口を塞がれて「んぐ、んふぅ、っぐ、んんん…、ぅぐぅ」と動物みたいな声しか出ません。

そんなところも2人を興奮させてしまったみたいです。
私は息苦しさと快感で、いつの間にか、涙とヨダレを流しながら吉野さんのペニスを口で受け入れていました。

気持ち良くなるといろんな体液が出てくるんでしょうね。

涙が溢れてきたのと同時に吉野さんが
「まん汁がいっぱい出てきた。。やばいっすねぇ。これ潮噴いてます?」
とおまんこをしゃぶりながら田中君に尋ねました。

田中君はこれまで何度も私を噴かせているので、
「ああー、いい感じでまんこがトロトロだね。これはもうすぐ潮噴くね。こんな感じになったら、上の方擦ると出るよ。おまえちゃんと飲めよ。」
といいながら、おちんちんの根元を片手で抑えて亀頭をパンパンにして私のGスポットを通常より硬くなった亀頭を使い、高速で擦り上げました。
そんなことをされたら、潮を噴いて逝ってしまうに決まってます。。

「んぐぅぅぅ…」
私は声にならない唸り声をあげながら、火照ったおまんこから勢い良く潮を噴いてしまいました。

吉野さんがすかさず結合部分に吸い付き、噴き出した潮を直接ゴクゴクと喉をならして飲み干す音が部屋に響きます。

その間も吉野さんは口まんこへの激しいピストンを緩めず、私の顔はヨダレと涙でぐしゃぐしゃになり、さらに潮を噴いてトランス状態になっていました。

「あぁ、口まんこ最高っす。口まんこに出しますっ。中に出します。ぁあっ…。」
と切ない声を上げて、吉野さんは両ももで私の顔をぎゅっと挟み込んで、喉の奥にびゅぅーっと精子を流し込んできました。

10秒くらいの長い時間射精を続けていたので、私の口元から溢れた精子がゴボっと流れ出して、それでも吉野さんは精子を絞りだすように腰を降り続けて、私が全ての精子をゴクゴク飲み尽くしたあと、フラフラになって私の横に倒れ込みました。

田中君が「俺もイクよー。口開けて」とだらしなく開いた私の唇に尿道口を押しあてて、精子を飲ませてくれました。

さすがに3回目の射精だったので量は少なかったのですが、3回もイッてくれたので、丁寧にお掃除フェラをした後、自然と眠ってしまいました。
気持ち良すぎて、気を失ってたのかもしれないです。

そんな激しくて気持ちよいパーティーが終わったのは朝の5時半くらいでした。

それから仮眠をとって、9時くらいに起きて、4人全員の朝勃ちおちんぽの射精を手伝ってあげて、ゆっくり朝ご飯を食べてからホテルをチェックアウトしました。

私にとって最高のセックスが出来た日でした。
でもそれからも毎回最高に気持ちよいセックスをしています。


PAGE TOP