小学校の人妻保健の先生に調教してもらった体験談【エッチ体験談告白】

僕の中学のときの話しです。

うちの学校の保健の先生は、もう結婚していたけど30歳くらいでけっこうかわいくて、なによりすごくさばさばした話しやすい先生で、放課後とか昼休みとかよく保健室に行っていろんな話しをして、先生も僕のことをかわいがってくれていた。

性教育の授業もその先生がしてくれたこともあり、そういうことに興味津々の年代だったので、授業の後にもそんなことを男連中で話しをしにいったりした。

授業でのその先生が「ペニス」「ヴァギナ」「勃起」「射精」なんて言葉をいうたびにドキドキした。

ある時、ちょっとしたことでクラスのやつとけんかになって、僕は股間をけられた。

担任の先生に止められたけど、けられたところが痛かったので保健室に連れて行かれて保健の先生に見てもらうことになった。

「ばかなことして」「そんなとこけられて、使い物にならなくなったらどうするの」と笑いながら言ってくれた。

「まだ痛い?」ときかれたので「うん、少し」と言うと「しょうがないわね、念のため診ておこうか、じゃあ、恥ずかしいけどパンツ脱いで見せてね」かなり恥ずかしかったけど、しょうがないと観念して、ズボンを下ろしてパンツを脱いだ。

「どれどれ」と言いながら僕のおとんちんをじっと見てもらった。

「ちょっと触るよ」と言って、おもむろにおちんちんを持ち上げて裏側をしげしげと見られた。そして、玉のほうを触りながら「ここも痛くない?触っても痛みはない?」

「うん、そこは痛くないです」「じゃあ大丈夫ね。どこか痛いとこあるの?」「ちょっと先のほうが・・・・」

「ほんと?そう言えば少し赤いかな」「でもまだ、皮かぶってるから中身は守られてるわよ」と、気にしてることズバッといわれた。

「気にしてるのに、そんなこと言うなよ」

「あら、ごめん。でも君らの歳なら包茎でもあたりまえだよ。気にしない気にしない」「授業でも言ったでしょ。

これから成長すると剥けてくるんだよ。」あっけらからんと言われると、怒る気になれない。

「先生、僕のってやっぱり小さい?」

「何が?ペニスのこと言ってるの?」「そうだよ」「そうね~、先生もそんなに男の人もの見てるわけじゃないから・・・・」

「でも、小さくはないと思うよ。」「うちの旦那より大きいかも(笑)」「えっ、ほんとに?」

そう言われるとなんか興奮してきて、しかも先生に、自分の物を見られてると思うと勃起してしまった。

「あらあら、急に元気になっちゃったわね。やっぱり中学生は元気だね。」「やっぱ、うちの旦那より大きいよ。すごいじゃない」「ごめんなさい。なんか恥ずかしいよ。」

「恥ずかしがらなくてもいいわよ。中学生の男の子なら」「マスターベ-ションとかしてる?」

「うん、たまに」「まだ一度も剥けたことないの?」「うん」「ちょっと待ってて」

というと石鹸を持ってきてくれてそれを、僕のおちんちんに塗ってやさしく皮を下に降ろしてくれた。

少し痛かったけど、するっと言う感じで皮が剥けて、先が露出した。

「あっ、剥けた!」「はい、授業をきちんと聞いてたごほうび」「先生ありがとう。」先生はウエットティッシュできれいに拭いてくれた。

「しっかりお風呂で洗うんだよ」それ以上のことは起こらなかったけど僕の記念日になったし、先生とはより仲良くなって卒業後も会いに行ったりよくしていた。

今もメールしたりたまに会ったりする関係が続いています。


PAGE TOP