義理の父に快楽を仕込まれ妹は処女まで奪われました【エロ体験告白】

私の母は×1で今年再婚しました。
連れて来た男は母だけでは飽き足らず私にまで手を出してきます。
最初は嫌だったけどアレは大きいしテクは凄く良いので今では喜んでエッチしてます。
安全日は中出し、それ以外の日は生で外だし、と言ったSEXをしています。
一時はこの繰り替えしが2ヶ月間もあったときもありました。

そんなある日学校に行こうとしたとき手を引かれ
「今日は一日付き合ってもらいからな」
と言われ2万円渡され喜んでOKして私は部屋にいきました。
「現役女子K生とマジSEXが出来るなんていいよな」
と言ってミニスカの中に手を入れマン筋に沿って触ってきました。
次第に濡れ濡れになったアソコに濡れたパンツの横から指が入ってきました。
男性の性器を受け入れる部分に指が2本入ってきました。

クチュクチュとエッチな音を立てていました。
制服の胸元を開けられておっぱいと乳首を吸われました。
やがてパンツを脱がされてアソコだけを舐め始めました。
「お前最近ここ黒くなってきたな」と言われました。
そうです毎日の様にSEXをしていれば擦れて黒くなります、最近の悩みでもあります。
ミニスカの中に頭を入れて私の性器をしゃぶっているところを携帯の写メでとりました。
今度は私の性器に3本の指が入ってきました。
私の性器からは愛液が零れる一方です。
ついに私は私のベッドの上で潮吹きをしてしまいました。
私のベッドは私が漏らした体液でビショビショになっていました。
「パイズリはもっとおっぱいが大きくなってからだな」と言ってフェラチオをさせられました。
大きい暴れん坊将軍が口の中に入ってきました。
先っちょだけ舐めたり、口を開けて中を舐めたりしている内に口の中に沢山の暴れん坊将軍が出てきました。
私は一人残らず将軍様を飲まなければいけないのです。

「全部飲んだか?じゃあ愛し合おうじゃないか」
といって正上位で制服を着たまま挿入されました。
私の大事な性器には義父の性器が入ってきてこれから生殖行動をするんだと思うと興奮してきました。
義父は始めから激しく突いてきました。
私は
「激しくしないで・・・すぐ逝っちゃうから」
と言います。
がお構いなしにガンガン突きます。
義父は突いてる間おっぱいを揉んでくれます。
お陰で日に日に大きくそして形がよくなって来てます。
私は乳首を吸われるのが大好きので
「乳首吸って・・・お願い」
と頼みます。
義父は突きながら乳首をチュウチュウと吸ってくれます、かなりの力で吸います。
たまに噛んだりしますがMっ気があるのでうれしいです。
「もっともっと・・・吸って・・・お願いもっと・・・吸って」
と頼んでただ喘ぐばかりです。
「ああ・・・そろそろ逝くぞっ!・・・どこに出して欲しい?」
と聞いてきますいつも安全日は中出しです。
「あああん・・・中に子宮の中にあなたの精子出して・・・全部子宮に・・・」
「よぉし、願い通り子宮にたっぷり出してやる・・・ああぁ・・・ああぁ」
といって沢山の精子を子宮に出してくれました。
バックや駅弁、騎乗位、なんかもやりました。

家中では飽きてきたので野外でやりました。
声を出さないようにしましたが
「っあっあん・・・ああぁ・・・あっ」
「しーっ、見つかるだろ、それともそんなに見られたいか?」
「ちょっと見られたい」
「そうか、じゃ、お隣さんに少し見せてやるか」
「うん、見せてあげよう」
と言って痴女ぶりを発揮しました。
見られたのはお隣さんではなく向かいに住んでる小学生でした。
外でもバック、正上位、騎乗位、体面座位で中出ししました。
ここまで中出ししていたので私の性器からはエッチな汁が沢山垂れてきました。

野外エッチも飽きて、SMちっくなプレイに私は手縛られて正上位で犯されました。
「女子K生犯せるなんてラッキーだな」
と言いながら抱き起こされて騎乗位にされました。
「勝手に腰動いてるよ、気持ち良いの?」
「うん、気持ちい」
「犯されてる女が言う言葉じゃねぇな」
そのまま中に出されました。

今度はベッドに縛られて目隠しをされて本格的にレイプされました。
写真を撮る音がしました。
女子K生を犯したんだと仕事の仲間に自慢するみたいです。
義父は私の性器とおっぱい特に乳首を重点的に責めました。
お互いが果てるまで30分はかかりました。
もう十数回は中出しされてます。
私の性器から義父の性器が離れたところをデジカメで撮ってました。
半透明になった白い暖かい液が伝うのが解りました。
目隠しを取ってキスしました。

そこにC3の妹が帰宅してきました。
「早く解いて、見られちゃう」と言いましたが解いてくれませんでした。
その間妹は
「お姉ちゃん、居ないの?」
と私を探して私の部屋の前にやってきました。
「入ってきちゃダメ」
と言っても、何かを察知したのか入ってきてしまいました。
義父は妹のセーラー服を脱がして
「お姉ちゃん見たいないい女になろう」
と言って犯し始めました。
「妹はダメ、まだC3なんだから」
と言いましたがとまりません。
妹は泣きじゃくってしまいました。
正上位で挿入されついにレイプされてしまったのです。
「痛い、痛い、やめて」と叫びます。
「ああぁ気持ちい、処女はサイコーだな。お前の姉ちゃんはいい身体してるけどお前はいいマンコしてるぜぇ、こりゃ名器だな」
「お姉ちゃん助けて・・・いやぁ」
でも何も出来ません。
妹は裸にされて胸も性器も唇も弄ばれていました。
小さい身体に大人の大きな身体が密着して、綺麗な白い肌を義父は舐め回していました。
細い腰を太く大きい手で引き寄せ奥へとはいっていきます。
妹の腰は少し浮いていて骨盤が出てきていました。
「おお・・・出すぞ中か?」
「だめ・・・外、外」
「いやっ、中だな」
やがて処女のキツイ性器の締りに負けて中出ししました。
抜くと赤い血と白い精液が混ざっていました。

血で赤くなった妹の性器をデジカメで撮ってまた妹を犯し始めました。
2,3回犯されるうちに妹も
「ああぁ・・・いい・・・ああぅ・・・ぃく」
と快楽を覚えるようになってました。
騎乗位では自分から腰を振っていました。
「どうだ、妹も喜んでるぞ」
「ああぁ・・・いい・・・あっあっすっごい・・・あたる」
「そんなに動いたら出ちゃうよ?」
「うん、いいの、中に出して良いの」
と我を忘れていました。
ついには私も混ざって3Pになってました。
妹は義父の暴れん坊に責められ、私は義父の顔の上に座って妹とDキス。
妹を犯し終わっても、次に私を犯すのです。
レズプレイしろといわれました。
「お姉ちゃん、やろう」
妹に言われてレズプレイもしました。
妹は精液と愛液が混じってる私の性器を無我夢中で舐め続け、私も69の体制で舐め続けました。
この後母が帰宅するまで乱交中出ししてました。
今ではたまに妹も混ざって義父に犯されてます。


PAGE TOP