お尻の穴まで舐めさせられた【エロ体験告白】

34歳の主婦です。7年間勤めていたパート先を先週で辞めました。
ここ2週間は、出勤もできなかった。30人ぐらいの工場で組み立てをしていました。
条件も環境も良かったから続けたい気持ちもあったけど。女性としてこれだけは耐えれない出来事が起こってしまい精神的にも立場的にも辞めるしかありませんでした。

男の人が多い職場だから、「愛ちゃんおっぱいでかいね」とか、ふざけて「今度1回やろうとか」は今までたくさん言われたし、冗談で聞き流してた。
でも、「愛ちゃん、クリトリス舐められると、もっおもっととおねだりして、尻ふりふりするらしいね、乳首噛まれるの好きらしいね」
「フェラチオすると、30分は舐めるし、顔がまたスケベで厭らしいんだって、中出しされるの好きだとか、中でイってとお願いするんだって」
「パンティー、色っぽいのが多いらしいね、紐パンがすきだって」「ピンクローターでクリトリス触られると潮吹くらしいね、シーツびしょびしょ?」
「Mだって、縛られたり目隠し、恥ずかしい事言わされるの好きだって」自分に覚えのあることを次から次へ数日休憩時間中に2人の男性に言われ続けました。
その度に腹が立ったけど、誤魔化してた。セクハラで訴えてやろうとも思った。
でも、だめだと諦めました。
「写真見たんだよ、愛ちゃんがね、ちんぽ咥えてるの、まんこにちんぽ入れてるの、中出しされてまんこから精液垂れ流して股広げてるの、それと面白かったのは縛られてローターで焦らされてる動画、いい声だしてるね」
そして、もう1人に「乳でかいよね、巨乳だ、F、G?乳首もでかいけど、尻の穴から、まんこまで見せてもらったよ、毛は案外薄いね、旦那には黙っててやるから今度俺たちも1回させろ」…
頭がその瞬間真っ白、何も考えられなかった、こんなの嫌だと叫びたかった。 何で、何でこんな事するのよと、3ヶ月前退社した24歳の健二の事を怨みました。

2年ほど前入社したての彼から、愛さん好みとか、デートしてと執拗に言われてました、年下の若い子に言われ続けたらやっぱり嬉しい、1回だけならと思って、彼とHしてしまいました、
正直言って初めての浮気、Hも主人とは3年ほど無く久しぶりのH、気持ちよかった、若いから元気もあるし、それに女慣れしてるというか私の身体を焦らして火をつけると言うか、弄ぶというか、上手だった。
彼に誘われるままそんな関係が週2,3回。段々行為もエキサイトして、SMも、おもちゃも、でも私は、彼が私の事愛しているからと彼の望む事ならと嫌だったけど我慢してた、
でもそれが快感に変わり始めるのも直ぐだったけど…
デジカメで撮影されてた何回も厭らしいところ、若い彼が可愛くてしかたなかった。
私、彼に中出しされる時、精子がドクドクと私の中に入って来ると幸せだった。
社長とけんかして会社辞めるとき悲しかったよ、それから3回は会ったけど電話もメールも来なくなって、結局私は、遊ばれただけか、年齢離れてるから仕方ないよ、とか自分を慰めてた。
そして忘れようと努力してる時にこの出来事!頭真っ白「ばか、なんてことするんだ」叫びたかった。
その夜眠れなかった、翌日が怖かったよ、怖かった。写真は、渡して無い事だけ祈った、祈ってた。でも、願いは叶わなかった。
2人とも違う種類のを3枚づつ携帯写メ持ってた。
「どうするこれと」2人に言われた、帰りの駐車場で。
「どうすれば消してくれるの」 決まってるのに聞いたよ、3人でそのままホテル、子供に残業で遅くなるってメール打たされ、主人は、長距離だから良いけど、子供だけは連絡いるから。
2人が悪魔に見えた。ホテルで私だけ裸にされお風呂も派いらずフェラチオさせられた、おしっこ臭かった、
そんな時にはもう1人は私の後ろからクリトリス弄繰り回してくる、濡れるよ感じ易くなってる身体だしね、声だって出るよ、嫌な相手でも、「本当にスケベだな」とか言われると涙でてきた。
お風呂では身体を洗わされた、お尻の穴まで舐めさせられた。
オッパイ散々揉まれた、乳首両方から吸われて1人がクリトリス、1人がお尻の穴をベットの上で弄りだした。
潮だって吹くよ、敏感なところ全部同時に触られてたら、声だって出る、お尻だって動くよ、手にはおちんちん握らされてる力が入るよ
「愛ちゃんスケベだし淫乱だちんぽ好きか、欲しいか」欲しくなって来るに決まってるよ、どんな女だってそうなるよ、「ちんぽくださいとお願いしろ」意地でも言うかとか思っても、
我慢できなかった「ちんぽください」もう後は、咥えながらちんちん入れられ、当然のように2回づつ中出しされました、愛を感じない中出しは嫌だった、どくどくいかれた時、身体が汚されていく感じでした
。2人のちんちん舐めて綺麗にさせられ、酷いのは私にシャワーもあそこの後始末も許さずパンティーを履かせて帰させた事です。
4回分ですよパンティーの股間はベトベトで気味が悪かった。
車の中で始めてその時真実を教えられました、健二は2人に借金がありその1部として私との事を売り渡したという事を、2人は1枚だけ写メを消してくれました。
「お前が満足させてくれるたびに1枚ずつ消してやる」と言いました、帰り1人車に乗ると涙が止まらなかった。
あそこからどろりと精液が溢れて来るのが30分の運転中気持ちが悪かった、こんなの地獄だと思いました。
でもそれは始まりでした。昼休み呼ばれフェラチオ、帰り呼ばれ車を止めH、ホテル代私が払わされ3Pそんな生活でした。
いつも中出し。写メ何か消してくれません、「今日はお前が気持ちよかっただけで俺らは良くなかった」と言うだけで。
1ヶ月続きました。もう、限界でした、足が会社に行くことを拒みだしました。
もうどうなっても良い、辞めると決心しました。
そして、辞めました。携帯も番号変えました。


PAGE TOP