童貞君は一生懸命腰をふり私はきもちよくて・・【エロ体験告白】

高校の修学旅行の時です
私はクラスの女の子たちとクラスでも仲のいい男の子の部屋に遊びにいきました

トランプをやって盛り上がった後
男子の布団に女子一人づつはいって
皆でエッチねたでもりあがっていました

その中に童貞の男の子がひとりいました 私は童貞君の布団のでした
そのうちに話はその童貞君の所にむいていきました

彼はつきあったことはあるが、
奥手すぎで胸もさわったこともキスもしたこともない人で
皆でそれをからかって奥手の童貞君に胸を触らせてみようってことになりました
私はその当時20にんくらい経験者がいたんで
なぜか男馴れしている私に決まり
ちょうど同じ布団に入っていたし
男の子達がむりやりその男の子の腕をつかんで
私の胸をさわらせようとしました

けど童貞君はかなり照れて抵抗していました
私は別にどってことなかったんで
私もふざけて胸を触らせようとしたけど
やっぱり抵抗しました

みかねた他の男子が私の胸をおもいっきりもんできました
ちなみにわたしはその当時20人くらい経験していたるのを
みんなしっていたので

他の男の子もえんりょうなしに次々と全員もみおわっても
童貞君は参加してこなかったので

なんだかむかついた私は童貞君の股間にまたがって
きじょういの体勢になって
ねまきのうえからきじょういのものまねをしてもりあげていたら、

なんだか股間からむきむき勃起したペニスがかたくなって
私のクリトリスにあたったんで
さすがの私も濡れてきちゃったんでやめました。

ふたたび童貞君の布団に入りみんな疲れたんでねました
私は童貞君が腕枕をしてくれたのでそこでねました

皆もねしずまった後の事です

みんなのいびきがきこえだしてきたころ
私はまだねれなくて
私はたぬきねいりをしてました

そしたらとなりでねているはずの童貞君が私の方を向き、
いきなりキスをしてきました かとおもったらディープキス

次はキスをしながらちくびをくりくりそして
むねをもみもみむねからしたへ
だんだんだんだん手が下のほうへのびていきました

私はその時彼氏がしばらくいなかったので
かなりの欲求ふまんで
もうパンツの中はそれだけでぬれぬれでした

その手はだんだんとパンツに近づいてきました
パンツの上から童貞君が指でクリトリスをはげしく前後にこすりました
私は感じてしまって「あ・・あっ・・」と声をだしてしまいました

私がおきていることにきづいた童貞君は抵抗をしなかった私に
たいしてやってもいいとおもったらしく
さらに激しくこすってきました

ふとももあたりをじらすかのようにさわり
パンツの中に童貞君の手が入ってきました

そのときもうわたしのパンツの中はぐちょぐちょで
そとからさわってもぬれているのがわかるくらい
パンツがしめっていました

童貞君のてがパンツの中にはいってきて
マンコのほうにいきました

ゆびをマンコの中に入れたりだしたりしはじめ
マンコのおとがぐちょぐちょしてきたころです

マン汁がたっぷりついた手で童貞君は私のクリトリスをいじりはじめました

そんなことされたら私もすごくかんじちゃって
声がすこし大きくなってしまっていきづかいは「はぁ・・はぁ・・・」

ますますこうふんした童貞君は激しくクリトリスをこすりはじめ
マン汁をつけるとかんじるのがわかったのか

マン汁をもってきながらクリトリスをこっていました
わたしはすごくきもちよくなってしまって
「00くん・・いっ・・いくぅー・・・っ」と気持ちよくいかしてもらいました

それから童貞君は私のあしをかるくもちあげ、
自分のものを私の中にいれようとしました

マンコの場所がわからないらしく
亀頭でさがしだしやっとみつけたようで
ぬるっとした私のマンコにぬぷっとはいっていきました

彼は見たこともない気持ちよさそうな顔で入った瞬間
「っあー・・」とこえを出し、こしを動かし始めました

私はやっぱりどうていなのでものたりなくなり
「00君わたしが教えてあげるっ」といって彼と場所を交代し、
きじょういのじょうたいになりました

私は腰を上下に動かし彼のきもちよさそうな顔を見て
自分もだんだんきもちよくなり
マン汁がマンコからもれてきましたそうなったくらいに
童貞君がせいじょういにもってきて
童貞君は一生懸命腰をふり私はきもちよくて
「00君もっとっ・・・もっと・・いいぃー」
小さい声で耳元でささやきました

となりではみんながねているのでどきどきものでした

でもそのスリルがぎょくに燃えさせてくれて
もうわたしは頭の中真っ白になってしまいました