お互いの舌が絡み合う濃厚なディープキス【エロ体験談】

ゴールデンウィークも終わり、

大学の授業も再開したある日、

友人の隆のマンションでさぼっていた。

俺は自宅から、隆は親からの仕送りで学生には似つかわしくない

2DKのマンションに住んでいる。

見ていたビデオも終わり、

学校に戻るかと題名の書いてないビデオを見つけた。

「これ裏か?」

「ん~・・・俺が撮影した熟女との絡みだな」

「熟女に興味あるか?」

「黒木瞳みたいならな。

ばばあはイヤだ」

隆はビデオを再生しながら話を続ける。

「バイト先のファーストフードのマネージャーなんだ」

暫く見てると顔のアップになった。

俺の顔色が変わり、声も出なかった。

知っている顔だった。

それも何時も見ている顔だ。

「この女とヤッたのか?」

「今の俺のセフレだよ。

いい女だろ、俺達と同い年の息子がいるんだぜ、見えないだろ」

隆は自慢そうに話す。

「貸してやるよ」

「う、うん」

俺は頭がパニックになりながら返事をした。

ビデオに映っている女性は俺の母だった。

母はビデオを向けられていても隆とキスを始めた。

お互いの舌が絡み合う濃厚なディープキスだった。

彼女もなく経験の無いようなキスシーンを見て

俺は不覚にも起ってしまった。

隆はキスをしながら、母の服を脱がせ、

ブラウス越しに84のDカップ位の胸を揉み始めた。

すると母は鼻から俺が聞いたことのないような声を漏らし始めた。

俺は隆から数本のビデオを借りて帰った。

隆の話では、仕事ではキャリアウーマンのように周りには厳しいが、

関係を持つ前から母は独り暮らしで

息子と同い年の隆には優しかったそうだ。

食生活を心配し食事を持ってきてくれたり、

何度が2人で食事にも行ったそうだ。

普段は、化粧も地味で髪も後ろに縛るだけでメガネを掛けていて

普通の40歳のおばさんだが、

2人の時は薄化粧で口紅も鮮やかで髪も結ばず、

フェロモンが出ていて、隆には女らしさを感じさせた。


ゼヒゼヒぽちっと一票お願い致しますm(--)m