薄い茂みの中にあるヒダとヒダの奥からは白い愛液が出ていたw【エロ体験】

当時僕は、小作にある会社で設計の仕事をしていました。

小作は一応東京にも関わらず、

駅周辺から少し歩くとすぐに田んぼだらけの田舎でした。

駅の周辺もそこまで発展しているわけではなく、

毎朝通勤時には決まったコンビニで飲み物等の買い物をしてから、

20分程歩いて工場へと通っていました。

コンビ二でのバイト経験があった僕は、

毎朝飲み物を買う時にバーコードを上に向けて

商品を差し出す癖がついていました。

小作での勤務が始まってから3ヶ月くらいが経ったある日の朝、

いつもの様に飲み物とガムと雑誌を買うと、顔も知らない女の子が、

「いつもありがとうございます」

と言ってきた。

一瞬お決まりの店員の挨拶のようにも聞こえたが、

空気がおかしいのでレジの子の顔を見ると、

ずっと僕の顔を見ていた。

少し考え、いつもバーコードを上に向けている事に対しての

お礼だという事に気づいた。

少しの沈黙の後、話し掛けた事をレジの子が後悔し始めていたようだったので、

僕は焦って自分もコンビ二でのバイト経験がある事を話し、

「頑張ってね」

と言ってその日はコンビニを後にした。

それからは、その子が朝のバイトに入っている時(週1~2回)は、

2~3分立ち話をしてから出勤するようになっていました。

その子は立川に住んでいる短音大生で、

19歳、色白で背が小さく、顔はどことなく優香に似ていた。

(その子の事を以下マユとします)

当時年上と付き合っていた僕は、明るく、

今時ではない雰囲気の年下のマユがとても新鮮で、

マユと話してから出社する朝はとても気分がよかった。

下心が無かったわけではないが、

妹のような存在のマユに手を出すなんて事は考えてはいなかった。

が、同時に年上の彼女にマユの事を話す気にもならず、

後ろめたさよりも、むしろいつも子ども扱いする彼女に対しての

ほんの少しの反抗心すら感じ始めていました。

マユと知り合ってから2ヶ月が経ったある日の朝、

マユが悲しそうな顔をして、

「卒業が近いので、今日でバイトを辞める」

という事を僕に告げてきました。

僕と知り合った頃には辞める事は決まっていたのだけれど、

まさかこんなに仲良くなるとは思っていなかったし、

言い出すタイミングも逃し、

とうとう今日になってしまったという。

僕は冗談半分で、

「じゃあ今日仕事が終わってから、俺がお疲れ様会開いてあげよっか?」

と言った。

きっとバイトのメンバーで開いてもらうだろうし、

携番もラインも知らない、

朝話すだけの男の誘いを受けるとは思っていなかった。

そんな僕の思いとは裏腹に、マユは顔を輝かせて、

「いいんですか?!」

と言ってきた。

マジで?

その日、待ち合わせの午後20時半までの間、

仕事も手につかず、

何をしていたのかもあまり覚えていなかった。

待ち合わせの時間に5分くらい早く

待ち合わせ場所に指定した小作駅に着いたが、

既にマユは待っていた。

コンビニの制服姿しか見た事がなかったので、

バンダナ柄の薄手のスカートに赤いキャミ、

といった姿のマユは本当に可愛く見えた。

同時に、少ししかなかったはずの下心が大きくなり、

自分がただの男である事を意識させられる程マユの大きな胸が目に付いた。

マユの姿を見るまでは、

小洒落たレストランでご飯でも食べてお開きにしようと思っていたけど、

気付いた時には近くの居酒屋で乾杯していました。

2人掛けの席に座り、時間が経つにつれて

頬が赤らんでゆく正面のマユを見ているうちに、

僕のチンコはいつのまにか勃起していた。

それはマンネリ化していた年上の彼女との行為では

感じられなかった程の力で、

今すぐにも薄っぺらいキャミを剥ぎ取り、

2つ並んだでかい乳を揉みしだき、舐め回したかった。

1度考えてしまった妄想は消える事なく、頭の中を回り続け、

マユが話していたバイトや大学の話になど、

もはや相槌くらいしか打てなくなっていた。

飲み始めて1時間半、当初の目的であったお疲れ様会や、

マユとたくさん話そうなんて気はもう無くなっており、店を出ようと言った。

マユは話が盛り上がっていたので一瞬怪訝な表情を見せたが、

悲しそうな顔で、

「そうだよね、明日もお仕事だし、ここから家も遠いもんね」

なんて呟きながらついてきた。

マユが荷物を持ってヨタヨタと奥の席から出てくる間に、

会計はすぐさま済ませた。

地下1階にあるその居酒屋を出て、

地上への階段の途中でマユが足を止め、

「お金は?」

と言いながら、バッグに手を入れて財布を探す素振りを見せた瞬間、

ついに限界がきて強引にキスをした。

マユは拒まず、バッグに右手を入れたまま目を瞑り、舌を受け入れた。

差し込める限りの奥まで舌を入れ、舌を絡ませ、

マユの小さい口を唾液でいっぱいにした。

しかし、続いて店から他の客が出てくる気配がしたので、

キスを止め、外へと向かった。

自然と手は繋がれていた。

僕が小作を知らな過ぎるのか、小作という土地が悪いのか、

駅周辺にあるホテルなど知らなかった。

小作からホテルのある立川まで電車で40分。

そんなに我慢できるわけもなく、昔、何かの雑誌のアンケートのランク外で

「障害者用のトイレで」

という記事を見て、そんな所でやる奴もいるんだなぁ、と思った事を思い出した。

運良く、小作駅には障害者用のトイレがあったのだ。

時間も遅く、駅周辺は人気も少なくなっていた為、

男女2人が障害者用のトイレに入っていくのは簡単だった。

トイレに入った瞬間、マユの着ていたキャミとブラを同時に上にずらした。

白く、大きく、そしてあまりにもエロい、

大きくクッキリとした乳輪、そして既に立っている乳首が露わになった。

片方の乳首を摘み、揉み、片方の乳首をずっと舐め回していた。

途中何度もマユは膝を折り声を上げたが、

決して座らせる事はせずに、壁を背にして立たせ続け、

満足するまで乳だけを責め続けた。

マユの体が汗と僕の唾液でビショビショになった頃、

マユを便座に座らせ、僕は目の前で仁王立ちになり、

ズボンを下ろし、我慢汁で濡れ、異臭を放つチンコを出した。

言われなくてもマユはしっかりとチンコを

自分の小さい口へと運んだが、手は使わせず、口だけでやれと指示した。

大きく唾液でテカった乳を出したまま、

マユは口の中で一所懸命に舌を動かし、

舌を回し、頭を前後に動かし、袋を舐め、筋を舐め、

口に入れては、また外側を舐め回し…を繰り返した。

日々年上の彼女に弄ばれている為、

フェラではいかなかったが好都合だった。

マユを立たせると壁に手をつかせ、

後ろ向きにさせた。

スカートをめくり上げると、

ピンクのテカったシルクの下着に包まれた

形も肉付きも良いお尻が出てきた。

下着を少しずらすと、薄い茂みの中にあるヒダと

ヒダの奥からは白い愛液が出ていた。

僕はそのまま自分のものを勢いよく突っ込んだ。

瞬間、マユはきっと近くを誰かが歩いていたら聞こえたであろう程の声で

「あぅっ!!」

と声を上げた。

白く形の良いケツを軽く叩き、乳を掴み、激しく腰を動かした。

マユは腰を動かす度、

「あぅ!あぅ!」

と声を上げた。

テカり揺れる乳、突きだれたケツ、

丸見えの肛門、チンコに吸い付くマユの赤いアソコ。

全てが、背の小さく、

いつも朝のコンビニで笑いかけてくれていた真面目そうなマユからは

かけ離れていて、早くも絶頂を迎えた。

いくっ!と叫ぶとマユは

「マユも!マユも!あぅぅぅっ!」

と叫んだ。

マユが一瞬ビクッと大きく痙攣したのを確認すると、

すぐさま引き抜き、マユの下着を着けたままのケツへ精子を放った。

精子で濡れ、愛液で濡れ、マユの下着が透け、

あそこが見えると、再度チンコが力を取り戻しそうになったが、

時間とマユの体力を考えてやめた。

マユに口で綺麗にさせ、マユは自分の下着を洗い、

バッグに仕舞ってノーパンで電車に乗って立川の自宅へ帰っていきました。


ゼヒゼヒぽちっと一票お願い致しますm(--)m