使い終わった後のダッチワイフを捨てるみたいに・・【エッチ体験談】

こんにちは、都内でバーテンしてる26才の男です。

昨日の事なんですけど、

俺は六本木駅近くのビルの7階のバーで働いていて、

深夜2時位に休憩に入ったんで、

バックヤードで一服してました。

そしたら、窓のすぐ近くで女の悲鳴みたいなのが聞こえたので、

恐る恐る窓に耳をあてて聞いてみました。

すると、太い英語っぽい声が聞こえて、

何かヤバそうな感じだったけど、

ゆっくり窓を開けて覗き込みました。

窓の外は、すぐ隣のビルの非常階段の踊り場が見えています。

ちょうど俺が見下ろす感じで、

すぐ下に黒人に押さえ付けられた日本人の女がいました。

たぶん隣のビルのクラブから出て来た奴らだと思うんですけど、

編込んだ感じのへアースタイルの色グロな女が、

黒人に口を押さえられていました。

そして黒人は片手で女のジーパンを脱がせて、

下半身を裸にしていました。

女は暴れていたけど、黒人の握力が強いのか、

顔が真っ赤になって力が入らないみたいだった。

女のパンツも脱がされると、

パイパンのオマンコが出て来て、

黒人も興奮してズボンを脱ぎはじめた。

そして自分でシゴきながら立たせると、

女のマンコに大量の唾液を吹き掛けて、

グチュグチュやりながら、

柔らかそうなチンポを入れていった。

女は最初すごい抵抗していたけど、

2分ぐらいピストンされると、

様子が変わって来て、

叫ぶより喘ぐ感じになってきたんで、

黒人も手を離して本格的にピストンをしていた。

黒人は女を手摺に掴まらせて、

立ちバックになると、

信じられない位の勢いでピストンをはじめた。

手摺が揺れて

「ガシャンガシャン」

音がしてるし、

黒人は「オーイェ、オー」と叫んでるし、

女も「あああん、あん、ああああ、いやあああああ、ダメええええ」

と叫んでるし、

ビルの谷間に響き渡る壮絶な光景でした。

たぶん聞いてたのは俺だけじゃ無いと思います。

そして女の体の揺れが尋常じゃなくなってきて、

もの凄いピストンがはじまりました。

たぶん女は黒人に腰をもたれて、

足が浮いていたと思います。

そして声にならない声でうめきながら、

女は2、3回連続でイッたみたいです。

すると黒人がゴチャゴチャ喋り出すと、

凄い勢いで腰を打ちつけて、

ゆっくりとピストンが終わりました。

思いっきり中出しされたみたいです。

そしてその後が凄かったんですが、

女の腰を持って、

使い終わった後のダッチワイフを捨てるみたいに、

踊り場に投げ捨てていました。

かなり綺麗な女でしたけど、

踊り場に「ベチッ」と捨てられて、

だらしなく股を広げて倒れ込んでいました。

黒人はすぐにパンツを履いて、

帰って行きました。

俺の角度からは女のマンコが丸見えでしたけど、

ポッカリと穴が開いた穴から、

大量のザーメンが流れ出ていました。

その後女は動きませんでしたけど、

休憩が終わってしまうので、

カウンターに戻りました。

帰りにもう一度窓の外を見てみると、

さすがに女はいませんでした。


ゼヒゼヒぽちっと一票お願い致しますm(--)m