嫁さんのおっぱいを他人に見られて平気なんだろうか・・【エロ体験談】

日曜日の朝、コンビニに行った。

買い物を済ませて車に戻ると、

隣にランクルが停まっていた。

俺が車に乗り込もうとした時、

助手席の窓が開き、

赤ちゃんを抱いた女性が話しかけてきた。

後ろの座席の若い男性と地図を見ながら、

道を尋ねてきたのだ。

説明しようと車の中に目を向けた時、

気が付いた。

『え?!おっぱい…』

そう。

赤ちゃんにおっぱいを飲ませている。

セーターを胸までめくりあげて、

赤ちゃんに乳首を含ませている。

『ふつう、そんなカッコで他人に話しかけるかぁ?』

ただし、後ろに旦那さん(らしい人)がいるので、

あからさまに見ることもできない。

赤ちゃんの頭があるので、

乳首がモロに見えているわけではないが、

柔らかそうなおっぱいはほぼ全容が見えている。

大きめの乳輪は、赤ちゃんの小さな口では隠しきれず、

ハシッコがチラチラと覗いている。

そればかりか、息継ぎでもするのか、

赤ちゃんは時々乳首を離してしまうので…

授乳期にしては小さめの乳首が、プルンと飛び出す。

お母さんは、さして気にする様子もなく、

指先で乳首の付け根あたりを押さえながら、

赤ちゃんの口にふくませる。

『嫁さんのおっぱいを他人に見られて平気なんだろうか』とか、

『ジロジロ見て、旦那が怒り出したらたいへんだ』

『もしかして、この夫婦、露出趣味で、俺はカモにされてるのか?』

等々、

色々と考えながらも、やはり目はおっぱいに向いてしまう。

しかし、お母さんも、

うしろの旦那さん(らしい人)も全然気にしているようには見えない。

ほぼ説明が終わった頃、

店からもう一人、男性が出て来た。

こちらはガッチリした体格でサングラスをかけていて、凄みがある。

ハッキリ言ってコワそう。

どんどん近付いてきて…

俺は少しビビっていた…運転席に乗り込んだ。

どうも、こっちが旦那さんぽい。

「こちらの方に道を教えてもらったから。だいたいわかったよ。」

と、相変わらずおっぱい出したままのお母さん。

道順を簡単に説明する。

運転席の旦那さん(たぶんこっちがそう)は、

「あぁ、そう。(俺に向かって)すんません。おおきに。」

意外と愛想よく礼を言うと、

あとは何事もなかったかのように、

おっぱいに吸い付いている赤ちゃんに見入っている。

俺は、おっぱいには大いに未練があったが、

早々に自分の車に逃げ込んだ。

その後も、

2人の男性はおっぱい出したお母さんを間に、

普通に会話をしている。

なんなんだ?!コイツら。

全然平気みたいだし…。

にしても、この3人(赤ちゃんをいれると4人)は、

どういう関係なんだろう。


ゼヒゼヒぽちっと一票お願い致しますm(--)m