タクシー待ちでラッキーな出会い【エロ体験告白】

会社の飲み会で結構飲んで終電がなくなり、タクシーで帰ろうと思い駅前のタクシーの列へ並ぶ。

週末ということもあり超長蛇の列。

だるいな~と思いながら並んでると俺の後ろにもどんどん列が伸びていく。

そんな俺の後ろには若くてかわいい感じの女の子が並んでた。

背は150前半くらいな小柄な子で髪はセミロング。

化粧も薄く結構好みなタイプ。

しらふじゃ有り得ないんだけど、酔ってる勢いもあり話しかけてみると、その子も飲み会の帰りらしい。

「結構飲んじゃいましたー」「混んでますねー」「明日は休日出勤なんで早く帰りたいんですよー」

とか色々会話してくれる。

話していくうちに彼女は地方出身で1人暮らしを始めたばっかりの21歳OL彼氏なしとのこと。

そして帰りが一緒の方向ということが分かる。

俺は「一緒に帰ろうよ。タクシー代も浮くじゃん」
とか言いつつ誘ってみると満更でもない様子で結局OK。

タクシー乗るときに「ちょっとだけ飲んでいかない?」って誘うと、

「えーもう今日は飲みすぎたから飲めないですー、明日も仕事で朝も早いし…」

眠いのか、ふにゃふにゃしながらも断られたけど、ちょっと強気に誘ったら、お酒は飲まないけど少しだけなら付き合ってくれるということに…

一緒にタクシーに乗り、我が家へ。

タクシーに乗ったとたん寝ちゃう彼女。軽く手を触ってみると握り返してきた。

もうダメ俺はドキドキ・・・

我が家へ到着。2時くらいだったと思う。

俺はスーツを脱ぎ、部屋着へ着替えながら缶ビールを飲み始め、彼女はジュースを飲んでた。

着替え終わり、趣味の話や今日の飲み会の話などしつつ30分くらい経ったころ、ダメならダメでもいいやと思いながらも、後ろからそっと抱き締めてみた。

身を預けてくる彼女。ラッキー

向きを変えさせキスしてみる。受け入れてくれる。

舌を絡ませてみる。これまた受け入れてくれる。

「明日の朝送ってあげるから泊っていきなよ」
って誘うとコクリとうなずく彼女。

ベットに移りもう一度キス。キスしながら上着を脱がせる。

首元にキスしながらおっぱいもみもみ。Bカップくらいかな。

その日は汗ばむくらい暖かったこともあり首元がちょっとしょっぱい。徐々に息が荒くなり始めた彼女。

俺は首元からおっぱいへ舌を這わせる。

彼女のかわいい声が漏れ始めてきた。そのまま右手で下も脱がせ全裸にする。

やっぱり若い子は肌が全然違う。

ホントに綺麗な肌してる。お尻とかもツルツル。

俺は昨年末に彼女と別れてから久しぶりの行為だったので、ちょっと獣化してたw

指で彼女の割れ目を触ると、結構濡れてる。

「舐めてもいい?」って聞くと「うん」ってうなずく姿がこれまたかわいい!

獣のようにクンニしまくった。汗ばむ陽気の日だったからかツンと鼻を突く臭いがした。

一刻も早く挿入したかったけど、焦る自分とギンギンの息子をおさえ、前戯に時間をかけ、せっかくの若い体を満喫した。

そして彼女の手を俺の息子に導き「してくれる?」って聞くと、そのまま黙って口に含んでくれた。

久しぶりにフェラされて超気持ちいい。
その行為を見てるだけでいっちゃいたくなった。

「舐めるの好きなの?」って聞くと、

「うん」ってうなずき、裏筋から玉まで念入りに舐めてくれる。

なんとなく拒否されないだろうなって思ったので、頭をつかんで喉の奥まで突っ込んでみる。

苦しそうな顔をしながらも一生懸命してくれる。

もう我慢できなかった。姿勢を戻して正常位で挿入。

結構声が出る彼女。最後イク寸前に「このまま出してもいい?」って聞くと「うん」って…

超ラッキーと思いつつも、念のためにもう一度「中に出すよ」って再確認する俺。「うん」って彼女。

久しぶりのセックスだったし、たぶんかなりの量が出たと思う。

彼女の中でドクドクとちんこが波打ってるのが分かったから。

そして行為が終わったあとはTシャツを貸して2人とも裸にTシャツで寝た。

寝るまでの間も肌のツルツル感を手や舌で満喫させてもらった。

翌朝起きて、彼女はどんな反応するかな~って少し不安だったけど全然普通だった。

お互いの連絡先を交換して、家出る前にもう一度抱きしめてDキスして彼女の家まで送っていった。


PAGE TOP