堅いくらいの張りの良さとミニミニな乳首【エッチ体験談告白】

突然のヒドい吹雪で収まるのを待つのに、

某ゲーセンで時間を潰し&外を見てたら、

同じように外を見ていたコートに生足のJKくらいの子と目が合った。

『吹雪待ち?寒しいょその格好』声掛けると、

『友達これでこれないし、これじゃ帰れないのぉワラ』

『俺もワラ、一緒に遊ぶか?』

『なぁに?お兄さんナンパ?私高いよ笑』

『じゃあヤメタ笑』

『ウソウソ♪お兄さんのオゴリね♪』

名前は優でJC3でビックリで、二人でゲームして、

プリして、スポーツしてる頃には

盛り上がって向こうからボディタッチとか、

抱きついてきました。

コートの下はホットパンツにピチシャツ。

Eカップくらいの胸に汗が手助けして体のラインは丸見え♪

バトしてる時に揺れ過ぎて

ハーフカップブラがズレて慌てる姿に大笑いしてたら、

顔真っ赤にしながら

『イジワルゥ』

て言いながら正面から抱きついてきた。

上目遣いで

『私っ魅力ないの?』

って聞いてきた。

優なりにアプローチしてたらしい。

『そんなことないよ、可愛いよ♪』

おでこに軽くkiss。

『可愛いぃ?』

少し不満気

『俺からみたらだよ、そんなにほっぺ膨らますな』

と頬にkiss。

『ふふっ♪』

と笑いながら抱きついてきた、

今までのジャレるようなのではなく、

密着させてくる抱きつき方、

こっちも頭を撫でながら抱きしめてあげた。

フニャーって音が聞こえるような脱力で、

逆の頬にもう一度kissしてあげた。

すると優が

『ねっプリ撮ろっ♪』と言ってきた、

撮るときに優が抱きついて来て、

目を瞑って『んっ♪』とキスをねだる仕草。

プリ撮りたがった意味を理解してチュープリを数枚、

前からや後ろから抱きついてチュー、

抱っこして優の方が上からのチュー。

色々撮った後に文字を書き込むのを見ると、

【F・K記念日】と書いていた、

『そうなの?』

『うん♪』

『おめでと♪』

その後はお互いの携帯に張って

恋人の様にまた遊び始めた♪

すると優の携帯に電話

『あっドタッた友達だ♪ちょっと待ってて』

とすぐ横で話始めた。

会話を聞いていると聞いた事ある名前、年も近いし…

電話終わって聞いてみると、

友達が俺の妹と判明!!もうお互い大爆笑。

『じゃあいつでも会いに行ってもいいよね?』と優。

『いつでもいいよ♪』

『そういえば、○○が勉強教えて貰ってるお兄ちゃんって…』

『そう、俺だよ。』

『じゃあ、優の家庭教師お願い!ママに話しておくから♪○○のお兄ちゃんならママも安心だろうし』

『あっ天気良くなってきたよ、遅くなってきたから送ろうか?』

『ん~家行ってもいぃ?一緒に行ったら○○ビックリしそうじゃない?』

『いいねー♪』

と俺の家へ。

二人の姿をみた妹はキョトンとした顔、

それを二人で大爆笑♪

簡単にいきさつを話して、

家庭教師の件を話すると妹は

『いいよ、二人で同じ高校行けるなら♪』

と言うわけで後は優の母親の許可待ちと言うことに。

しばらく妹と話して帰って行った。

『おにぃ、優とはなんもないの?』

『なんもないさ、遊んだだけだぞ、どうした?』

『おにぃの話ばっかだし、なんか目がハートだったワラ』

『まぁ可愛い子だけど、そうなったら、お前にやってるわワラ』

『うわっキモッ爆笑』

数日後の夜、妹が

『おにぃ、優ママがOK貰ったから、私と一緒に来て欲しいって、今から行く?』

『おぉ分かった』

優の家に行くと両親と対面、

若くてビックリしたが、

時間や料金の話だが、

いらないと言っても譲らないので

『じゃあ、受け取らない代わりに、この分を妹と優チャンの合格時のご褒美旅行代にします』

というと、了承してくれた。

で、得意不得意を知りたいので、

成績表や実際のノートを見せて貰う為に部屋に。

優ママと妹も仲良いので二人きりで。

入るなりに

『もぉ待ち切れなかったぁ♪』

と早速甘えて胸を押しつけるように抱きついてきた。

ノーブラなのを話してる時から気づいていたが、

優しくキスしてあげると、

一生懸命答えてきた、

舌を出して優に滑り込ませようとしたら、

少し口を開いて舌を絡ませてきた。

そのままベッドに腰を掛けて、

優が足の上で抱っこスタイルに。

口を離しまずは勉強の面談、

理数系がかなりヤバい事が判明だが文系はかなりのレベル、

教える方向性は決まった。

優が『ご褒美はあるんでしょ?』と聞いてきたので、

『ご褒美じゃなくて勉強っしょ?』

と優しくシャツの上から胸を揉んであげた、

堅いくらいの張りの良さとミニミニな乳首の感触、

ピクンピクン反応する体にたまらなくなり

背中からシャツの中に手を滑り込ませた。

一瞬身を堅くしたがキスをすると力が抜けてた。

手を前に持って行き、

直に外側から胸を揉んであげると甘ったるいため息に近い声、

ゆっくり触るか触らないかの位置で

自己主張しているミニな乳首をいじめてあげると、

電気が走った様なビクンッ!と反応

『ビックリした?』

『…うん…もっと』

『だぁめ、これ以上は疑われちゃうしょ、ちゃんと予習復習ね♪』

とキスしてあげると笑顔で

『うん♪』

笑って居間に戻った