バイト先の巨乳熟女のカラダを堪能した話【エロ体験談】

学生時代、バイト先で出会ったパートの香子さん、40代前半くらいだったかな。

切れ長の目に、ちょっと大き目の口、妙に男好きのする顔のつくり。

背は女性にしては高めで年齢のわりに体型も崩れていない、

そして特筆すべきは胸が大きいって事。

他のバイトの男どもも40代のおばさんには興味なくても、

あの胸には一目置いていたようだ。

当然、俺もすごい気になったね。

職場は制服と言ったものがなく、男も女も私服にエプロンで仕事していたのだが、

ある時、香子さんが前屈みの体勢で、棚の下段の商品を補充しているのを見て、

彼女の服の胸元がゆるゆるにになってるのに俺は気が付いた。

中が見えるかなと思い、つい俺はその緩んだ胸元をそっと覗き込んでしまった。

でかくて柔らかそうなおっぱい谷間おっぱい!

今にもこぼれ落ちそうな乳房を辛うじてブラジャーで支えているって感じ。

凄いモノ見てしまったって、もう興奮したね。

あんまりジロジロ見るとバレちゃうから、仕事しているふりして、

立ち位置を変えたりして、ちらちら見てたよ。

だけどおっぱいに気を取られすぎて、俺の動きがあまりに不自然だったんだろうな。

その後、裏の倉庫で香子さんと二人きりで商品の整理していた時、「ねえ、さっき私もしかして、胸、見えてた?」

と、いきなり言われた。

俺はその時もさっきみたいに良いモノが見たい一心で、香子さんの方をちらちらと意識していて、仕事に集中していなかったので、ふいの香子さんの言葉に、すごく狼狽し、焦って答えに詰まってしまった。

「若い子もいるんだから、服装に気をつけないとなあ。」

そんな俺の態度を余り機にとめる様子もなく香子さんは、作業の手を休めず独り言のように言ってたっけ。

その後はその話題には一切触れなかったものの、俺は『バレてたー』って顔から火が出るほど恥ずかしくなり、居たたまれなかった。

と言いつつその日の夜のオカズは、目に焼き付けた香子さんのおっぱいだった。

40代の子持ち人妻のおばさんで抜くなんて・・・。

ちくしょうちくしょう。

射精後はちょっと悔しいというか、何とも言えない気持ちになった。

まあ、香子さん、おばさんとは言っても実際の年齢ほど、あんまりおばさんって感じではないんだけど。

20代に見えるとかそんな事はないけど、40にしては若いし歳相応にキレイだと思う。

でも次に出勤する日はちょっと憂鬱だったな。

香子さんが店長や他のおばさんパートに、俺が胸ばかり見ていたなんて話していたらどうしよう。

変態扱いされてクビになるのか、なんて考えた。

俺、何だかんだで小心者なので。

だけどそれは杞憂だった。

それどころか、香子さんはまた胸元が緩そうな服を着ているんだよね。

気になるけど今度は見ないようにしていた。

だけど香子さん、周りに人がいない時に俺に近づいてきて、服の胸元を指でぱたぱたとさせながら、「火木はサービスデーだから。」

なんて言ってニコニコしているんだよね。

俺は火木日の週3出勤。

火木は香子さんと仕事が重なる日。

その火曜木曜はサービスデー・・・つまり・・・。

こういう経験ってないから、戸惑った。

どういうこと?見ていいって事か?でもその後の香子さんの仕事っぷりも特にいつもと変わらず。

わざと見せてくるとかそういう事はさすがにしてこなかったが、やっぱり前屈みの作業の時なんかは胸元が無防備で、谷間が丸見え。

また見てしまえば後で何言われるか分かったもんじゃないと、最初は香子さんの方を見ないようにしていたのだが、何だかんだでおっぱいの誘惑に負けて、またちらちらと覗き見てしまった。

こぼれおちそうなおっぱい・・・。

香子さんは俺の視線に気付いていただろうけど、特に隠すわけでなく、何か言ってくるって事もなかった。

その日は辛抱たまらず休憩中に便所でオナニーしてしまった。

仕方がないよ、俺は当時まだ19歳。

箸が転がっても抜きたくなる年頃。

それに我慢できなくなったから、抜いた方が気持ちが落ち着くだろうと思って。

しかしそれにしてもさっきの香子さんの台詞は何だよ、火木のサービスデー。

サービス・・・見てもいいって事か?俺に見せたがっているのか?あのこぼれ落ちそうなおっぱい、香子さんってやらしいな・・・・ああ・・・。

俺はまだ童貞だった。

何だかんだで香子さんとは段々と親しくなっていった。

おかげで火木のバイトが楽しみになった。

まあ、香子さんもいつも胸元緩い服だったわけじゃないし、仕事が忙しくてほとんど話できない日もあった。

店には当然、他の男バイトやおばさんパートもいるので、あまり香子さんとばっかり一緒にいるわけにもいかない。

でも俺の中では香子さんは特別になっていたし、その頃にはもう彼女を性の対象として意識していた。

香子さんも他のバイトと違い、俺だけには接し方が違っていたように思う。

まあ、童貞の妄想だったかもしれんが。

その頃は仕事中に香子さんのこと考えるだけで、条件反射でチンコ大きくなっちゃって、休憩中は必ず便所でオナニー。

家でもオナってたから、その頃は昼夜せんずり二期作状態だったよ。

ある日の休憩中、日課のオナニーを終えバックルームへ戻ると、そこには香子さんしかいなかった。

二人きりになった。

その時、香子さんがふと、「○○クン、いつもトイレ長いわね。」

とニヤニヤしながら聞いてきた。

まさかオナニーしているなんて言えないので、「いや、ちょっと腹の調子が悪くて・・・。」

と無難に答えたのだが、香子さんは、「悪いのは本当にお腹?その下じゃなくて?」

と目線を俺の股間にもっていく。

ギクっとした。

抜く前と抜いた後では、はたから見てやはり分かるものなのだろうか。

「な、何言ってんですか。

香子さん、やらしいなあ。」

と、かなり焦り気味に言ったら、香子さんは、「私、何も言ってないわよ。」

と笑っていた。

夏のある夜、職場の飲み会があった。

その帰り道、俺が一人で歩いていると、後ろから香子さんが追いかけてきた。

途中まで一緒に帰ろうとの事。

妙に嬉しかったな。

道すがらいろいろ聞かれた。

「大学はどう?」

「どこ住んでるの?」

「一人暮らしなの?」

「ご飯ちゃんと食べてる?」

俺の住んでいるアパートは、香子さんの家の方角とはちょっと違ったんだけど、香子さんは、「男の子の部屋って興味あるな。

寄って行っていい?」

みたいな事を言ってきたので、「ああ、いいですよ。」

と俺も気軽に答えた。

ちなみに香子さんは小学生の子供が二人いるけど、どっちも女の子らしい。

俺の部屋でちょっと話し込んだ。

別に何てことない会話だったが。

夜9時はまわっていたと思う。

その時ふと、『いつもオナニーのネタにしている香子さんが、今、俺の部屋にいる』そう脳裏によぎった。

そしたら何か変な気分になってきた。

ノースリーブの香子さん二の腕が目に入る。

いい具合に肉がついている。

お尻から太ももにかけてもむっちりしている。

職場でたまにパンツがぴっちりしていて、パンティラインが透けている時なんかもある。

決して太ってはいないのだが、こういう要所要所の肉付きが、俺はスゴクそそられたのだ。

人妻熟女って感じで。

当然一番気になるのは香子さんの胸元だ。

妄想の中の香子さんと現実の香子さんが、重なっていく。

ドキドキしてきた。

でも、ここで襲っちゃう度胸があれば、19年間も童貞やってないよね。

そういう俺の放つ微妙な空気を察したのか、「そろそろ帰ろうかな。」

と香子さんは立ち上がろうとした。

俺はつい、「え、もう帰っちゃうんですか?」

と引き止める。

引き止めてどうするって明確に決めていたわけじゃないけど、何となく。

すると香子さんは意地悪っぽくいつものやらしい口調で、「これ以上、○○クンと二人きりだと何されるか分からないしなー。」

これで俺はぷつっと切れてしまったね。

がばっと香子さんを抱きしめてしまった。

「ちょ・・・ちょっと、どうしたの〜。」

香子さん強い抵抗はしてこなかったものの、いきなりの俺の豹変ぶりにさすがに戸惑っているようだった。

俺は興奮のおもむくまま、勢いで、「香子さん!好きです!お願いです、やらせてください!」

と、今思えば何とも馬鹿みたいに、単刀直入にお願いをしてしまった。

香子さんは抱きしめられたまま、ちょっと困ったって感じで、「とりあえず落ち着こ、ね。」

と俺をなだめるように言った。

俺もやりたいやりたいと思いながら、抱きしめるまではいったけど、その先に進めない。

さすが童貞。

しばらくずっと抱きしめたまま無言。

すると香子さんがぼそっと、「さっき言ってたことホント?」

と、聞いてきた。

俺は、「はい、ホントです。」

すると香子さんは優しい声色で、「・・・嬉しいな。

好きだなんて言われたのどれくらいぶりだろ。」

『あ、そっちか』と俺は思った。

てっきり、やらせてってのがホントかと聞かれたのかと思った。

俺が香子さんのこと好きってのは事実だけど、純粋な恋愛感情かって言うと違う気もする。

だけど、ただやりたいから、好きってウソ言ったわけでもない。

香子さんへの好意って何とも複雑な感情なんだよな。

でも興奮して舞い上がっちゃってる俺は、「好きです。

香子さんとやりたいです。」

と繰り返し言った。

やりたいって言い方、今思うとよくないよなあ。

それでも香子さんは、「気持ちは嬉しいけど、でも私、夫も子供もいる40のおばさんよ。」

「関係ありません。

香子さんはキレイっす。

お願いします。」

香子さんはそれに対し何も答えなかったけど、強く抱きしめ返してくれた。

このままいけるのかなと思ったけど、「私も○○クンのこと好きだけど、今日はダメ。

もう遅いし帰らなきゃ怒られちゃう。

我慢して。

ね。」

と結局OKはもらえなかった。

家庭の事情もあるだろうし、無理やり押し倒すなんて俺には出来ない。

だけどここで諦めてはと、「今日はダメって・・・いつだったらいいんですか?」

と聞いたら、「また今度。

いつとは言えないけど。

今度、ね。」

と、その日は結局、上手くかわされてしまった。

香子さんが帰った後、香子さんを抱きしめた感触をネタに抜いた。

さすがに射精後はいつも以上のスゴイ自己嫌悪におちいった。

それからしばらくはバイト先で香子さんに会うと気まずかったな。

向こうは今まで通りに話し掛けてくるんだけど、俺の方は何かぎこちなくなっちゃって。

慣れてないからなあ、ああいうこと。

でもあの夜の事はお互いに触れない。

俺は心の中で、『あ〜失敗しちゃったな。

もう無理か。

ああいう場合はもっと強引な方がいいのかな。

』香子さんとしたかった。

そして早く童貞捨てたかった。

19年間で最もそれが近づいた瞬間だったのに、逃してしまった。

反省と後悔。

しかし数日後、香子さんがこっそりと、「ね、こないだの、どうなったの?もう落ち着いちゃった?」

と、やらしい口調で聞いてきた。

俺の心にパアッと光が差したね。

これ逃したらもう後はないという気で、また必死にお願いした。

俺は誕生日を二週間後に控えていた。

誕生日がくれば20歳になる。

できれば童貞は10代のうちに捨てておきたい。

それで、「○月○日が誕生日なので、その日までに。」

と言ってみた。

すると香子さんは明るい顔になり、「じゃあ、誕生日の日にしようか。」

と言ってきた。

でも誕生日では20歳になってしまう。

「あ、誕生日より前がいいです。」

と間抜けな事を言ってしまった。

香子さんはちょっと不審に思ったのか、「・・・誕生日はダメなんだ。

他の女の人と約束がある、とか?」

とちょっとガッカリって口調で聞いてきた。

しまった。

俺は10代で童貞喪失というところにこだわりすぎて、香子さんに変な誤解を与えてしまった。

これには焦った。

香子さんもちょっと興醒めな表情。

俺は慌てて言い訳。

「いや、そうじゃないんです。

いや、その実は、俺まだ童貞で、10代のうちの初体験済ませたいなと思って、あ、だからって相手は誰でもいいわけじゃなく、香子さんの事は好きで・・・。」

かなりしどろもどろになりながら訴えた。

すると香子さんは周りに聞こえるくらいの大声で笑い出した。

他の人たちに変に思われるので俺はビックリして、「声大きいですよ!笑わないで下さいよ。」

すると香子さん「ゴメンゴメン」

と言いながらも、しばらく声を押さえて笑っていた。

「分かったわ。

じゃあ・・・。」

と誕生日の二日前を指定してきた。

約束の日まで俺は禁オナニーをしたよ。

それまで毎日のようにしていた事を、我慢するのは大変で、悶々して気が狂いそうになったが、香子さんとの初エッチの為にと耐えた。

その日、あまり地元の人がいかない遠くの町で香子さんと密会した。

地元の駅だと人の目もあるので、その遠くの町の駅で待ち合わせた。

昼ちょっと前に落ち合い、二人で昼食を取り、歩いて、ちょっと買い物をして、何と言うかデートみたいな事をした。

20歳前と40歳の歳の離れた男女、周りから見たらどういう関係に見えるんだろうか。

だけど俺は正直そんな事よりも早くやりたかくて仕方なかった。

けどあんまりガツガツするのも嫌われるかなと思い、平静を装ったよ。

で、2〜3時間ぶらぶらした後、香子さんに、「そろそろ、行く?」

と促されてホテルへ入りました。

「こういうところ来る事ってないからなあ。」

と香子さんは物珍しげに辺りを見渡していた。

俺も当然初めて入るのでいろいろ見たい気持ちもあったけど、そんな事より何よりも、我慢が限界にきていたので、速攻で香子さんを抱きしめ、そのままベッドに押し倒し、唇を吸った。

香子さんのいつもと違ったよそ行きのメイクもキレイだったし、いい匂いがする。

そしてそんな香子さんと初めて唇を重ねた事が嬉しかった。

「○○君、ちょっと・・・もう〜。」

最初は俺の腕の中でもぞもぞとしていたけど、そのうち諦めたのか身を委ねてきた。

「ねえ・・・シャワー浴びさせてよ。」

とも言われたけど、俺は汚れてるとかそんな事どうでもよかった。

そのまま抱きしめ何度も唇を吸った。

人妻熟女は本気出すと違う。

キスを続けていたら香子さんが激しく舌を絡めてきたんだけど、俺はそのやらしい舌の動きを口の中で感じただけで、何か全身がゾクゾクしたよ。

香子さんのブラウスを脱がした時は、やっぱりおっぱいに目がくぎ付けになった。

Dカップと言っていたが、ブラジャーからこぼれそうだ。

しばらくブラの上から揉みしごき、そしてブラを上にずらした。

仰向けに寝ていたからつぶれて横に広がっていたけど、すごい大きい。

乳輪もちょっと大きめで、茶色い乳首がのっている。

たまらんと思い、揉みまくった。

しっとりやわらかい。

手が吸い込まれそうだ。

夢中になっておっぱいもてあそんだ。

乳首を吸った時、初めて香子さんの口から、「・・・ぁ・・・」

と小さな喘ぎ声が漏れた。

乳首も硬くなってくる。

またそれで俺は興奮。

しばらくすると香子さんは俺を制止し、上体を起こし、自らブラのホックを外し、スカートを脱いだ。

俺もその間にトランクスだけになる。

そしてもういっぺん抱き合い激しくキスを交わす。

上体を起こした香子さんのおっぱいは、やっぱりと言うか、大きい乳の宿命で、少々たれてはいたものの、まだ重力に負けないとする気概は残っている感じ。

それにしてもかなりブラで上げてたんだなあ。

痩せてもなく太ってもない香子さんだが、脱ぐと腰の辺りなど、そこそこ肉がついている。

だけど、それが俺には淫靡に思えた。

熟女だなあ。

俺も元々年上好きだけど、まさかここまでいっちゃうとは思わなかった。

しばらくおっぱいを堪能した後、手で香子さんの股間の辺りを触ってみた。

ショーツの上からだったんだが、そこだけ妙に湿度が高いのが分かった。

あ、もう濡れてるのかなって思い、ショーツの中に手を突っ込む。

ごわごわと毛の感触を感じる。

それを掻き分け、割れ目に指を滑り込ませた。

案の定、すでに濡れていてとろとろになっていたので、にゅるっと指は簡単に入った。

しばらく指でくちょくちょやってみると、香子さんが、「・・・あ・・・ぅううん・・・。」

と、声を押し殺しながら喘ぐ。

手がきつきつなのでショーツを脱がし、またマンコに手をやる。

ころころしたものがある。

これがクリトリスかと。

そこを弄ると、香子さんの声が急に一段と高くなった。

「ぁぁっぁあああ」

突然だったので、ちょっとビックリして、「あ、すいません。

痛かったですか?」

と聞くと、顔を真っ赤にして、首を振り、「ううん。

もっと強くしてもいいよ。」

もしかして感じているのだろうか、童貞の俺の指で。

ちょっとしつこいくらいクリをもてあそんだ後は膣に指を入れてみた。

もう濡れ濡れでとろけているようだった。

一本二本三本まで入った。

もう一本いくかと思ったけど、怖いからやめた。

くちゅくちゅと三本の指を出し入れした。

「・・・うん・・・あっぁぁあ・・・ふぅ・・・」

初めて聞く香子さんのこういう声、職場では当然聞けない声。

何か不思議な気分だった。

俺の本音を言うと、早く入れたくて仕様がない。

女のマンコはしっかり濡らさないと入らないと思っていたし、童貞ならではの知識を動員して、手順としてとりあえず指でやってみたけど、香子さんのアソコはもう濡れているし溶けている。

これなら入るだろう。

もういいだろうとばかりに、「香子さん、入れていい?」

と、尋ねると、香子さんは黙ってこくっと頷いた。

俺はゴムを取ろうと手を伸ばすと、香子さんはその手を掴み、「初めてでしょ。

そのままでいいわよ。

その代わりちゃんと外に出せる?」

ここまでは思ったより順調だったので、外出しも出来るだろうと、ちょっと調子に乗って、生でやる事になってしまった。

が、挿入は手間取った。

ここかと思いきや、違ったり、入るか思いきや、つるっと滑ったりで、時間がかかってしまい、焦ってくる。

香子さんも、「もうちょっと下かな、そうそこ。」

と教えてくれるのだが、上手くいかない。

うわあ・・・。

こんなみっともない俺を見て香子さん、興醒めにならないだろうか・・・。

しかしそんな俺を香子さんは微笑ましげな目で見ている。

そして、「いい?」

と言って、俺のチンコを握り、膣口まで誘導してくれた。

俺は香子さんの介添えとともにゆっくりチンコを差し込む。

あ、入っていく。

ずぶずぶずぶと徐々に入っていくのが分かった。

全部入った時、つい初挿入の感激で、「入りました!香子さん、入りました!」

とか恥ずかしい報告をしてしまった。

香子さんは目を細めクスっと笑い、「うん、入ってるよ。」

と言った。

後は不器用な感じで腰を動かした。

思ってたように上手くはいかない。

でもやはり気持ちよかった。

俺の下の裸の香子さん。

俺が腰を叩きつける度、おっぱいがたぷたぷと上下に揺れる。

香子さんも頬を紅潮させ、「・・・ぅん・・・ぅん・・・ぅん・・・」

と俺の腰の動きに合わせてリズミカルに喉の奥を鳴らす。

たまに、「ぁあっ」

と大きな声を出し上体をよじらせる。

うわあ、40歳の熟女だよ。

人妻だよ。

不倫だよ。

いつも一緒に仕事している香子さんの中に入ってるよ。

気持ちいいよ。

香子さんに童貞奪われるんだ。

妄想がついに現実になった。

俺のチンコは小さいし、香子さんのアソコは少々緩く感じたけど、「○○くぅん、ぁあ・・・○○くぅん・・・」

と声も絶え絶えに俺の名前を呼んでくれる香子さん。

そんな香子さんとセックスしているってだけで感極まって、俺は情けなくもすぐに絶頂を迎えてしまった。

10日もオナニー我慢するもんじゃない。

いく瞬間、どのタイミングで抜いていいか分からず、もうちょっともうっちょっとと粘って、ぎりぎりで抜いて腹の上に放出したのだが、ちょっと中に出しちゃったかもしれない。

スゴイ勢いでたっぷり出た。

おいおい止まんないよ。

香子さんの濃い陰毛にもべったりとかかってしまい、後で「おちないよ。」

と軽く怒られた。

その後、香子さんと一緒にシャワーを浴びた。

裸の香子さんに体洗ってもらったら、興奮してまた勃起した。

香子さんはしげしげとそれを見ながら、「また、こんななっちゃったね。」

と上目づかいのいやらしい口調で言ってきた。

お願いして口でやってもらった。

「あんまり口でやった事ないから・・・。」

と言いながらも香子さんは俺の足元に跪き、一所懸命しゃぶってくれた。

上から見下ろす全裸の香子さん、そのたわわなおっぱいに目をやり、仕事中、香子さんの胸の谷間を覗き込んだ時の事を思い出した。

そしてどれだけこうなることを望んだ事か。

香子さんのいやらしい口が俺のチンコ咥えてくれた事に感激。

最後は口の中に放出した。

「二回目なのに、スゴイ出たね。」

香子さんはびっくりしていた。

結局2時間で5回も射精してしまった。

1回1回が早いんだけど・・・。

初めてで自分のことばっかり考えていて、香子さんを喜ばすとか余裕がなかった。

最後に謝ったら香子さんは、「いいよ。

結構よかったよ。

女は子供産むと感じやすくなるのよ。」

とフォローのつもりかそう言ってくれた。

その後もたまに密会したが、向こうは人妻で子供もいる、人目もあるし、頻繁に会う事は出来なかった。

2〜3週間に一度会えるくらいだった。

その都度、俺は香子さんの熟れた体を堪能した。

最終的に香子さんは、旦那の転勤で何処かへ引っ越していってしまった。

俺が大学2年になる前の春休みだった。

最後に会った時に、「こういう関係いつまでも続けられないし、いい機会かもね。」

と、あっさり言っていたよ。

寂しくもあったが、仕方ない事だった。

俺は香子さんもいなくなったし、学年も上がりカリキュラムも変わったので、バイトの曜日を変更してもらった。

新しく入った曜日にはA君という一つ年下のバイトがいた。

今まではほとんど一緒に働いた事なかったのだが、彼には妙に自分に似たものを感じ、親しくなった。

かなりの月日が経ったある日、A君と飲みに行ったんだが、その時、俺は酔った勢いで、香子さんとの関係を告白してしまった。

当人もいなくなったし、時間も経ったし、こいつにだったら話してもいいかと思い。

すると驚いた事にA君も香子さんとやっていた事が判明した。

聞けば俺よりちょっと後のようだ。

俺とA君は香子さんに二股(?)かけられていたのだ。

お互い初めて知ったその事実に、最初はショックを受けたが、そのうち「香子さん良かったよなあ。」

と二人して懐かしんだ。

ちなみにA君も香子さんが初めてだったらしい。

俺は騎乗位の香子さんを下から眺めるのが好きで、動かす腰に合わせて、激しく上下するおっぱいが好きだった。

その事を話すとA君は、「いやいや、バックでしている時、鏡に映った香子さんの正面を見るのが最高です。

腰を叩きつける度、四つんばいで垂れたおっぱいが揺れるのがいい。」

と言っていた。

なるほどと思った。

どっちにしてもお互いあの揺れる大きなおっぱいが好きだったわけだ。

香子さんとはあれ以来、会っていないけど、A君とは社会人になった今もたまに会う。

二人とも熟女好きは治ってません。





PAGE TOP