一緒にオーガズムに達して前立腺から液体を噴出していました【エッチ体験談告白】

今までにまるでもてなかった、46歳の僕が、

41歳のセールスウーマンとSEXをする事によって、

何かお色気フェロモンが出てきたようで、

会社の同じ部署の女子社員が何かと近寄ってくるのです。

先週も「先輩、一度お食事にでも行きませんか」

と会社では、かなりの美女の佐恵子に誘われたのです。

本当に会社でも今までに誰にも、

OLには無視されていたのに不思議です。

金曜日は夜のスケージュールががら空きで、

普段なら一人で映画を見て、

喫茶店で好きなコーヒーを飲んで帰宅するのです。

佐恵子さんに

「今夜なら空いているけど」

と普段は忙しそうなフリをして言いました。

「でも恋人とのデートでも入っているんじゃないの」

と聞くと、

「最近恋人とはつまらないことで喧嘩して、暫らくは逢わない約束をしたのです」

との返事でした。

新宿の良く行くイタリアンの名店に一緒に行きました。

ここは僕の大学時代の同級生が経営していて、

時々友人と利用するのです。

金曜日なので予約を入れておきました。

この店はオーナー夫妻が毎年イタリアを訪ね、

研究に余念がない素敵なお店です。

トスカーナ、フィレンツェ地方の料理が主体で、

素材を生かしたシンプルで、

かつダイナミックな味わいが特徴です。

食後のドルチェや、

ワインも格安で美味しいものが揃っています。

「久しぶりですね。それにしても何でこんな美女を連れてきたの?」

とオーナーもビックリで挨拶に来ました。

「先輩って素敵なお店をご存知なんですね。私、感激しちゃった」

と本当に嬉しそうに言います。

「いやあ大学時代の同級生なんだよ」

と本当の事を言いました。

白ワインや赤もハウスワインを頼みました。

僕はあまり飲めないのですが、

彼女はかなりの飲べえらしいのです。

シャブリなども銘柄を言って、頼んでいました。

コース料理は5000円と7000円がありますが、

オーナーに言わせると5千円で十分だというのです。

2時間ぐらい掛けて食事をしました。

最近の会社の状況は僕より余程詳しく、

色んな情報を聞きだせました。

恋人との話になり「何故喧嘩になったの」と聞くと、

先日26歳の誕生日に違う男性と食事に行きそれがバレテ、

喧嘩になり暫らくは冷却期間を置くのだそうです。

「先輩は結婚は恋愛ですか?」

と聞かれたので、

「叔母さんの紹介での見合い結婚だよ」と、

これも見栄を張らず本当の事を言いました。

「えええっ、今でも見合いで結婚する人がいるのですか」

とむしろ不思議そうな顔でした。

2時間もすると色んな話が出て、

「先輩は一度も浮気とかした事無いのですか」

と聞かれ、

先日の新宿の納涼会後の話をしました。

ただし浮気をした事は話せませんでした。

「先輩の家は何処なんですか?」

と聞かれ、

京王線の千歳烏山だけどというと、

「ええっ、私は八幡山なんです」

といいます。

これまたビックリです。

だって41歳の彼女の隣駅なんです。

酔っ払ったので

「タクシーで送るよ」

と見栄を張りました。

タクシーの中で、僕の肩に寄りかかり、

長いシャギーの髪の毛が顔に掛かります。

そして素敵な香水の香りが鼻をくすぐります。

「私酔っ払っちゃったみたい、部屋まで送ってくれないですか」

としがみ付かれました。

本当に嘘のような現実です。

エレベーターの中で顔を抱えてキスをしてしまいました。

舌が差し込まれて濃厚なものです。

5階が彼女の住まいで2LDKです。

多分3500万円の物件です。

大当たりでした。

部屋に入るともう直ぐに吸い付かれてキスの嵐です。

何でこんなに急にもてるのか不思議です。

彼女は先輩にはお色気フェロモンがあるというのですが、

信じられません。

ベッドルームは女性の部屋らしくピンク一色で、

カーテンやお布団までピンク色です。

キスをして頭を抱えて、

ピッタリと張り付いたパンティーの上から、指でなぞりました。

お互いに洋服を脱がせて、全裸になりました。

彼女は美女の上に、オッパイはCカップで、

アンダーバストから釣鐘型に飛び出ていました。

白く輝く太股は甘く淫臭を放っていて、

しとどに濡れだしていました。

開いた足の間を探るようになぞり、

貝肉の割れ目に指を沈み込ませ、

ぬらつくように指でかき広げました。

「あああっ、いやあ~、こんなに濡れちゃって恥ずかしいよ~」

とすっかりしがみ付きます。

僕の陰茎は、松茸の笠を広げて、

青筋を立てて反そり立ち、極限までに膨れ上がっていました。

「おおきい~っ、何なのこの太さ、信じられない、彼の完全に2倍はあるよ」

といきなり口に頬張ります。

肉棒は完全には口に入らず、

まるでハーモニカを吹くように横から咥えて舌を這わせました。

乳房を揉み立てて、

手を股間に差し向けて左右の手で亀裂を限界まで広げました。

赤い噴火口のような割れ目の奥に、

艶々と光ったサーモンピンクの肉片が複雑に重なり合って見えました。

「あんまり見つめちゃいやっ」と隠そうとします。

彼女の足を抱えて高く掲げ、

脹脛から太股まで、

そして赤い突起物まで舌を這わせました。

「あああ、そんなことするとダメだよ~、頭が真っ白になるよ~」

スキンを用意し装着して

「早く入れてちょうだい」

とせがまれました。

顔を横にして、羞恥で顰め面も切なく、

閉じた睫毛を震わせて、身を捩り、

豪刀のペニスを迎えていました。

膣口からトロリとした液体が滴り、

「とても奇麗なオマンコだよ」

と褒めてやりました。

ぎゅんとして亀頭が膣口から中に挿入されました。

最初はかなりの抵抗があったのに、

女性の器官は物凄く良く出来ていて、

どんなものでも一飲みで子宮口まで、

根元まで入りました。

「あああううう~んん、くくく~っ、モット~」

佐恵子のウエストを掴んで、

思い切り膣の奥で陰茎を震わせて、

振動を与えます。

直ぐにはピストンしません。

そのほうが快感が深いのです。

ぬちゃぬちゃと吸い付き閉めてくる濡れた肉が、

電撃的な快感を伝えて、

彼女の粘膜を通じて体温と躍動が伝わって来ました。

「ぐうあああ~っ、はあはあ~、イクよ~、ああイクよ~」

仰け反って華奢な身体を痙攣させました。

肉襞がひくひくと痙攣し、ペニスをぎゅっと締め付けてきました。

「あああっ、俺もイッチャうよ~」

彼女の呻き声に釣られて、

一緒にオーガズムに達して、

前立腺から液体を噴出していました。

快感の大津波が押し寄せて何時までもその余韻に浸っていました。