彼女が友達のをノリでフェラしてゴックンまでした【エッチ体験談告白】

俺は彼女の家へ呼んで話をしてたら急に友達から電話がきた。

俺「もしもし」

友達「今お前ん家の下いるから入っていい?」

俺はいいよと言った。

3人になると話は盛り上がり、次第にエッチな話になっていった。

友達「A(彼女)ってさぁ、フェラ上手いの?」

と言う。

彼女「上手いよ笑」

何言ってんだこいつと思った。

友達「じゃ俺のもフェラしてくれない?」

俺「おいおい」

苦笑いする俺。

彼女「いいよーでもゴムつけて」

友達「マジで?じゃ早速」

友達はズボンとパンツを同時に下ろし、ゴムを付けた。

俺「マジかよ」

俺は嫉妬もしたが、興奮のが大きかった。

彼女「じゃ舐めるよ?k(俺)は見ないでよ」

俺「いや見るし」

友達「早くー」

彼女は亀頭を舐め始める。

次に裏筋を舐める。

その様子を見て俺のチンコも勃っていた。

友達「早く咥えてー」

と、言うと彼女は笑いながら咥え、頭だけを動か始めた。

友達「Kー。めちゃくちゃ気持ちいいぜ」

と俺に言ってきた。

その言葉を聞いたら興奮はなくなっていて嫉妬だけになった。

だがここで止めたら両方に嫌われると思ってただ見ていた。

ジュポジュポジュポジュポ。

友達「ゴムつけてもめちゃくちゃ気持ちいい。生でやってくれない?」

彼女「いいよ」

と言いゴムをはずしまた亀頭を舐める。

彼女「我慢汁出すぎーしょっぱーい」

友達「早く始めて」

ジュポジュポジュポジュポ。

俺もされたいと思った。

友達「ヤバイ、逝きそう…飲んでくれる?」

彼女「いいよ」

友達「あぁ…そろそろ出る」

ドピュドピュ。

彼女は友達の精子を飲み干した。

友達「めちゃくちゃ気持ちよかったー」

彼女「精子おいしかったよー」

と会話を続けている。

俺は彼女の前に行き、舐めろと言って舐めてもらった。

その間に友達は回復したみたいで。

友達「次、俺」

と言いまた舐めてもらっていた。

その繰り返しで彼女は計8発抜いた事になる。

彼女「顎いたーい」

俺・友達「気持ちよかったーありがとー」

その日はそのまま解散。

それから数ヶ月。

今もたまに俺の家に集まりあの日と同じ事をしてる。


ゼヒゼヒぽちっと一票お願い致しますm(--)m