ゆっくり押し倒してまたキス【エッチ体験談】

小中学とずっと片思いの女の子がいた。

超優等生で中学では生徒会長とかやってて、俺は落ちこぼれ。
同じクラスになった事もない。
ただ憧れてるだけの高嶺の花だった。

高校も別々だったけど使う駅が一緒で、たまーに行き合うと声をかけてくれた。

その、たまーに会った時に彼女はちょいエロを提供してくれた。

チャリで並んで帰ってる時、「見て見てー」と言われ見ると、
制服のスカートまくって「日焼けしちゃったー」とか。
パンチラしてるし心臓爆発するかと思った。

また、猫のパズル買って家に遊びにきてくれて「一緒につくろ」と。

正面に座っ床に置いたパズル組み立てながら
むっちりした白い胸とそれを下から重そうに支える白いブラモロ見え。
目玉と鼻血吹き出しそうになった。

悪くて見ないように努力してたけど、俺の友達が遊びにくると、
「○○(友達)にオッパイ見られたくないからパズルやめる」と。
じゃあ俺は見てよかったんスカスカスカ!?

彼女は他県の大学へ行き会う機会は更に減った。
一度だけ大学の近くの彼女が一人暮らしを始めた街に遊びに行った。
彼女の二十歳の誕生日だった。

カラオケで「ちょっとちょうだい」と言って
俺が口をつけたジュースのストローを吸って、また俺に手渡す彼女。

俺はそれを震えながら口に運ぶが、鼻の穴奥深くに突き刺ささり鼻血。

カラオケから彼女のアパートへ行く時、
「疲れたから抱っこして」って言われた。お互い酒も入ってた。

俺は彼女を高々とハトヤ抱っこして、
噴水の池に落とすフリをしたらキャーキャー言って
当たり前だけどギューってしがみついてきた。

アパートに着いて酒を飲み話してた。

不意に彼女の手をつかみ引き寄せてキス。
彼女は目をつぶって抵抗しなかった。

右手は彼女の手を握って、左手は彼女のくびれた腰に添えてた。

体勢的に彼女の服がずり上がり、直に彼女の腰を抱いていたので、
彼女は「くすぐったい」と言って微笑んだ。

ゆっくり押し倒してまたキス。

彼女は仰向けになって下から俺を見上げ、
小さい声で「ちょっと待って・・・」と言った。

その一言で俺は我に返った。

何してんだ俺。彼女に彼氏がいない訳ない。
彼女はただ優しさで俺と会ってくれただけなのに。
優しさにつけこんで大変な事しちまうとこだった!

彼女を起こして「ごめん」て謝った。
彼女は笑ってるんだけど悲しそう。
俺を哀れんでいるように見えた。

逃げ出したくて、「酔った勢いとかじゃないよ。本気だった。ごめん!」
つってアパート飛び出した。

ドアを閉める時、彼女は「ありがとう」って言ってた。

あれから18年

今では俺の隣で、いびきかきながら眠っている
頭はぼさぼさ、わき毛は夏以外生やし放題
最後にエッチしたのは・・・娘が小学校あがる直前だったか

娘は今度の4月から高学年の4年生になる 生意気ざかりだ
妻は優等生だったが、娘は誰に似たのだろう
小学1年になる弟をいじめてばかりいる

俺もあと少しで40だ
もっとかせがんと


ゼヒゼヒぽちっと一票お願い致しますm(--)m